往年の『フラミンゴ』(東京三世社)のようなポジションを固めつつあるこの雑誌、以前から興味はあったんですが、買うにはなかなか踏ん切りのつかず。でもとうとう買ってみました。…いや、今月号からあ〜る・こがさんが載っているのに今まで気づいてなくて…(汗)。
 私が勝手に「塩山系雑誌」(名物編集者の塩山芳明氏のコラムが載っている雑誌のこと)と呼んでいる本を買うのは、随分と久しぶりの気が。

どぅゆぅだいえっと!?(椿十四郎)
 妹の腹筋運動に付き合って、肉体美を見せつける兄。しかすうっかり勃起してしまい、ごまかすためにでまかせを…という定番のセックスダイエットもの。マッサージと称して手コキを頼み、発射→お掃除ふぇら→騎乗位素股→処女膜貫通→バックから尻叩き後背位挿入→正常位→後背位→中出し回避のために抜こうとするも重みで抜けず(笑)→騎乗位中出し、と展開。明らかに嘘だとわかってても、好奇心から騙された振りをして手についた精液を舐めしゃぶるシーンが非常にエロティック。脱いだら結構凄いたるんだお腹はプレイにそこまで活用はされていないが、体重を活用して精液を搾り取るオチは、ダイエットもののテーマと噛み合ってて面白い。8点
被虐教室 〜虐欲少女の宴〜(あ〜る・こが)
 初登場での新連載はいきなり40頁。ネット動画で痴態を晒している少女に、自分の教え子を重ねあわせて欲情してしまっている先生。しかし先生の真の願望は、凛としたその教え子に嬲られたいこと。一方で少女は、先生の欲望に満ちた視線を感じ取っていて、先生にメチャクチャにされたいという願望を…。仕掛け人の姉に撮影され、いつもとは違って「教室」で生中継をされる少女。テープくぱぁ状態で自慰→極太ディルドーでお尻貫通、したところでカメラのアングルがずれて、少女が教え子であることを知ってしまう先生。お尻で絶頂してしまう少女が先生を呼び出し、自らの被虐願望を明らかにする少女。先生の勃起した肉棒を足の指で掴み、二人共絶頂…寸前で姉の介入で止められ、向い合って望み通りにお尻でつながり、先生が大発射。これでスイッチが入ってしまった少女は、自ら対面座位で破瓜の痛みに酔いしれ、お尻でつながったまま中出し絶頂へ。先生に男性経験がある(!)など、誌風に合わせたかのようないきなりの超ディープ展開。大ベテランでも常に新しいことに挑むその心意気は尊重したい。M同士のカップリングがうまくいくのか、どう今後展開させていくのか注目したい作品。まずは様子見で9点
し〜し〜シャッターチャンス(高城ごーや)
 妹が「おしっこしているお写真取ってほしいの」と笑顔で頼んできて困惑する兄。放尿している写真でなめこというかアレなキャラクターが育つ携帯ゲームのために、仕方なく?兄は撮影役で付き合うはめに…。ただの放尿が徐々にエスカレートし、スク水くぱぁ放尿ですっかり兄の股間も育っていた頃(汗)、お友達がレアキャラを「おしっこせっくす」で出したことを知って兄にせがむ妹。「けーじばん」で知らない大人の人とさせるわけにもいかず、童貞のお兄ちゃんが奮闘。愛撫→正常位挿入→子宮ノック→ハメ撮り→中出しWピース放尿。ページ数が奇数と変則なので、フィニッシュが右頁に来てしまっているのが惜しいが、それでもひたすら放尿のオンパレードはなかなかのエロさ。8点。しかし世界観が変なのではなくて、妹が騙されているだけのような気も…?(爆)

 次号も椿十四郎、あ〜る・こがが登場予定。