やや遅くなりましたが、ようやく手に入りました。しかし何で売ってなかったんだろ…。発売日間違えたつもりはなかったんだけど。

天使のいる学園(いさわのーり)
 巻頭フルカラー8頁。理事長と無邪気な少女3人がいちゃいちゃお遊び。柔らかな穴をくにくにぷにぷにしたり、お尻で遊んだり。中出しが最終頁かつ構図の関係で若干使いにくさはあるものの、低学年ならではのぷにぷに感と無邪気さを存分に楽しめる一品。7点
みなものないしょ(みさお。)
 ジュニアアイドルのDVDの隠しチャプターには…? 序盤は「過激な」合法VTRの体裁をとっていたが、中盤以降はスク水日焼け+白紐ビキニのアイドル少女(中学生の彼氏持ち)とカメラマンがハメ撮りというか撮影すらせずにHへ。素股?正常位→騎乗位→対面座位→正常位→中出しで、不倫Hに酔いしれるアイドル少女を描写。どこまでがDVDの収録内容か判断がつきづらいのが難ではあるが、使い勝手は良好なので、お気に入りのアイドルが処女でなかった屈辱に打ち震える感覚を味わうも良し、裏の痴態に興奮するも良し。9点。しかしこの作品、新刊の表紙はゲットしているもののこの作品自体は収録されていないっぽいけど…?
わるい子(上田裕)
 訳あって新築物件でおもらししてしまっていた少女を発見した不動産屋の青年。雰囲気が「万引き少女AV」っぽくなってしまったので、その雰囲気に流されて…(おい)。AV通りのよくあるセリフで少女を口封じし、ふぇら→イラマチオで文字通り口封じ(ただしやりすぎて中断)。しかし青年自身はラブラブ和姦もの専門なので(笑)、ここで何とか軌道修正のために少女を気持よくさせようと、あそこいじり→クンニするも少女は心を開かず(そりゃそうだ)、最終手段で快楽堕ちさせようとベッドに押し倒して正常位挿入→対面座位→中出し。無理矢理以上レイプ未満の全く心の通っていないすれ違いっぷりがコメディとして面白い上に、使い勝手も上々。少女の方も青年を嫌いつつも感じてくれてはいるので、少女が泣き叫ぶのが苦手な人でも安心できるかと。8点
うちの妹(さらだ)
 オタク一家に生まれたばかりに立派な登校拒否児になった妹。今日もせっせとBLの薄い本を作っていたが、股間描写に納得がいかず兄にモデルを頼む代わりに…。まず回想シーンでヌード撮影ごっこがエスカレートしての処女喪失&物で釣ればやらせてくれるようになるまでを描写。中盤以降は、わき見せ+がに股ポーズや立ちくぱぁ、ベランダに向けての兄の発射を経て、ふぇら→騎乗位→中出し→抜き取り、と展開。いつものヤリマンビッチ路線を継承しつつ、少女に引きこもり属性を付加して「相手が不特定多数ではない」という変化球を投げ込んできた。挿入以後の話の流れに勢いがないのでおかずにはやや向かないが、卑猥なポーズを平然とやってのける少女のアバズレっぷりはなかなかのもの(汗)。7点
なかよくしてね、お兄ちゃん Bパート(源五郎)
 兄同士が鉢合わせして修羅場となるも、泣く子と妹には勝てず(予想通り)3Pで解決へ。ただしお互いの守備範囲を入れ替えての挿入となり、お尻専門だった大兄が前に挿入して中出し→二本しゃぶり→同時口内発射→手で受けつつ頑張ってごっくん→小兄がお尻に挿入→中出し→そのまま前後挿入→中出し、でハッピーエンド。ところどころに挿入された熱いんだかよくわからない兄たちのセリフがバカエロの雰囲気を醸し出しつつ、妹の博愛天使っぷりが心も股間も温めてくれる。使い勝手は上出来で、持つべきはこういう妹と再確認させてくれる一作(笑)。9点
Sunlight girl(冬野みかん)
 犬耳少女が(犬顔親父も)普通にいる世界。親同士が勝手に結んだ主従契約で、小学生の犬耳少女を「飼う」ことになった青年だが、少女に年に一度やってくる発情期をどうしのぐかで頭が痛く…。1年前から「おあずけ」され続けて苦しむ心を訴える犬耳少女が可愛すぎて、ついに青年も手を出す決心を。キス→69→ぶっかけ発射→バックから挿入→キスをせがむので正常位に→胸もみ胸吸い→少女が抱きつき噛みつき→中出し、と展開。動物耳ものと許嫁ものをミックスして独自の世界観を作り出しつつ、やることはきっちり。今回は揉めるぐらいに胸がある少女だけど、動物だからしょうがないか(おい)。飼い犬に「ごいしゅじんさま」と言われたい人に。9点
むすめいき(三月さんいち)
 可愛すぎる娘さんを大事にしすぎるお父さん。なぜなら娘さんは、生まれながらにして名器の持ち主だから(おい)。名器を理由にあれもだめこれもだめと言われることに不服な娘は、「そんなの試してみなきゃわかんないじゃん!」と親子とか気にせず確認Hへ。クンニや指挿入で感じされられまくりの娘→座位挿入→あまりの名器ぶりに即発射→発情した娘がさらに求めて以下絞り尽くしまくり。おばかっぽいネームだけどほのぼの親子ものとしても成立。中盤までの盛り上がりに比べるとフィニッシュにもう少し勢いや構図の工夫が欲しかった気もするが、全体的にはまずまずの完成度。7点
天才教授リンリンさん!(おおたたけし)
 10歳にして大学で教鞭をとる天才教授と、その「黒板係」として授業中に高い場所に教授を持ち上げる仕事を仰せつかっていた青年。子供扱いされることを嫌う教授だったが、青年の特技である料理(お子様ランチ)で心を開く。その後、実家の手伝いで授業を休みがちになった青年を気遣って家を訪れた教授は、過労で倒れている青年を発見し…。夢うつつの状態で教授への愛をささやきつつ押し倒す青年に慌てる教授。その仕返しに寝てしまった青年の疲れマラをいじくり倒し、ふぇらしていたら、青年が明晰夢と勘違いして暴走。教授を全裸にひん剥いて69クンニ→教授絶頂→尿道に器具挿入→そのままお尻に挿入→中出し大絶頂、と今回はノーマルかと思いきや、やはり尿道挿入はきっちり用意(笑)。眼鏡+白衣+幼女体型と三拍子揃った教授の可愛さを、大きすぎる椅子やダボダボTシャツでさらに強調したりと小道具の使い方が上手い。またお怒りからときめきまでくるくる変わる教授の表情も◎。最後はいつも通りのハードプレイになってしまうので人は選ぶかもしれないけど、教授の可愛さと差し引いても10点でしょ。
小6プロブレム(無道叡智)
 女の武器を使って同級生男子を手玉に取るボーイッシュ少女。その挑発っぷりに「彼氏」である先生は気が気じゃないが…。という冒頭と矛盾するかのように、先生が用意した白紐エロビキニ姿で校内を引き回される少女。普段は男子の前でも堂々と着替える少女が、教室に残る男子児童の気配に怯え、同時に徐々に女として感じてしまっていく。廊下の真ん中でM字開脚撮影→教頭に発見されかかって隠れるも興奮してお股いじり→屋上で立ちバック挿入→座位グラインド→抱え上げ立位中出し、と展開。盛り込みすぎてテーマがぼやけてしまった感はあるが、ボーイッシュ少女の「女」の部分を使い勝手良く描写。最後まで脱がさない紐ビキニと黒ニーソのコスプレ要素も完備。9点
ももいろ寝息 第二床(Noise)
 エロ漫画誌に残る「目付きの悪い」妹ふたたび! 寝ていれば天使の妹に睡眠姦を繰り返していた兄。しかし今日は途中で目覚めてしまい…。寝ぼけて(性格の)可愛い妹とらぶらぶH。キス→正常位挿入…したら当然覚醒する妹→しかし止まらない兄はグラインド続行→「せめて優しくしろおっ!」の一言で一旦止めて正常位で再度やり直し→抱きつき中出し、と展開。目付きも性格も悪い妹が、隠し属性であるツンデレを再度発動。素直でないセリフをぶつけつつも態度はしっかりデレデレなのは見てて楽しい。ただいかんせん目付きが悪いので(しつこい)人はかなり選びそう。でも8点は付けていいでしょ。
バイリンガール(なあも)
 巻中フルカラー8頁で初登場。近所の碧眼少女が家によく上がり込んでくるラッキーな環境に、ついつい即ハメな妄想を抱いてしまう青年。しかし青年の妄想を見透かして、少女の方からふぇらしてきて、口内発射まで導かれてしまう。合意の上ならいいだろうと場に流されて、犬のようにクンニ→騎乗位挿入→射精管理中出し→挿入したまま対面座位キス→ソファーに横たえて中出し、と全編少女主導で繰り広げられる濃厚H。8頁の中にテンポ良く構成し、使い勝手良く仕上げた能力は非凡。まあ非処女ではあるけど、飼われたい願望のある人にはいいご褒美かと。9点。しかし赤と白の縞ぱんって意外と珍しいかも?
小学校最後の一年姦(あわじひめじ)
 タイトル通りに、教師に強姦された2人の少女の一年間を描写。進級早々拘束されてWぱんつ素股→ぱんつずらし挿入×2で処女を奪われた少女たちが、スク水ファックや水着姿で海岸中出し、旅館の浴衣姿で陵辱、最後は男たちに売られてのハメ撮り集団陵辱+見開きで開脚撮影、と非道の限り。細かいシーンのつなぎあわせなのでストーリー面での「流れ」は弱いものの、ラストの見開きの迫力でおかずとしては十分かと(まあ中出しシーンではないけど)。時間の経過とともに、セリフの中で彼氏と別れてしまっているのが判明したりと、実生活も破滅させされてしまっているのがさらに非道っぷりを強調。コマ枠外で解説をやらなくなった分、ややセリフが説明っぽい気もするけど、まあ許容範囲かな。8点
天の川のドップラー(カエデミノル)
 初登場。山村の祭を舞台にした、都会から帰ってきた青年と、青年を想い続けた少女のラブストーリー。設定をあえてセリフで語らせずに、演出でわからせるという凝った作り。浴衣少女にレイプ気味に愛撫→おもらし、や、クンニ→座位挿入→中出しのHシーンも、一つ一つのプレイをしっかり描写。背景などの画力も高く、今後ストーリーテリング能力が伸びればかなりの逸材になれそうな予感も。9点。しかし浴衣の下にふんどし、っていつの時代だ…ってそんな時代はたぶんない(笑)。
MOMENTUM(INST)
 初登場。車で「逃げ」続ける男と少女。停車中の車の中で…。キス→69→ぶっかけ→正常位気味挿入→対面座位→騎乗位→正常位→中出し、とHシーンはしっかりと描写されているが、なにぶん想像に委ねられた部分が多すぎる(笑)。そのおかげで読後の余韻にあふれた印象に残る作品にはなっているのだけど。あと現実にはたぶんない道路標識も、この作品があくまでフィクションであることを示しているのだろうね。次回作でどう来るか楽しみな人が現れたかな。8点
汗っかき天使(公双誠二)
 スパッツ少女がすわレイプ…と思ったら単なる驚かし。森の木陰で男と少女が乳繰り合うお話だが、序盤は汗まみれのスパッツ少女をわきから胸にかけて男が舐めしゃぶる濃い展開。その後はキス→絶頂→スパッツの中に手を入れて立ち愛撫→絶頂→全裸にして正常位クンニ→放尿(&飲尿)→正常位挿入→後背位→中出し、と展開。汗に関係したプレイがあるのが序盤だけ、というのはちょっともったいないかな。その分、その後の普通にいいおかずが普通止まりになってしまったか。7点
気がついたら幼女と結婚していた(せいほうけい)
 従妹の幼女を預かった青年。人付き合いが苦手で妄想癖のある青年は、この状況でいきなり「完全に夫婦だーーーっ!」と先走りすぎてしまい…。何も知らない幼女と夫婦関係を築こうと、おなかをさすさすしたり、割れ目をくりくりしたりして絶頂に導き、力が抜けたところで喉奥までふぇらさせ、口内発射とぶっかけでミルクをあげる青年。続いて一気に座位挿入し、幼女の軽さを利用したオナホプレイを経て幼女を快楽堕ちさせ、最後は後背位からの中出しでハッピー?エンド。どう見てもレイプだけど、幼女特有の純真さで和姦に見えるから不思議(おい)。高い実用性もさることながら、冒頭の全く意思の疎通が取れていないコメディシーンもなかなかの出来。9点
給食費 最終話(ゆきのゆきかぜ)
 4年に渡る連載がついに完結!…というか前回は2010年だ(汗)。まずはご苦労様と言いたい。ストーリーがどう決着したかは実際に読んでもらうとして、40頁という大容量を生かして、ストーリーもHシーンもじっくりたっぷりと描写。悲惨な描写があるからこそ、愛情の深さも描写できる、ということを再確認させてくれた一作。理想論だけど、フィクションの中でぐらい理想が勝ってもいいじゃない。時間はかかりすぎたけど、長期連載の締めとしてはこれで文句なし。10点

 中学生組は黒本君とねんど。の2名。特に後者の、オヤジのねちこい腰使いに快楽堕ちしてしまう12歳、という展開はなかなかでありました。

 次号、RINからまた補強があるらしい?
 そして、『Girls for M』の続刊決定ですか。『好色少年』よりは売れたということなのか、単に作品を公募するから早めに公表したのか。内容がコアすぎるとはいえ、『好色少年』は散逸させるには惜しいメンバーだからなぁ…。