隔日更新(休み多数)でやってたんですが、『先生だ〜いすき2』の体験版が出たとあらばさっそくやらねば!、ということで緊急更新です。え、『宵待姫』の体験版? えーっと、その〜…(^^;(『魔法とHのカンケイ。』の体験版もアップされてるなぁ…これもやらなきゃ)

 まず驚いたのが、体験版にありがちな「冒頭部分+Hシーンいくつか」だけでなく、わざわざ体験版専用のテキストをボイス付きで流すことです。まあ、今では珍しいことではないとはいえ、かなり気合を入れてることがよくわかります。

 前作同様、前半は女の子と仲良くなるストーリー、後半はHシーン連発という構成になっているようです。見た感じでは、双子に個別ルートはなさそうな…?(そりゃ2人まとめての方が嬉しいですが(爆))。なお、前半で「先生」だった呼称が、後半では「おにぃちゃん(愛のみ「パパ」)」に変わってくれるのは、女の子と親密になったことを強調してていい感じです(「先生」派の人には残念でしょうが…(^^;)。

 テキストの禁則処理は、Wordで言うならレベル1(促音や感嘆符は文頭に来ます)。誤植は特になかったと思います。
 立ち絵の表情パターンも十分な量。ただ、無愛想キャラの愛に無表情の絵がなくて、標準が「微笑み」になっているのはちょっとマイナスですね。そういう表情を仲良くなってから見せてくれるのが、無愛想キャラのキモなのに…(^^;

 システム面では、必要最低限レベルのものは完備し、不満は特にありません。強いて言えば、セーブロードをコンフィグ画面に行かないとできないことぐらいですね(クイックセーブロードはメイン画面から可能)。
 動作速度ですが、Edenでも快適に動作しています(立ちキャラの表情変更のエフェクトが重いような気がしますが、これは仕様かな)。前作と同じく分岐表もあるので、シーン回収で活躍してくれることでしょう。起動するといきなりフルスクリーンにするかどうかダイヤログが出るのを、親切と見るかお節介と見るかは好き好きで(笑)。

 Hシーンですが、尺は十分でしょう。差分が若干少なめのような気もしますが、汁だくですし、絵の質の面では不満はなし。ただし、放尿・飲尿が苦手な人は注意した方がいいと思われます(爆)。あと、体験版の2つ目の選択肢で誰のHシーンを体験できるかが決定されるので、2つ見たからって安心してはいけませんよ(笑)。
 シーンは6つしか見てませんが、前作と同様に今回も挿入よりもお口や手コキ足コキ(爆)に多くシーン数を割いていると思われます(足コキ要員はアリスだと思ってたけど、愛の方だったか…(^^;)。

 ということで、期待通りの良作に仕上がっている…ことを期待します(^^; 今回は冒頭で「女の子たちはヘビーな背景を背負ってますよ」と明示しているので、それが刺身のツマ程度に終わるのか、はたまたやりすぎて作品の雰囲気を壊すかのバランス取りができているかが、名作殿堂入りの鍵となると思われます。キャッチコピーの『本気の恋愛』の本気度数もポイントになるでしょう。Hシーンの中にも、愛情と道徳の狭間の葛藤が書かれてましたので、クライマックスに向けての盛り上げにうまく使えるかどうか。あとは推測の範囲ですが、充実したハーレムルートの存在ですね(爆)。わざわざ分岐表に枠が(おそらく)用意されているんだから、1シーンだけでおしまい、とかないように願います。これで数多のソフトが評価を落としてるんですから…。

 しかし、「奨学生試験に合格」なんて書かなくてもいいと思うんだけどなぁ…。ちょっとしたことで萎えちゃうって、こういうことなんだよねぇ…。


 レビューに、ピー音がでかいを書き忘れました…(涙)。
 アップを急ぎすぎた…。とほほ。