心交社の10月新刊の表紙写真がいつの間にやらアップ。
 被写体自体は「ふーん、さんま先生に出てたのねー」程度の興味しかわかなかったのですが、裏表紙の拡大画像をクリックしてみたら…、

  ゴシゴシ。
  ゴシゴシ。

 す、すいません、何やら浮き輪に乗って大股をおっぴろげているように見えるのは目の錯覚ですか?
 というか、これ本当に荒木秀明撮影? 昔の無難路線からは想像もできないほどツッコミの入れがいのある作りになっちゃってますが(笑)。

 やはり、これぐらいしないと今は売れないんですかねぇ…? いや、そりゃ買い手としては嬉しいですが(爆)、被写体となる子は大変だこと…。

しおりのてーま 丹羽紫央里写真集(心交社)