2007年最大の赤丸急上昇株である無道叡智の、茜新社では初の単行本(1冊目はキルタイムから)。コミックRIN掲載作を10本収録(うち2本が年齢オーバー、1本が見た目だけ対象内)。

 何と言っても、実用面とツンデレにおける突き抜けっぷりが素晴らしいです。アニメアニメした絵柄は好き嫌いあるでしょうけど、とにかく構図がいちいちエロい。また、陵辱オンリーだった「キルタイムの枷」がなくなったおかげでのびのびと描けているのが伝わってきます。
 またツンデレに関しても、「傍若無人だがベッドの上では弱気」「サディストだけど強引にされると弱い」「強がってはいるけど本当は純情」「天真爛漫だが実はサディスト」とバリエーション豊か(いや最後の方はツンデレじゃないよな…(汗))。あの手この手で「萌え死なす気か!」と言わんばかりのキャラ作りを見せてくれます。

 ただ、意図的に絵柄を変えた1本はともかく、メインの悪魔嬢シリーズの中でも絵柄の変遷なのか疲れなのかはっきりしないほどに絵が変わってる面があるので、まだまだ過渡期の人なのかな、という印象も。いや過渡期でこのレベルなら相当な大器ですが。絵柄がいい方向で安定すれば猫玄を脅かす存在になる…かも?

 収録作品は、悪魔嬢シリーズの『悪魔嬢べりる』『悪魔嬢べりる2』『悪魔嬢伝説べる』『悪魔嬢伝説X』『悪魔嬢べりる−月下の夜想曲−』と、和風ファンタジー『狐の嫁入り』、天才博士が薬品実験の失敗で子供になってしまった『医薬部外品 非大人系』、騙されやすい妹が魔法少女のコスプレでお兄ちゃんを救うべく奮闘する『純真乙女イノセント☆リリ』(掲載時レビューでタイトルが違ってるのは私のせいじゃないです(汗))。雑誌掲載時に思わず10点9点連発してしまった恐るべき作品群です。

 もはやこの本の購入を阻むのは「絵柄の好み」のみ。買い推奨。とにかく買い推奨。おそらく今年のベストを争う一冊になることうけあい。描き下ろしが作品解説とカバー下ぐらいしかないですが、掲載誌全部持ってる私が買って損してないと思ってるぐらいなので。
 えーっ、星5つしか付けられないの!?(笑)