あ〜る・こが買いだったはずのこの雑誌が、いつの間にやら水上蘭丸買いと化しているこの事実(汗)。
 ということで、今月の水上蘭丸がかなりいっちゃってる作品を描いてたので買いました(爆)。

エッチな資料でお勉強(あ〜る・こが)
 「進学で別れ別れになるから最後の思い出に」ものと「私のあそこ変じゃない?」ものを合体させるとこうなる、という話(笑)。冒頭部分の展開は新鮮すぎるが(イラストでお互いの体を図解する展開なんか見たことねぇ!(笑))、服を脱いで以後の展開は極めてオーソドックス。クンニ→絶頂→正常位挿入→中出しとテンポよく進むが、パワフルなHシーン描写に反して話の密度の面ではやるだけ以上ではないため、ドラマとか萌えとか笑いとか抜きでおかずに徹したい人に。8点
幽幻またぐ春の空(水越吹雪)
 部屋の住人を呪い殺そうとした幽霊少女。しかし重度のドジで失敗。結局なんだかんだでHになだれ込む…までになんと12頁! 残り8頁でくぱぁして正常位挿入して小さいコマで中出し、とコメディとしては展開がスローすぎ(しかも突然料理を作り出す急展開も)、エロ漫画としては使いどころに欠け、オチもそんなに締まってない、といいところが特に見当たらない(爆)。おそらく年齢高いんだろうから無視して良かったけど、あえてレビュー。4点
妹のしつけ方(3)(ひんでんブルグ)
 集団レイプ願望のあった妹が、念願叶って鬼畜兄の前で輪姦→淫乱覚醒→妊娠→中出し出産、と期待通りの展開をする話(笑)。内容はともかく描写はパワフルなのでおかずに…といきたいところだけど、話の起伏にやや欠けるきらいが。クライマックスの来ないまま終わってしまってるような…。6点

 まあ次号も水上蘭丸次第で買うかと(爆)。