しかしまぁ、今月のたかみちさんはえらく直球ど真ん中な作品を放り込んできましたなぁ(汗)。裏表紙のおおぬまひろしさんの単行本宣伝も併せて、「いつもと違って、どっちの面を向けてもレジに持って行きにくい!」と焦った人も多いでしょうね(笑)。

夏のおわりのビーズ玉(おおぬまひろし)
 巻頭カラー。塾の先生とらぶらぶ関係の少女が、先生のしている眼鏡に興味を…。カラー4+モノクロ10頁の終始一貫いちゃらぶ展開を楽しめるお話。カラー部では騎乗位素股→お口に発射、モノクロ部では眼鏡着用で後背位クンニ→後背位挿入→対面座位中出し。ページ数の関係であっさり味なのは否めないが、必要十分な実用性は確保。8点止まりではあるものの、眼鏡属性の人なら…え、普段からかけてなきゃ認めない?(汗)
ちんことおはなし(上田裕)
 気になる少女を部屋に連れ込んでみたら…?(汗) おとなしそうに見えた少女が積極的にふぇら→手コキ。そして少女が本性(?)を現し、腹話術の人形と2人(?)がかりで男のリリアーヌちゃんを攻め立て(笑)。前立腺攻め+手コキ→くぱぁ→挿入→中出しと展開するが、この話の真価は「少女がにこやかに男を『お人形』に変えていく」様。じらし攻めものではあるけど、腹話術を見事にプレイに盛り込んだアイデアは◎。少女が気持ちよがったりはしないなど人は選ぶ作品だろうけど、基礎9点+少女に見下されたい属性なら1点ということで。
ちりょう。(佐々原憂樹)
 お通じが悪いが野菜嫌いの方言妹。仕方なく採った最終手段は…。兄にお尻を指で広げてもらったのが効果覿面だったが、最初は痛いだけだったのが感じるようになり、パールで拡張され、最後は兄の太い肉棒で…。1年間かけた拡張記録を季節感を盛り込みつつ描写。強気だけど快楽には逆らえない心理描写もふんだんに描き、ついでに兄に思いっきり騙されているけど幸せそうだからいいかぁ、という気分にまでさせられる(笑)。お尻だけではなくくぱぁも完備するなど実用面は隙なし。10点。ちかっぱ!
幼女と温泉へいこう!(MOLOKONOMI)
 親の命令で知らないおじさんに温泉旅館に連れてこられた少女(おい)。脱衣所でクンニされ、男湯で老人に視姦されながらソープ愛撫→絶頂放尿。最後は湯船でお尻に座位挿入→老人が「通報されたくなかったらわしもまぜろ!」(おい)→お口とお尻に発射→二本挿し→同時中出し、と展開してバカオチへ(汗)。陵辱ものではあるけど老人のおかげでコメディ色が強くなったのは評価が分かれるかも? 7点
まいにちいっぱい(完顔阿骨打)
 大好きな先生に誘惑を繰り返す少女。実は先生も少女に(性的な意味で)熱視線を送っていたことをひたすら隠していたのだが、少女にあっけなく見破られていたことがわかり、心置きなく階段でらぶらぶ。ふぇら→口内発射→くぱぁ→正常位挿入→中出し→後背位→中出し。らぶらぶやりまくり話以上でも以下でもない水準にとどまってしまってる感あり。クライマックスへの盛り上げにもやや欠け、淡々とした印象。悪くはないんだけど7点止まりか。
なつきちゃんオーヴァドライブ(mogg)
 ぐーたらな青年の家に入り浸る姪っ子。パンツ一枚で寝ている青年にふざけて電気アンマを食らわせたら大きくなって…。足踏み→足コキ→発射を経て、膝の裏コキ→ぱんつ素股→後背騎乗挿入→後背位中出しと展開。徹底的にコキ描写に徹した前半に比べると、最後は普通に終わってしまった感じは否めず。もう少しふぇち心をくすぐるフィニッシュか、純愛路線なら普通であっても迫力を持たせてほしかった。6点
Milkey Magicるるか+ 初級編(ほかまみつり)
 同人ショップの前で突然挙動不審な巨乳眼鏡っ子に声をかけられた青年。大好きな魔法少女アニメの18禁本を発見して、感激のあまり絶頂してしまった少女(汗)を介抱するためトイレに連れて行くが…。コートの下はその魔法少女のコスプレだった発情少女と、同人誌のなりきりプレイ。パイズリ→ぶっかけ→クンニ→対面座位→中出し→パイズリ回復→後背位挿入→座位中出しと展開。ご都合にもほどがある上に、少女の「痛い」テンションについていけるかが鍵。それでいてちゃっかり「犯罪」感を煽ってくる少女の魔性ぶりにも注目。実用面は文句ないが、さすがに今回は人を選びそうなので8点
So much trouble in the world(浦井民)
 叔母の車で送り迎えされる少女。いつも睡眠薬を飲まされ…。男に車内で陵辱される様を「別の未来」として少女が現実逃避する真っ黒はお話。睡眠薬ものは動きが乏しくなるので淡々となりがちだが、少ないページ数を逆に利用してテンポ良く仕上げた。少女が一切痛がってないのに「痛々しい」のが◎。9点
ろりるれろ(姫野蜜柑)
 甘酒で悪酔いしてしまった少女。こたつの上で下着で寝てしまったその姿についイタズラを…。下着を脱がせてクンニしていたら、絶頂したところでお目覚め。しかし間髪いれず肉棒咥えさせ→発射→ベッドで正常位挿入→側位→後背位→座位中出し。中盤以降、顔の崩し方が足りずに「いかにも酔ってます!」感が欠け、読む方が少々混乱させられたのが気になるところ。そこさえしっかりしていれば、もう少し評価できたのだけど。6点
因果鉄道のロリ(あわじひめじ)
 ストレス発散に電車内で男たちを弄んでいる少女。しかし、男たちの報復に遭い…。複数人で絶頂させられたあと、開店前の痴漢イメクラ店に連れ込まれて吊り革拘束プレイへ。集団にいじくられ→バイブ責め→駅弁挿入→二本挿し→ネット公開(携帯電話でモザイクかけられるんだ…)→同時中出し→公開された画像でさらに参加者増→エンドレス、といういつも通りの陵辱展開。フィニッシュが小さくなってしまったので、クライマックスが真ん中にある感があるのが残念。7点…としようとしたけど、
因果鉄道のロリ レイプの続き(あわじひめじ)
 …即続編(汗)。事件後通学路線を変えても襲い来る魔の手。今度は本当に電車内プレイ。後背位中出し→正常位孕ませ中出し→二本挿し中出しで快楽堕ち完結。ここまでやられたらぐうの音も出ませんわ(汗)。9点。まあ男のフィニッシュのセリフがギャグっぽいのは…まいっか。
美墨ちゃんのオトナ教室(前島龍)
 大好きな先生と釣り合う「大人」になるため、ネット掲示板のアドバイスでローターで自慰する少女(汗)。さらには、掲示板で知り合った青年に実技試験まで…。騙されまくりの眼鏡っ子が、習ったばかりの淫語を言わされながら、ふぇら→ぶっかけ→クンニ→くぱぁ→正常位挿入→中出し→お尻くぱぁでおねだり→後背位挿入→前にローター挿入→絶頂中出し。言わされていた単語を徐々に自分のものとして堕ちていく様がなかなか。眼鏡ぶっかけもきっちり用意し、実用性も問題なし。9点
巫女島最終日(バー・ぴぃちぴっと)
 シリーズ完結。かたくなに行為を拒み続けていた少女の真意。それは、少女の姉から知らされたこの島の「真実」を確かめること。そしてその代償として少女は男にその身を…。男に「黙っていただけ」と免罪符を与えつつ、巧みにその身体で男を篭絡する少女。愛も快楽もなく、「ただの少女としている」というこの島ではありえない背徳感が男を突き動かす。今回は真相が全て明らかになる話なので、実用面がやや犠牲になったが、打算から生まれた愛が幸福に導く怒涛のラストは圧巻。このシリーズで格段に成長したこの人の今後が楽しみな完結編であった。今回は評価外とするけど、かなり高水準な締め方。

 (数少ない)中学生ものでは、今回はスミヤさんの『オハナシ』がぶっちぎりの完成度。先生と生徒の秘密の関係をハートウォーミングかつえろえろに描いた良作品。少女の発育も悪いし(爆)、もう少し若ければ10点つけてたなぁ。少女が書いたお話がどっかで聞いたような感じっぽいのは気にしない(汗)。

 LO公式の抱き枕カバーシリーズ第2弾(前に言った佐々原憂樹さんのは他社のだったみたい。スミマセン)が、いかがわ四郎さん描く『園じぇる』マスコットキャラ! サイズが100×40cmだから、お値段も8500円とお求めやすい価格に(笑)。
 しかし、記入例に当然のように「2枚」と書いてあるのは…保存用も買えと?(汗)

 次号は、あかざわRED電撃参戦!? 完顔阿骨打、朝木貴行、そりむらようじ、オオカミうお、鬼束直、EB110SS等々の名前もあり、『予告通りなら』凄い号になりそう(苦笑)。もちろん信じられるのは上田裕とバー・ぴぃちぴっとだけ(笑)。
 ところで杉浦次郎さんの名前が何か妙なことになってますが〜?