今さら言うことでもないんですが、天魔とLOって、同じ茜新社の雑誌でもこれほど表紙の方向性が違うのは…(笑)。まあLOがいい意味で異端すぎるのですが。

アフターおままごと(灯ひでかず)
 親戚の家にご厄介になってる青年。宿賃代わりに従妹の勉強を見ているのだが、子供扱いしたのが逆鱗に触れたのか…。ぱんちら誘惑→キス→股間踏みつけ→ふぇらで超肉食ぶりを発揮する少女に、青年の理性も臨界点。そしてスカートたくし上げ割れ目見せでついに理性の砦が決壊し、むしゃぶりつくような立ちクンニで少女を絶頂に導いてしまう。その反応に、少女の言葉とは裏腹の「経験不足」を見抜いた青年だったが、意地になった少女は強引に騎乗位挿入して破瓜。本物の夫婦になりたいと涙ながらに訴える少女を青年は優しく受け止め、ベッドで正常位グラインド→座位キス→中出し、でハッピー?エンドへ。少女の意地っ張りといじらしさの二面性や、生意気さが程良く盛り込まれていて、背景も含めてキャラ立ちもしっかり。ストーリーの起承転結もちゃんとしているし、非常に使い勝手も良く、隙のない一作。10点
お願いピュアキュア(ザキザラキ)
 失敗ばかりのダメお兄ちゃんの心の拠り所は、しっかり者の妹。でも成長とともに「させて」くれなくなったのだが、駄々をこねる兄を見かねて、仕方なく代わりにコスプレ姿を見せることにしたのだが…。昔買った幼児用の日曜8時半アニメ風コスチュームをピチピチに着込んで、恥ずかしがりながらも兄のリクエストに応じて「元気になる魔法」をかける健気な妹。しかし兄の別の所が元気になってしまい、変な気分になった妹は理由をでっち上げて兄の「自慰」のお手伝いを。クンニ→正常位挿入→キス→アヘ顔ダブルピース→兄の突き込みで理性崩壊→とろけ顔で中出しおねだり→アヘ顔ダブルピース子宮中出し。むちむち熟女にサイズの合わない衣装、というパターンは数多くあれど、年端もいかない少女に幼児用コスというのは意外と見ないパターン。まあ下半身は即脱がしてしまうのでコスプレものとしては要素は薄めだけど、アヘ顔や子宮描写が苦にならないのであれば実用性は高め。8点

 春風道人さんは、今回は家出JCもの。ネットで出会った見知らぬ男の協力で宿を確保したものの、泊める代わりに体を求められ…るのではなく、何と男の願いで「思いっきり虐めてくれ」というまさかの展開(笑)。犯されるよりはマシと渋々ビザールコスで「男の望む通りに」罵り→ブーツ履きっぱなしのおみ足を舐めさせ…る前に気色悪くて顔面蹴り→むしろご褒美(笑)→蹴りで射精してしまった股間を踏みつけ→気分が乗ってきて少女の方から顔面騎乗→足コキ発射→屈曲騎乗位で男を「犯す」少女→中出し、と見事なまでの『ご奉仕S』もの。中盤以降少女がS性に目覚めたか見えて、実際のところは好意の延長上に見えなくもないので、男性がなぶられるのが苦手な人でも、入門編としては十分か。実用性はいつも通り極めて高い。まあ某M誌だとぬるい!と言われそうだけど(あくまで褒め言葉)(笑)。

 次号は…加藤じゅんさん掲載号なら買うかぁ…えっ、RaTeさんついに復活!?