ぷてぃ・あんじぇ Webloli

Attention! Vous enteres sur un site pour adultes.

ニュース

文化とか宗教の力が凄すぎる話

サウジアラビア、少女の結婚に関する法整備を計画(ロイター)
 サウジアラビアの法相は、少女たちの結婚に関する規制を計画していることを明らかにした。同国では先に、8歳の女児が50歳年上の男性との結婚取り消しを求めた裁判で訴えが棄却されていた。

 なるほど、長生きしていればいつか8歳の子と結婚できる日が来るわけですね!…じゃなくて、その子の父親は何の目的があってそういう「嫁ぎ先」を選んだんだか…(汗)。

 やっぱり愛ですよ愛。強要されての結婚なんてだめですよ。女の子が頬を染めて「おにいちゃんのおよめさんになりたいの…」と言ってくれて初めて結婚すべきですよねぇ(爆)。

妹もいいが娘もね


 Windows版『プリンセスメーカー4』の情報が解禁になったらしく、Web系各誌で取り上げられておりますが。

 …誘ってるのか、誘ってるのか!?(爆)(んなわけない)

 ううう、それにしても新要素の「キューブのいない一日」は反則だぁ??。

 朝起きて着替え、洗濯などなどのイベント絵も用意。このほかにも、娘の耳掃除をしてあげたり、娘が料理を作ってくれたり、一緒にお風呂に入ったり……!?(+D Games)


 育ちきった後ではないのがポイント(^^)。こりゃうっかり買ってしまいそう(^^;

ありそうでなかった…


Fifth ??Eternal Collection Box??(げっちゅ屋)

 最初の『fifth』が出てから、もう7年になるんですねぇ。
 今回のはXP対応は当然として(廉価版は対応していなかった)、難易度調整は大きいなぁ。

 今こうやって見直してみても、やっぱり魅力が色あせてないのは凄いですね。さすがに絵のタッチはだいぶ変わってしまいましたが(笑)。塗りはTwinの頃が一番好きですね。『初恋』のあたりから、どんどん淡くなっていったんだよなぁ…。

まあ狙い通りといいますか


 先日のエントリで書き忘れてたのですが、ガイアックスが運営するポータルサイト「ムポー」で今度クローズドβテストが行われる新作『とぅいんくる』がちょっといい感じですね。

 いやだって、10歳ですよ(爆)(結局年齢かい!)。見た感じは眼鏡で無表情。これがツンデレになるかどうかは不明ですね。相方的なポジション(になりうる)のトレインも「動かしやすい」キャラ作りになってるので、こりゃ今後(の同人誌)が楽しみですな。

 ゲーム内のキャラモデリングもまあ合格点は付けられますし、かなり媚び媚びな(誉め言葉)猫帽子&しっぽとかメイド風ナース服とかも用意し、ユーザーに財布(クレジットカードか?)を開かせようと待ち構えているのも潔い。
 国産でここまで露骨に萌え系を意識した作品は初めてのような気もするので、萌えの総本山の意地を見せてもらいたいところです(笑)。

 …まあレース系は嫌いじゃないんですけど、とにかく下手なんですよね??(汗)。

過敏に反応しすぎだ、俺!


NeoWiz Japanからオンラインリズムアクション「R2Beat」登場(+D Games)

 「あの人のスケーティング、おねえちゃんにそっくり……」

 時は近未来。ここは太平洋に浮かぶ小さな島、ワイマール島。

 「授業おわりーッ!」

 終了のベルと同時に、インラインスケートで教室から飛び出してきたのはミュウ。勉強よりスポーツと音楽が大好きな11歳の女の子だ。


 いやだから11歳という部分に反応しすぎですよ私(苦笑)。
 でもイメージイラストで思いっきりぱんちらさせるなど、なかなか侮れない…(爆)。
 まあ「やるか?」と言われれば「うーん…」としか答えられないゲーム内のキャラモデリングですが…(^^;

 …そういや『超学校』なんてのもありましたなぁ。どっちにせよパンヤ級のモデリングでないとあまりやる気が…ああ『Smash Star』か(笑)。

好奇心は猫に萌えさす


 かつての栄光も今や昔。
 とうとう月に1本マークするかしないか、という次元まで落ちぶれてしまったここ向けの美少女ゲーム業界ではありますが、そんな中今週発売の期待の新作『ネコっかわいがり!』(13cm)のオープニングムービーが公開されたので見てみました。
 …なぜかミラーサーバーの方が重かったのですが(苦笑)。

 萌え系にしては珍しい(?)英詩をつけたポップな曲ですね。私けっこうこういうの好きです。まあツッコミをするとすれば、“nya nya”ではなくて“mew mew”ではないのか、という気がしますが(笑)。なんかその部分がえらい気になるんですよ(^^;

 この作品、双子のウミとナミは当然として、メインヒロインのポジションにいるクレイン先生も小さめなので、昨今にしては珍しくコストパフォーマンスは高そうです。これで「飛び級で医師になった」だったら最高なんですが(笑)。

 で、この次のマークは…3月末の『わんことくらそう』(ivory)ですかねぇ。また動物ものかい。

13cm

うまく回避はしたけれど


 ここんところ美少女ゲームジャンルは低年齢層が不作で困ってます(まあ情報収集力が落ちてるので見逃している可能性も高いのですが)。

 そんな中発表されたSQUEEZの新作。まあ黙ってご覧ください(笑)。

SQUEEZ -Official Home Page-

 …うまく逃げやがりましたねコンチクショー(爆)。

 しかし、「3年生」の割にかなり巨乳ですし(止田卓史さんはあまりぺたん子は描かないので無理はない)、そもそもここの『炎の孕ませ』シリーズは「孕ませる」ことが全てなだけに、「孕み」に期待すると足元をすくわれますからねぇ…。
 ま、あまり期待せずに続報を待ちますか。

わかってんだかわかってないんだか…


しょうよん!コドモ☆ちゃれんじ(げっちゅ屋)

 うおお、久々に商業作品でストレートなの来たぁ??!…と思ったら同人ソフトですかい(^^;
 でもまあ、むりりん&こぶいちという夢のツートップならハズレはないか…と思ってよく見ると…。

 なんで2人しかいないのに片方巨乳ですか!(涙)

 なんか需要の読み方、完全に間違ってませんかね…? まあ多分買うんでしょうけど(爆)。


年末戦線異状有り?


 いや??、11月末のお祭り騒ぎは全部回避して正解でしたよ(笑)。『Fate』は買っても良かったんですが、イリヤのHシーンがないことを知ってほっと胸を撫で下ろす私がここに(爆)。
 それ以上に、『はじめてのおてつだい』に危険な香りを感じていた身としては、他サイトさんのレビュー見て、自分の眼力もまだ腐っていないことを確認するに至りました(笑)。8800円の価格帯でCG53枚・Hシーン数15は「ありえない」。ましてや今回6人いるのに…。価格上昇分が全て増えた声優さんに消えているかと思うと(そんなことはない)、なんだかなぁと思うのですよ。7Pもないらしいですし(爆)。まあ、双子の片方だけ落とそうとするとノーマルエンド、という仕様は正解だと思います(笑)。
 あ、『魔法使いのタマゴ』はやっぱりPONPONしないそうで(爆)。

 で、次は何かな・・・と予定表を眺めて気付いた事実。マークしている作品は11月25日の『薺ヶ好』(まあ限定品だし)と・・・12月22日の『ナイショのよりみち』だけ!? 『逃亡者毒島音路 孤島の海女編』は安いから買う、という手もなくはないけど…う??、不作やぁ??!
 おっと、いつの間にか11/25発売になってた『GOTHIC』を忘れてた。それでも少なすぎる??。

 ということで、何か見落としありましたら突っ込みお願いします(^^;
続きを読む

育成じゃなくて…


 ZERO。基本的にはハズレの作品を量産しながら、稀に『はじめて』シリーズや『いたいけな彼女』といった傑作を生み出すことから、決してその動向を完全に無視はできないブランド。設立当初から、スタッフ名を一切公開しない(最近になってようやくCVを公開)という、よくわからないこだわりを持つことでも有名である。公開しない理由は「○○氏の作品という形にはまりたくない」という理由だったような気がするが、型にはまるどころか毎回作風が完全に別人になっているとしか見えないので、単に外注しているだけのような気もしないもでもない。

 で、そのZEROの新作なんですが…、ジャンルが『ドキドキ産卵アドベンチャー』。デンジャラスな香りがぷんぷんします(爆)
 あらすじはこんな感じ。

 突然、リアナと名乗る魔女によって見知らぬ世界に召喚された主人公は、記憶を封印され、リアナの弟子であるミウという少女の使い魔を作り出すために協力する事になる。

 主人公に与えられた役目とは、ミウの体内にある使い魔のタマゴに養分を与える事だった。なんと養分とは生命エネルギーに満ちた精液。こうして自分の名すらも思い出せぬまま、ミウとの共同作業を続ける事になる主人公。

 はたして無事にタマゴを孵して元の世界へと戻ることが出来るのでしょうか?


 記憶を封印されたら元の世界に帰る動機も忘れてるんじゃないのかとか色々疑問もわくのですが、普通は育成ゲームになるような展開で、最近はやりの『孕み系』に持っていっちゃってるあたりは、かなり人を選びそうです。『産卵』と銘打った以上は産卵シーンあるんでしょうし…。

 気になるのは、明らかに『孕み系』の話なのに腹ボテのサンプル絵が1枚も公開されていない点。最近でも孕みを売りにした『炎の孕ませ転校生』が一切PONPONしなかったということで問題になったばかり。単なる「ぷに少女に種付け」、で終わるんじゃないかと今から危惧しております。

 …だってZEROなんだもん(爆)。
ついったー
応援中!
『くれよんちゅーりっぷ』応援中!

真・恋姫†無双〜萌将伝〜応援中!

むすめーかー 2008年10月24日発売予定!
Recharche

WWW を検索
このブログ内を検索
Archives
Articles récents
かえでたん
  • ライブドアブログ