あ…ありのまま、今月号で起こった事を話すぜ!
 「『集団学園催眠』の後編が載っていると思ったら、新連載が始まっていた」
 な…、何を言っているのかわからねーと思うが(以下略)

妹凸レーション(椿十四郎)
 レポートの息抜きをしようと思ったら、妹が抜きに来た(笑)。動画の中ではたどたどしくふぇらしていた妹だったが、今ではすっかり、お口でジッパー降ろし→竿舐め→玉舐め→皮剥き→唾液落とし→手コキ発射→手についたものを舐め取り、まで出来るほどのテクニシャンに。後半はキス→くぱぁ→クンニ→正常位挿入→後背位→くぱぁした膣目掛けて発射、と展開。映像の中のHに慣れてない頃の妹と、今や全身性器状態のヤリマン妹のギャップが見どころのやりまくり漫画。それでいて前後半は攻守入れ替えて妹受けなので、女子主導が苦手でも安心設計。フィニッシュが変則的なのが判断が分かれるかもしれないけど、まあ問題点は特にない手堅い完成度。8点
被虐教室 其の弐(あ〜る・こが)
 今回は主人公の先生とヒロインの少女がひたすらおあずけされる回。日中はお尻のバイブが暴れ、配信動画の中ではアヌスディルドーでよがりまくる少女と、それを見ているしかできない先生。そして少女は放置プレイで体を火照らされ、男のものを強制ふぇらされて感じまくり、本物でお尻をかき回され、最後は座位挿入で先生のために取っておいた前の方にも入れられ、それでも快感に負けて中出し絶頂してしまう(同時に動画を見ていた先生も発射)、という寝取られプレイを展開。ドM同士のカップルならではのお話になっている点は評価したい。おかずとしても(寝取られ耐性は必要だけど)実用性は高い。9点

 ヤクザもスキルとして女装が求められる時代なのか…な今月号は、樺島あきらさんのバド/ブルームシリーズ新作に注目。メインヒロインのメイドさんが、お屋敷で繰り広げられる変態行為に徹底して一線を引きつつ、そんなメイドさんが変態行為に巻き込まれる恥ずかしさといやらしさを描写。それでいて快楽堕ちとか一切なく、最後まで淡々とした客観視を保ったのも高評価。

 次号はあ〜る・こが休載号っぽいので、買うかどうかは微妙(汗)。