コアマガジンのエロ漫画30周年記念号、ということで、漫画ブリッコから始まる美少女誌の系譜が簡単にまとめられており、資料としても価値のある号。あの『漫画極道』にさらっと触れられていたり、コミメガの流れにカラフルBeeが取り込まれていたり(ゲノムのことね)、(コンビニ誌の方の)ホットミルクの先にあの爬虫類の絵が描いてあるなど(大汗)、遊び心溢れる?作りになっております。
 ただ、紙の硬い特別付録のおかげでちょっとページがめくりにくいんですよねぇ(汗)。

モバガ Access.2(猫玄)
 Sレアだけあって実力は折り紙つきのドリルツインテール少女。しかしSレアゆえに高すぎるプライドが邪魔をして、全く素直になれず自己嫌悪の日々。関係改善のために入れ知恵をもらって、マスターに夜這いをするが…。優しく肉棒に口付け→手コキをしていると、当然目覚めるマスター。パニックになる少女を、夢の中と誤解しているマスターが抱きしめ、キス→クンニ→69→口内発射→正常位挿入→後背位→中出し、でハッピーエンド。まさにツンデレの鑑な高飛車さといじらしさのギャップが◎。話の作り自体は非常にオーソドックスだが、オーソドックスゆえに破壊力は十分。Hシーンではきっちり乱れ、ラストシーンでもデレ過ぎてしまわないさじ加減もベテランの味。9点
カラダでおぼえよう(智沢渚優)
 移籍初登場。お隣のお兄ちゃんに勉強を教わっている少女。しかし少女のぱんつの中には秘密が…。以前、勉強が進まないイライラを自慰で解消したら、スラスラ解けるようになったことからはまってしまい、ついにはローターで刺激しながら勉強を教わるように。でもモーター音でお兄ちゃんにバレバレだったことがわかり、そのままHなお勉強へ。バックから胸もみ→愛撫→座位素股→正常位挿入破瓜→騎乗位→後背位→正常位中出し→余韻、と展開。今回は逆転要素なしにらぶらぶHに作品に徹した。断面図は正直言って苦手なのだけど、こういう演出方法ならありかな、と個人的には高評価(汗)。9点。しかし6年生明記なのに、算数の範疇を越えた問題をやっているような…?(まあ受験勉強だからいいか)

 今月の磊磊ちかささんは25歳明記なのでこちらへ(汗)。自堕落すぎるお姉ちゃんが、神様の力で幼女化。見た目は幼女!頭脳は25歳なので、お姉ちゃん主導でふぇら→眼鏡ぶっかけとなるが、実は弟くんが幼女しか愛せなくなった原因が幼少期のお姉ちゃんにあることがわかって、お姉ちゃんは仕方なくあそこを差し出すが、サイズが違いすぎて大変なことに。膀胱圧迫からのおもらしを経て、やっぱり近親相姦は気が引けるので最後はお尻に中出し(おい)。今回は腹ボコや超拡張描写は控えめなものの、実用性はきっちり確保しているし、うまくハッピーエンドに落としているストーリー面も上出来。

 次号は、猫玄、磊磊ちかさ、佐々木バレットが登場。