随分と久しぶりな上に随分と購入が遅れてしまいましたが、一時期の「あ〜る・こが買い」状態から脱してようやくレビューする気になれるような体制になったようだったので購入してみました。
 ただ、この補強の仕方は結果として過去の路線への回帰に見えなくもなく、結局リニューアル自体を否定しかねない事態になっているのはご愛嬌(汗)。

#しかし、18人中『初登場が7人』というのは、事実上のリニューアルではないのか?(笑) 1人が代原とはいえ。


夏の思いで(水島空彦)
 初登場。海辺でスク水妹とらぶらぶもの。せっかくの海だというのにお兄ちゃんのせいで到着が夕方になってしまい、おかんむりの妹。でも素直に謝られて抱かれたら全て許す妹(笑)。妙に伸縮率があるというかびろびろになってるんじゃないかというぐらいにスク水半脱ぎ状態で、キス→正常位挿入→後背位→側位→正常位中出し。12頁とはいえちょっとストーリー密度が薄すぎたかな。元々あっさり描写でストーリー性の光る人だっただけに。6点
お祭りだよお兄ちゃん!(深紫'72)
 初登場(このジャンル描くのも久しぶりっぽい?)。テキ屋?のお兄ちゃんとらぶらぶな少女が、遅れてやってきたお兄ちゃんと木陰で浴衣半脱ぎらぶらぶプレイ。展開自体は1個上と同じ(爆)。浴衣の胸元に手を差し込んで胸揉み→たくし上げ→愛撫→ふぇら→木に手をついてお尻を突き出し→背後からクンニ→背後から挿入→背後から立位中出し。やるだけ漫画とはいえ手馴れているのはさすがベテランの味。8点
とまった時間(あ〜る・こが)
 公園で落ち込む中年男性の所にやって来たのは、リュック+ブルマ少女2人。「げんきづけてあげるから」と当然のようにブルマを脱ぎだし…(ああなんてこった!(汗))。Wふぇら→2人に同時指挿入で絶頂競争→上下に重なってWくぱぁ→上の子に挿入中出し→もう1人に対面座位挿入→リュックをもう一度背負わせて木に引っ掛けて宙吊り(笑)→アヌスクンニ→背後からお尻に挿入中出し。白昼夢ものと見せかけて現実オチだったわけだけど、そのすっきりしなささ自体は狙い通りなのだろう(そこは評価分かれそうだけど)。しかしランドセルではなくあえてリュックを選んだのは面白い。ブルマランドセルは確かに桃源郷だけど、リアリティの面では一歩譲るしね(え、ブルマはリアルでしょう!?(爆))。8点
ママとの闘い(紫色雁行)
 勉強嫌いの少女と、少女好きの家庭教師の利害が一致し、今日も今日とてママに隠れて保健の勉強(笑)。ふぇら→バックから挿入→正常位座位後背位正常位中出し→初めてのお尻挿入→後背位→正常位絶頂放尿中出しと展開。やるだけに特化したものの、いつもよりキャラを幼めに描写して破壊力は十分。淫乱少女属性は必要だが、おかずとしては十分な出来。9点
おとこんな(前田かずきち)
 佳作受賞作、というか秋月たかひろの代原(汗)。いじめられっ子の少年にいつも助太刀に入る活発な剣道少女。苦情処理に困り果てた先生に罰として手錠で拘束されるが(?)、少女のちょっとした一言に切れてレイプ(汗)。エロ漫画以外ではありえない(エロ漫画でもなかなかない?)陵辱導入に、妙に熱血なサブストーリー、と投稿作にして独自の世界を展開。展開を詰め込んだ割に構図自体は悪くはなく、今後は、画力の向上は言うまでもないが、ハートフルな方向性を目指せば意外と伸びるかもしれない。ご祝儀込みの7点

 次号は神寺千寿登場号…うーん、あ〜る・こがと別になったのは痛い…。買うかはたまちゆきと紫色雁行、そして水上蘭丸次第かなぁ。最近の水上蘭丸は色々な意味で目が離せないので。