まあこのジャンルに興味のある人ならもうとっくに発売日に買ってそうな気もしますが(汗)、スター揃いの『LO』の中でもエース格の佐々原憂樹さんの最新単行本です。
 なお基本的に『LO』掲載作ですが、一部『コミックメガストア』掲載作も収録しています。

 収録作は、仕方なく兄の性欲処理をしているように見せて実はゾッコンらぶな妹をフルカラーで描いた『そのあいず。』、日焼け+エロ水着+ランドセルな少女を「商品」として開発する様をフルカラーで描いた『のうひん。』、兄との密会をこれもフルカラーで描いた『すきなひと。』、ジュニアアイドルな妹にフラストレーションと性欲をぶつけるこれまたフルカラーな『どくせんよく。』、便秘解消に次第に太い物を受け入れていく方言少女の『ちりょう。』、怪我のせいでツンデレな日焼け妹と入浴する事になった青年のほのぼの話『あまのじゃく。』、憧れの少女に近付く為にその子の言う事なら何でもしてしまう『あなたのいちばんになるために』、大好きな兄の為なら何でも受け入れる少女の幸福と痛み『平気なつもり。』、危険すぎるバター猫プレイの代わりに兄がぺろぺろ(もちろん挿入もあり)『ねこじた。』、父に「虐待」された義妹を兄が救う話…と思ったらな『しょうどく。』、お友達同士で調教済みの兄を自慢しあう『お兄ちゃん自慢』、テーラーで出会った双子少女に身体の隅まで採寸される『おてつだい』、母親に隠れて密会する義父と娘の爛れた愛情物語(と衝撃のオチ(笑))『はんこうき?』、ふんどし姪っ子のお尻をひたすら愛する『佐和ちゃんのうそ』、ヒロインが唯一中学生妹な『お試しあれ』(挿入は後ろのみ)、ととにかく大ボリューム。

 女の子の体型はつるぺたナイムネでほぼ統一(年齢の高い『お試しあれ』のみ育ちかけレベル)。また、属性として「日焼け痕」の多さが目立つ反面、ツインテール・眼鏡・ブルマといった要素は皆無です(水着はスクール水着とエロ水着)。

 絵柄自体は若干ラフに寄っているものの、キャラ描写や実用的な構図の面では業界トップクラスの実力の持ち主だけあって、おかずとしては最高水準の完成度を見せています。作品によってトーンワークを濃くしたりベタ中心にしたりと「揺れ」があるので、その辺をどう見るかでちょっと好みが分かれそう(安定感がないように見えるかそうでないか)ですが、問題視するレベルではないと思います。

 今回は読み切り作品オンリーなので、作品傾向は多種多彩。全体的に作品テンポは静かで(以前見られた)ドタバタさは今回はなし(オチをシュールギャグでまとめる傾向はそのまま)。純愛中心なので読みやすい作品集ですが、それでいてダークさ(『しょうどく。』)や、心の痛み(『平気なつもり』)もちゃんと描けていて、ただのおかず作品とは一味も二味も違います。

 単行本としては描き下ろし要素が特にない(各作品のキャラデザインラフを9頁収録。カバー下も表紙と同じ)ため、カラーページを完全収録しているのを差し引いても掲載誌を全部持っている人には購入モチベーションが若干下がってしまいますが(まあ限定版を買う、という手もありますが…(汗))、それでも買う価値は十分。雑誌掲載時に10点評価を連発しているだけでも『とりあえず買っとけ』級の作品集であることは言うまでもないでしょう。

 どっちかと言うとおかず目的の人の方が楽しめるとは思いますが、女の子の可愛さや魅力の面でも満足させてくれる、そんな一冊です。
 あと、少女をお尻で愛したい人はぜひ(笑)。

 個人的には(オススメ作品が多くて絞るの大変ですが)、『そのあいず。』のような妹に愛されたり、『おてつだい』の双子に振り回されたりしたいなぁ、と。