コミック業界広しと言えども、4月の段階で12月発売予定の単行本の話が誌面に出てくるのはLOだけだろうなぁ…。

りとる・らばー(だんちょ)
 巻頭フルカラー8頁。定番の「クラスメートがしているから私も」ものだけど、8頁しかないので1頁目から全力疾走。ふぇら→口内発射→くぱぁ→正常位挿入→後背位→正常位中出し→とろり、とやることはきっちりしつつオチもしっかり。ふぇらの際の八重歯演出とか、くぱぁや中出し後の際に目にハートマークとか、細かな演出も◎。完成度の高いいい意味でのやるだけ漫画。9点
直角の直(川崎直孝)
 初登場。やや定番の「朝の占いで悪い結果が出て大変な目に遭う」ものだが、展開が常軌を逸している(笑)。占いを無視したばかりに辺出者に追われた少女が、やり過ごすために壁を伝って脱出…を試みるも、紐ぱんが外され、そのままクンニされ、聖水を吹いてしまい、さらにそのまま挿入され、何とか脱出を試みるも余計に深くはまり、脇舐め→空中中出し→抜けたので跳躍→フェンスを乗り越えようとするも背後から挿入され→フェンスに押し付けグラインド→早く出させるために自らべろちゅー→中出し→以下オチへ、という私の拙い文章ではこの凄さが半分も伝わらないとんでもない疾走感。おかずどうこうの前に、その発想力に驚嘆すべき一作。どうしてこうなった(笑)。9点
かずたま Vol.3(藤坂リリック)
 最終回。前回の一件以来ぎくしゃくしてしまった少年とポニテ少女の関係。とはいえお互いあの日のことが忘れられず…。素直になれないポニテ少女を押しの一手で立位中出しまで持ち込んだ少年。そこへ不思議少女が参加して、女の子同士共同戦線を張ってお仕置きHへ。屈曲位前立腺舐め→乳首舐めでの徹底じらしに少年降参。ガチガチになってる肉棒にそそられるポニテ少女だったが、やはり素直になれず不思議少女がお先に騎乗位挿入→即中出し→騎乗位グラインド→中出し→ポニテ少女の発情状態の割れ目に騎乗位挿入→後背位→正常位→屈曲位中出し→抜き取り発射でハッピーエンド? 最後まで全く素直になれないポニテ少女の、口では強がってても好奇心や嫉妬心が渦巻きまくる内面描写がとってもラブリー。連載の締めとしては悪くはないか、という感じになってしまったのが惜しいかな。8点
ママくらぶへようこそ 着床(桜吹雪ねる)
 完結編。抑えられない気持ちを兄本人に訴え、子作りを願う少女。しかし兄は…。黄色帽+ランドセル姿ではしたなくおねだり→お尻の穴から精液ひり出し、というあられもない妹の姿に兄は逃走。結局妹は、他の男と快楽を貪るように子作りへ。お尻の穴にディルドー挿入(3頁)→ゲストの男性6人を前に挿入志願→年齢順に挿入へ→兄のために取っておいたあそこが名器ぶりを発揮→母親が見守る中で前とお口に3P中出し→前から後ろからお口から4Pアヘ顔絶頂、である意味ハッピーエンド。兄のヘタレさは冒頭のみで、寝取られ要素は皆無。愛を見失った少女が快楽を貪る痴態を存分に楽しめる完結編となった。孕ませるまでの話なのでボテ腹Hを期待すると肩すかしかも(一応ラストシーンではあるけど)。8点
SEVENTH HEAVEN(藤崎ひかり)
 年の差恋愛中の少女だが、幸せの中にも年の差ゆえの不安は募るばかりで…。キス→脱衣→愛撫→正常位挿入→後背位→対面座位中出し、の後で寝てしまった彼氏。しかし心の中で不安がもたげた少女は、寝ている彼氏にキス→彼の身体の上で自慰→絶頂→嫌われると思って泣き出す少女→無言で挿入する彼氏→突き上げ→キス→二人の気持ちが通じ合っていた事を知って安心する少女→正常位再挿入→じっくりたっぷりと描写→手つなぎ中出し→少女が「繋がったままで…」とおねだり、で第3ラウンドへ。後背位→側位キス→座位→後背位中出し、でハッピーエンド。38頁のという量を生かした徹底描写が素晴らしく、ストーリー性とHシーンの雰囲気の良さの融合ぶりは名作級。二人の年齢差だけでなく体格差の描写もばっちり。それだけに、ドラマの消化が終わった第3ラウンドに実用性のピークを持ってきて欲しかった。第2ラウンドもかなりの使い勝手なのだけど、この展開ならおかず要素の盛り上げは3ラウンド目がベターかなぁ。惜しい、惜しすぎる良作。9点
H@PPY END(前島龍)
 沖縄出身のアイドルどうこうは全く関係ない(笑)。コンシューマの方の美少女ゲームをプレイ中の青年の家に遊びに来たポニテ少女。少女への秘めた欲望を発散しようと(Hな方の)美少女ゲームをしたり距離を追いたりしていたのに、「私が彼女になってあげようか…?」とまさにゲーム的な展開に突入。もちろん『押し倒す』の選択肢を選び(おい)、押し倒しキス→先端だけ育った胸いじり→(青年好みに合わせた)アニメプリントぱんつ鑑賞→ぱんつずらしクンニ→挿入は回避しようとする少女だったが挿入する選択肢を選ぶ青年→痛がる少女→痛みを和らげるため胸いじり→痛みに慣れて気持ちよくなってきた少女→子宮ノック→挿入したまま親バレ回避→壁に手をつかせて立ちバック再挿入→背後から胸揉みキス→抱え上げ立位→少女の絶頂に合わせて中出し→キスしながら抜き取りどろり、でハッピーエンドへ。まさに「これなんてエロゲ」な展開ながら、ちゃんとご都合が過ぎないようにオチが用意されているのが巧妙。でもやっぱりご都合ハッピーエンド(笑)。小道具の選択肢はそれありきというほどではなかったけど、機能はしていたかと。9点。それ以上に、理解のあるお母さんで良かった(爆)。
家庭内えんこ〜(きんく)
 初登場。(本物の)パパにお小遣いをおねだりするギャル少女。娘の無駄遣いをたしなめるパパだったが、お小遣いもらう代わりに『ごぶさた』なパパをヌキヌキしてあげる娘だった…。100円手コキ→300円ちゅー→べろちゅーは追加料金100円→1000円ふぇら→尿道攻め追加料金200円→喉奥発射+ごっくんで300円→クンニ(娘のためにしているので無料)→娘が3000円でせっくすおねだり→せっくすは6年生になってからの約束だったけど(おい)くぱぁしながらの「パパがしてくれなきゃ知らないオジサンに」と脅し文句で即挿入で破瓜→グラインド→胸吸いは追加料金500円→正常位中出しで弓なり絶頂→パパが構わずグラインド続行→快感によりこれまでの金額計算が崩壊(笑)→今までの全部まとめて1万円(ふぇらまでの2000円は既に渡しているので計12000円)ってことにするパパと目の輝きが半端ない娘(爆)→万札握りしめて見開き絶頂中出し→余韻ダブルピース。お金のためなら何でもアリなのにその金額単位に妙に可愛げがあったり、それでいて父親に自分と母親の膣内比べをさせたり小声で「せーり来てないからナカダシしていーよ」と囁いたりする天性の淫魔(カチューシャも悪魔風)、と思いきや、オチで見事に(定番とはいえ)落差で萌えさせてくれるという神がかり的な小悪魔少女(なんじゃそりゃ)が可愛すぎ。ブレザーJK風のギャルファッションにひらがな台詞多用という歳相応かつキャラに合ったセリフ回しも◎。初登場にしてとんでもない作品をぶっこんできたぞおい(汗)。10点
俺は妹が好き。(冬野みかん)
 愛する妹に自家発電する姿を見られて以来憂鬱な兄。しかし妹の態度は今までと全く変わらず。ところが2人で留守番中に不意に「あの時何してたの?」と目を輝かせて問われて…。拒否したら余計に怪しまれる事を恐れ、妹の目の前で肉棒を取り出す兄。それをキラキラした眼で観察し、触り、嗅ぎ、あの時と同じように上下にこすこすとする妹。大きくなったことに感心する妹だったが、さすがにこれ以上はまずいので「あそこさわられるのいやだろ?」と突き放すも「にぃちゃんだったら別にいやじゃないけど?」と明るく切り返され万事休す。あっさりとぱんつを脱ぎ、割れ目を触られてもくすぐったがるだけの妹だったが、お尻の穴で感じてしまう。そんな穴に入れてみたいと思う兄の気持ちを先取りして、恥ずかしがりながら「あたしにしてもいいよ?」とお尻を見せる妹。その気持ちに応えて後背位挿入→グラインド→キス→座位→中出し→抜き取った快感でつい放尿してしまう妹、でハッピーエンド。妹の最後まで純真過ぎるその姿に癒されることうけ合いの一品。8点
春山の馬酔木(あせび)(よしの)
 貸切の露天風呂に教え子様と来た先生。屋外どうこう以上に、ひと月ぶりに貞操帯を外して頂けた開放感と教え子様の育ちかけな素晴らしい肢体につい欲情してしまい…。教え子様がふぇら→寸止め→わざと危険日であることを告げてから騎乗位挿入寸前の姿勢に持ち込む教え子様→こらえきれずに1ヶ月分大発射してしまう先生。場所を部屋に移し、おかんむりな教え子様が浴衣をはだけて改めて騎乗位挿入→後背位にさせてからお尻に再挿入→いつもと違って絶頂しまくり潮吹きまくりの教え子様→べろちゅー→後背位+お豆いじり→中出し。快楽堕ちというまでにはいかないけど、常に上から目線だった教え子様の乱れっぷりが最大の見どころ。加えて、露天風呂のじらしもいたぶりではなくてただのじらしだったり、ふぇらシーンにデレが垣間見えたり、貞操帯生活の1ヶ月間で溜まっていたのは先生だけではないのが演出されていたり、と女性上位苦手な人でも楽しめそうな要素がてんこ盛り。9点
つくってオナろ!(三月さんいち)
 巻中フルカラー8頁。『娘オナホ』の作り方をわかりやすくレクチャー。まあ冒頭が最難関なのは気にしてはいけない(苦笑)。ドリーム溢れる世界観と、2人の愛娘を美味しくいただくカラーらしい華やかな作品。W中出しは最終頁なのが惜しいが、このネタだと仕方ないか。8点
グッドプライス(上田裕)
 100円の電動マッサージ器での自慰にはまってしまった少女。100円でこれだけ気持ちいいならもっと高いのだったら?と好奇心に突き動かされ、行った先は…。大人のおもちゃ屋さんに様々な商品を薦められるも購買力に乏しいのが少女。そこでお金を作るために流されるようにシミ付きぱんつ撮影→ローションいじり→バイブ振動あてがい→各種バイブお試し挿入とエスカレート。購入金額が増えすぎて、残るは本物挿入のみとなってしまい、好奇心に任せて挿入→中出しまで突き進んでしまう。店員さんが一切の感情を見せない淡々としたセールストークを繰り広げ、一方の少女は徐々に増大する快感に流されまくる、という妙な対比がいいテンポを生んでいる良作。内容のほとんどが前戯なので、処女でも感じまくりなことに逆に説得力が出ているのも面白い(笑)。9点
生贄の子羊たち(くどうひさし)
 初登場。クリスマスイブに子供だけでお泊り会をした少女2人。しかしそこへクラスメートがイケメン2人を連れてやって来て…。実は男たちはクラスメートが金で斡旋したゲス共で、1人を酒で酔わせ、飲まなかったもう一人は愛撫で抵抗力を削ぎ、徹底電マ攻め→強姦→電マ併用拘束レイプ3P、と絶頂させまくり。徹底してイキ顔描写にこだわった展開はなかなかの迫力で、さすが他誌で経験積んだだけはある実力派。9点
となりのワガママ(まきお)
 隣家の日焼け生意気少女の相手をしている青年。でもその生意気さと共に可愛げ(とエロさ)があるのを知っているだけに…。座位スク水愛撫→四つん這いおねだり→お尻の穴ほぐし→正常位でお尻挿入→グラインド→割れ目いじり、で辛抱たまらなくなり、全裸にして正常位挿入破瓜→シーツつかみ中出しへ。Hな関係になったきっかけが解熱剤挿入だったため、徹底してお尻にこだわる…と見せかけて純愛ものなので前にも挿入。まあフェティッシュな話ではないのでこれで十分。キャラ立てや実用的な構図は合格点レベルなので、あとは全体的な底上げが課題か。今後の成長に期待。8点
Escalation(Noise)
 ゲームで勝負中のボーイッシュ少女と少年。連戦連勝中だった少女だが、トイレに行くタイミングを間違えて絶不調に。トイレを賭けての勝負にも敗れ、少年の命令で庭先で放尿するはめに…。しかしその光景をまじまじと少年に眺められてパニックになり、泣きだしてしまう少女。おあいこにするために放尿する姿を見せようとした少年だったが、代わりに出たのは白い方。そしてお互いに好奇心のままに立位挿入→胸揉み→グラインド→片足抱え上げ中出し、と展開。前半部を大胆に放尿のみに割き、後半はお年頃の少年少女による初々しい(でも激しい)H、という構成は上出来。がっつり抜けるまでにはいかなかったが、活発なボーイッシュ少女が弱気になって見せる「女」の顔のギャップはなかなか萌え。8点
腹ペコ家出少女(yam)
 空腹で行き倒れた家出少女、を成り行きで拾った青年。少女の方から宿泊の交換条件で「お口でイイコト」を持ちかけられ、あれこれ考えても結局性欲に負けて…。ふぇら→先端攻めじらし→口内発射、で萎えると思っていた少女だったが、止まらない青年に押し負けて、愛撫→絶頂寸前→正常位挿入破瓜→お豆いじり→後背位→中出し。お口なら百戦錬磨のビッチ少女が、初めての挿入で未知の快感によがりまくるお話。前半の余裕さと、後半の余裕の無さのギャップを少女側の視点で内面描写したが、冒頭が青年目線っぽい展開だっただけにやや違和感も。7点
トリカゴノトリ(無道叡智)
 鬼畜な家庭教師によって2頁目から朗読愛撫プレイ→立ちクンニなどを強いられる少女。母親の秘密(浮気)をちらつかされ、家庭崩壊を防ぐために少女は男のいいなりに…。前述の立ちクンニに続いて、ペットボトルに放尿命令→立ちション状態→ふきふきさせられ→後背位挿入漢字の書き取り+尻叩き→対面挿入→中出し→ベランダでお掃除ふぇら+放尿命令、と展開。ねちこく偏執的なシチュエーションの数々に加え、少女が家族のために自らを犠牲にし、地獄の日々から逃れるための最善手と信じたことが逆に彼女自身を(裏で)追い込む、という救いようのないストーリー構造がじわじわと話を盛り上げる。黒髪ロング+セーラー服(6年生名札付き)+下半身は靴下のみ、という格好も少女の育ちの良さと恥辱感を煽ってくれる。放尿属性は不可欠ではないが、あるともっと楽しめそう。10点
コーカンひみつえにっき(智沢渚優)
 電マでの自慰にはまっている少女。しかし情況証拠で下宿人の青年にばれてしまうが、青年は咎めるどころか新しい道具を用意していて…。道具での自慰にふけっている少女の前に青年が現れて直接指南。指しゃぶり→二本指挿入+胸舐め→お尻に指挿入+クンニ→絶頂→お尻を拡張しつつ後背位挿入→抱え上げ→奥深くまで挿入→グラインド→中出し絶頂。鬼畜男と快楽堕ち少女が基本ベースなのだろうけど、ストーリー的にはどの要素も弱かったかな。徹底的にお尻を開発される少女の痴態はおかずとしては悪くなかったのだけど。8点

 中学生組は雪雨こんさん1人。希望校に合格したら家庭教師の先生に想いを告げると決めて、見事受験も恋も成功した少女。でも気持ちいいことを知ってしまって授業に身が入らず…ということで、前半は回想シーンで先生とのらぶらぶHの数々(といっても、制服破瓜はともかく目隠しプレイやふぇらぶっかけ、セクシー系ランジェリープレイもあるという濃さ)、後半は裸パーカー(猫耳フード)+制服スカートという痴女すれすれ状態での青姦プレイ。やってることは濃厚ながら基本路線はらぶらぶHなので、リア充爆発しろと言いながら楽しむのが吉か(笑)。

 次号も大量補強?