今月はあ〜る・こがが不在…と思ったらいる!
 先月マークしておいたネムネムが不在なので…まあ詮索はよそう(汗)。

がまんできない!(てつ)
 巻頭フルカラー4頁。ランドセルを置く間もなくいきなり妹とらぶらぶする兄。1頁目からクンニして2頁目で挿入して4頁目で中出し、とまあそれだけの話。いつも通りの幼女体型なので、属性の人は…まあ短いのでちょっと厳しいか(汗)。7点
花篭(水島空彦)
 優等生の少女は、実は裏では先生に弱みを握られて奴隷状態。今日も先生の命ずるまま、ふぇら→バイブ絶頂→挿入→中出し。やるだけ漫画に徹したのか、ドラマが盛り上がりそうで盛り上げにかからなかったのがもったいないかな。少女の孤独が隷属を望む、という構造は話としてはおいしいだけに…。7点
鞄セックスのすすめ。(あ〜る・こが)
 人には言えぬ密会のために、教え子の少女を鞄の中に入れて移動する教師。しかし、少女に嫌われまいとするプレッシャーで勃起が弱くなり…。前半はクンニ→挿入→中折れ→電気按摩絶頂、後半は何と授業中の教室の教卓の中に鞄で忍び込んだ少女が、全裸でふぇら→後背位挿入→中出し、と破滅すれすれのプレイを強行! 全般的にらぶらぶムードながら、後半の少女の暴挙には「女って怖ええ…」としか(笑)。しかし、セックスのうまさで自分の女をつなぎとめよう、という発想は少女相手には元々成立するのか微妙だが…まいっか。9点。ところで、前半部はおそらく3月の話だと思うんだけど、「冬休み」って言ってるんだよなぁ…(笑)。12月の話だったのかしらん?

 みたらし候成は、女性不審に陥った兄を妹が慰める話。もちろん兄のために縞ぱん装備だ(笑)。すぐ脱ぐけど。
 水上蘭丸は、あの『パパのAカップ』の続編。まあパパのキャラの立ち具合を除けば、実に普通の話に収まってしまった感が(汗)。

 で、次号こそあ〜る・こが非掲載号=神寺千寿掲載号。たまちゆき、水島空彦、ネムネム、水上蘭丸が期待株か。