雑誌購入は回避しているジー・ウォーク系列の『PLUM』や『MOMOPAN』に掲載された作品を収めた3冊目の単行本。
 実を言うと、2冊目の単行本が出た後あたりから、急速に「これはいいかもしれない」と評価を上げていた方なので、発売を楽しみにしておりました。

 ということで、雑誌自体は買ってないので、通常レビュー形式で収録作を紹介します。

大パパ>小先生
 いつも朝からお尻の穴でパパとらぶらぶしている園児。中出しされた精液をお尻に溜めて園に行ったら…。園児のお尻から垂れる精液のエロさに魅了された保育士の青年が、肉棒の「小ささ」を園児に見初められて(喜んでいいのか…)、対面座位挿入+お尻いじりで楽しむ話。無邪気に青年を誘ったり笑顔で脅したりと、園児の天然ビッチっぷりを存分に堪能できる良作。フィニッシュのコマで大事な部分がちょっと綴じ部分方向に押しやられて窮屈なのが残念かなぁ。8点
ナオちゃんは小さい子
 異常に発育が悪くてお悩みな少女。方や異常に発育のいいお友達に相談したところ…。爆乳子をここまで育てたお兄さん(妹が育ってしまって残念がっている(笑))が、どストライクゾーンの少女のために一肌も二肌も脱ぐ話。爆乳子の指導でWふぇら→イラマチオ→ぶっかけ→いきなり挿入→色々体位変更→座位中出し、と展開する快楽堕ちもの。これで子宮描写さえなければ10点級だったなぁ、と惜しまれる逸品。個人的には無念。8点
せんせいとみずぎ
 女の子にモテモテの水泳の先生。その中でなぜかスリングショットの水着を着てきた子がいて…。実はその子と陰で交際中で、水着も先生がプレゼントしたものだった2人が、理科室で(?)こっそりらぶらぶ。キス→胸揉み→愛撫→絶頂→対面座位挿入→正常位気味に中出し、と展開。まあやるだけ漫画だけど、日焼け(ただしコントラストは薄め)+スリングショット水着のエロさを堪能するには十分か。9点。ただ、オチをつけるのに3頁は多すぎたと思う。できれば1頁で。
ゆけ!幼女自警団
 1コマ目でいきなり3人の少女に捕縛された男。少女たちはロリコンを去勢するため、ありとあらゆる手段を…。ぱんつ見せで陽性と判定され(笑)、股間踏み→ふぇら+ぱんつ越し顔面騎乗→Wふぇら→発射→騎乗位挿入→中出し。少女たちに絞られたい!という願望のある人にはいいかも(笑) リーダーの強面少女が若干快楽に流されかかったのも萌えポイント。序盤の説明抜きに突っ走ったのは評価分かれそうだけど、これはこれで変に勢いが出たかな。8点
ぼくのあかちゃん
 最近太り気味のお姉ちゃん。その真の理由は…弟が夜な夜な中出ししていたから。気づかぬうちに妊娠させられていたつるぺたぼて腹姉が、弟になすがままにされる話。昨晩中出しされた精液を指で掻き出されて口へ運ばれ→正常位挿入→側位→後背位中出し。自分の知らぬうちに快楽堕ちしていた、というところがポイントか。妊婦属性はもちろん必要だが、使い勝手は良好なので9点
ひみつこうえん
 公園の男子トイレで、ちいさなお口に男の大きな肉棒を咥え込む園児。やがてパパがお迎えにやってきて…。幼女がとにかく明るいため、陰惨さはゼロ。いつも遊ぶ砂場でおしっこ→対面座位挿入→後背位中出し。フィニッシュが右頁なのは展開上しょうがないとして、最後のコマは笑って取り繕うよりは、淫蕩な笑顔が欲しかったかも。園児にそれが似合うか、という論議はさておいても(汗)。8点
大運動会
 妹の運動会を見に来たら、妹によって物陰に連れ込まれて…。何の脈絡もなくお友達2人も含めていきなりHを迫られ、押し倒される青年。ブルマ騎乗素股→ブルマ顔面騎乗+妹騎乗位挿入→中出し、とそれだけの話。使い勝手は良好だしエロいんだけど、やはり使われなかった要素の多さがもったいないなぁ、と。7点
みてぺーじ
 男子のスカートめくりをやめさせるため、(お菓子をくれる代わりに)自らぱんつを見せることになった少女。当初はちやほやされていい気分だったものの、次第に男子に飽きられて…。高額なお菓子の代わりにぱんつの中を見せると約束した少女が、男子たちの前でご開帳。露出の快感に目覚めつつあった少女に、男子たちの欲望の手が伸びて、集団あそこいじり→むりやり挿入→中出し→代わる代わる中出し、で快楽堕ちエンド。少女が委員長だったらなぁ、としょうもないことを思いつつも、おかずとしては上々の出来。9点
すくにん
 赤ちゃんを作る宿題ができてない転校生(汗)。仕方ないので先生3人がかりで補習。保健室でスクール水着+縞ニーソな少女を、愛撫絶頂→強引挿入…で8ヶ月経過して、すっかり学校に慣れた少女が大きなお腹で先生たちを咥えまくり。集団発射+アヘ顔のエロい構図はかなりのものだが、さすがに世界観の説明ゼロでこの展開を受け入れろ、というのは無理があるような(汗)。勢いで突き進む展開、というのはこの人の特徴だけど、さすがに裏目かなぁ。エロさと差し引くと7点。もちろん妊婦属性は必要。
おさんぽ登校
 春休みに兄にエロ調教された少女が、新学期の登校中に嫌々ながら屋外デビュー(汗)。既にびしょびしょのローレグぱんつをいじられ、対面立位挿入+お尻のバイブいじり→バイブを抜かれて絶頂→がばがばのお尻に立位挿入→前にバイブ→お友達登場で取り繕うも、兄がバイブを子宮貫通させて絶頂→お友達の前で緩みきったあそこを全開にされてバイブひり出し中出し絶頂、というほのぼの?鬼畜展開。拡張好きにはいいかもしれないけど、個人的にはお友達をもう少し「煽り立てる」小道具として活用して欲しかったかな。7点

 全体的な傾向としては、「ぷに系つるぺた幼女(1人例外がいるけどメインではないし、胸が大きくても妊娠して張った程度)」「説明すっ飛ばしてとにかくH」「(体格差があるので)拡張」「快楽堕ちするか、既に淫乱」といったところでしょうか。
 ストーリー面で説明不足のところが多々あるので、とにかくおかず向けの作品集ですね(その辺で点数低めになった話もありますが、おかずとしては皆8点級以上)。説明不足なのは話に奇妙な勢いがつくので、それは魅力ともいえるのですが、特に特殊環境もの(『すくにん』のような異常世界設定)では裏目に出ているように思います。話をうまく急発進させるテクニックを身につけると、かなりの逸材になれるかと。

 評価としては、表紙と見て「おいしそう…」(爆)と思ったら買い、でいいでしょう(笑)。レベルアップを繰り返して、おかずとしてはかなりの域に到達してますし、今となってはかなり貴重な幼女/園児ジャンルの中ではトップクラスの出来かと(まあ比較対象がいないのですが…)。