ぷてぃ・あんじぇ Webloli

Attention! Vous enteres sur un site pour adultes.

コミックメガストア 9月号4

 今月は(年齢的に)期待薄だったはずなのに…!

おぼえはじめはエスカレート(Low)
 性に興味津々な男子女子が2対2でやりまくり。生理ある上に毛なんか生えてるからそんなビッチになるんだよ!(おい)と言いたくなるほどの淫乱少女たちに、がっつきまくりの少年たちが勢いに任せて腰を振る。搾精手コキにスワッピングに歯茎舐めにと、少々ディープめのプレイもあり。まあ少年側が「同級の女が生えまくってるとかマジコーフンする」とか「ワキ毛生えてるとこ舐めさせて」とか「同級生がもう子供生めるとか超コーフンする!」とか、少々性癖が理解できない(笑)面もあり、評価は対象外ということで。そういうギャップがくる、という人に。あそこもビラビラだしね(爆)。
わかむらさきの(佐伯)
 ギャル系ファッション好みの彼女が、突如歳相応の格好に。あまりの愛らしさに手を出したくなるものの、少女は(今まではOKだったのに)断固拒否。その理由とは…。彼氏の幼女趣味を知っているがゆえに、毛が生えてくることを拒み、それに繋がる行動(Hすると濃くなると吹きこまれていた)を避けていたことがわかり、「毛、生えたから嫌いになるとか、そんな半端な理由で手出すかよ。ロリコンなめんなよ」とシリアスに決める彼氏。Hシーンは(真相が明らかになる前にパイパンクンニ→絶頂、があった上で)座位素股じらしで少女を攻め、おねだりさせてからそのまま挿入→お豆いじり→後背位→正常位告白→中出し。この年代の少女相手だからこそ避けて通れない「成長」を、純愛ドラマに見事に仕上げた。特に「成長したからこそ性交を快感として捉えられる」ことに気づくシーンを経ての愛の告白、という流れは秀逸。また、基本はツンな少女が恥辱攻めでぼそぼそと恥ずかしそうにおねだりしたり、真っ直ぐな告白に顔を赤らめたりと、表情描写も実に◎。使い勝手も文句なく、大満足の10点評価。毛は生えてきたけど生理はまだだしね(爆)。
SWING IT!(デェタ)
 奨励賞デビュー作。男より男前になってしまった幼馴染みの少女に、やはり「女」を意識してしまってどぎまぎする少年。平然と半裸で歩き回る姿に抑えが効かなくなって…。少女を拘束して胸を舐め回し、全部脱がして恥辱を与え、クンニで女であることを見せつけ、そして挿入→グラインド→中出し、と一気に進んで…ラストシーンへ。少年側の心理描写に特化したのは正解とはいえ、その分話の密度が薄めになったのも否めず。表情だけでドラマを語らせるのは高度なテクニックがいるから仕方ないか。構図や実用性についてはさすがコアで賞をもらえるだけあって、なかなかの力量は見せていると思う。まだまだ荒削りではあるけど、今後に期待を込めて8点

 いとうえいさんは、今回も食ザーに挑戦。加えてほぼ全編に渡って「包帯目隠しお姉さん」という非常にフェティッシュなシチュエーションも付加。こ、これはいい意味でディープだわ…(汗)。
 鶴田文学さんは、水着を忘れた少女(生理前)がボディペイントで危機を脱しようとする、というおばかシチュエーションに、主役も脇役も変人揃い、というカオス空間。
 bbsaconさんは実力発揮の寝取られもの。冒頭で「いきなりハッピーエンド」に見せかけて、ページ数をかけて様子がおかしくなっていく様をじわじわと描写。さらに、女が単に完堕ちしただけではない描写も加味して、より残酷に、というか主人公のへたれっぷりをさらに増させる演出もにくい。

 次号は新貝田鉄也郎が登場。EB110SS、藤坂リリックがメガミルクから移籍。そしてえびふらいも!

コミックLO 8月号5

 やや遅くなりましたが、ようやく手に入りました。しかし何で売ってなかったんだろ…。発売日間違えたつもりはなかったんだけど。

天使のいる学園(いさわのーり)
 巻頭フルカラー8頁。理事長と無邪気な少女3人がいちゃいちゃお遊び。柔らかな穴をくにくにぷにぷにしたり、お尻で遊んだり。中出しが最終頁かつ構図の関係で若干使いにくさはあるものの、低学年ならではのぷにぷに感と無邪気さを存分に楽しめる一品。7点
みなものないしょ(みさお。)
 ジュニアアイドルのDVDの隠しチャプターには…? 序盤は「過激な」合法VTRの体裁をとっていたが、中盤以降はスク水日焼け+白紐ビキニのアイドル少女(中学生の彼氏持ち)とカメラマンがハメ撮りというか撮影すらせずにHへ。素股?正常位→騎乗位→対面座位→正常位→中出しで、不倫Hに酔いしれるアイドル少女を描写。どこまでがDVDの収録内容か判断がつきづらいのが難ではあるが、使い勝手は良好なので、お気に入りのアイドルが処女でなかった屈辱に打ち震える感覚を味わうも良し、裏の痴態に興奮するも良し。9点。しかしこの作品、新刊の表紙はゲットしているもののこの作品自体は収録されていないっぽいけど…?
わるい子(上田裕)
 訳あって新築物件でおもらししてしまっていた少女を発見した不動産屋の青年。雰囲気が「万引き少女AV」っぽくなってしまったので、その雰囲気に流されて…(おい)。AV通りのよくあるセリフで少女を口封じし、ふぇら→イラマチオで文字通り口封じ(ただしやりすぎて中断)。しかし青年自身はラブラブ和姦もの専門なので(笑)、ここで何とか軌道修正のために少女を気持よくさせようと、あそこいじり→クンニするも少女は心を開かず(そりゃそうだ)、最終手段で快楽堕ちさせようとベッドに押し倒して正常位挿入→対面座位→中出し。無理矢理以上レイプ未満の全く心の通っていないすれ違いっぷりがコメディとして面白い上に、使い勝手も上々。少女の方も青年を嫌いつつも感じてくれてはいるので、少女が泣き叫ぶのが苦手な人でも安心できるかと。8点
うちの妹(さらだ)
 オタク一家に生まれたばかりに立派な登校拒否児になった妹。今日もせっせとBLの薄い本を作っていたが、股間描写に納得がいかず兄にモデルを頼む代わりに…。まず回想シーンでヌード撮影ごっこがエスカレートしての処女喪失&物で釣ればやらせてくれるようになるまでを描写。中盤以降は、わき見せ+がに股ポーズや立ちくぱぁ、ベランダに向けての兄の発射を経て、ふぇら→騎乗位→中出し→抜き取り、と展開。いつものヤリマンビッチ路線を継承しつつ、少女に引きこもり属性を付加して「相手が不特定多数ではない」という変化球を投げ込んできた。挿入以後の話の流れに勢いがないのでおかずにはやや向かないが、卑猥なポーズを平然とやってのける少女のアバズレっぷりはなかなかのもの(汗)。7点
なかよくしてね、お兄ちゃん Bパート(源五郎)
 兄同士が鉢合わせして修羅場となるも、泣く子と妹には勝てず(予想通り)3Pで解決へ。ただしお互いの守備範囲を入れ替えての挿入となり、お尻専門だった大兄が前に挿入して中出し→二本しゃぶり→同時口内発射→手で受けつつ頑張ってごっくん→小兄がお尻に挿入→中出し→そのまま前後挿入→中出し、でハッピーエンド。ところどころに挿入された熱いんだかよくわからない兄たちのセリフがバカエロの雰囲気を醸し出しつつ、妹の博愛天使っぷりが心も股間も温めてくれる。使い勝手は上出来で、持つべきはこういう妹と再確認させてくれる一作(笑)。9点
Sunlight girl(冬野みかん)
 犬耳少女が(犬顔親父も)普通にいる世界。親同士が勝手に結んだ主従契約で、小学生の犬耳少女を「飼う」ことになった青年だが、少女に年に一度やってくる発情期をどうしのぐかで頭が痛く…。1年前から「おあずけ」され続けて苦しむ心を訴える犬耳少女が可愛すぎて、ついに青年も手を出す決心を。キス→69→ぶっかけ発射→バックから挿入→キスをせがむので正常位に→胸もみ胸吸い→少女が抱きつき噛みつき→中出し、と展開。動物耳ものと許嫁ものをミックスして独自の世界観を作り出しつつ、やることはきっちり。今回は揉めるぐらいに胸がある少女だけど、動物だからしょうがないか(おい)。飼い犬に「ごいしゅじんさま」と言われたい人に。9点
むすめいき(三月さんいち)
 可愛すぎる娘さんを大事にしすぎるお父さん。なぜなら娘さんは、生まれながらにして名器の持ち主だから(おい)。名器を理由にあれもだめこれもだめと言われることに不服な娘は、「そんなの試してみなきゃわかんないじゃん!」と親子とか気にせず確認Hへ。クンニや指挿入で感じされられまくりの娘→座位挿入→あまりの名器ぶりに即発射→発情した娘がさらに求めて以下絞り尽くしまくり。おばかっぽいネームだけどほのぼの親子ものとしても成立。中盤までの盛り上がりに比べるとフィニッシュにもう少し勢いや構図の工夫が欲しかった気もするが、全体的にはまずまずの完成度。7点
天才教授リンリンさん!(おおたたけし)
 10歳にして大学で教鞭をとる天才教授と、その「黒板係」として授業中に高い場所に教授を持ち上げる仕事を仰せつかっていた青年。子供扱いされることを嫌う教授だったが、青年の特技である料理(お子様ランチ)で心を開く。その後、実家の手伝いで授業を休みがちになった青年を気遣って家を訪れた教授は、過労で倒れている青年を発見し…。夢うつつの状態で教授への愛をささやきつつ押し倒す青年に慌てる教授。その仕返しに寝てしまった青年の疲れマラをいじくり倒し、ふぇらしていたら、青年が明晰夢と勘違いして暴走。教授を全裸にひん剥いて69クンニ→教授絶頂→尿道に器具挿入→そのままお尻に挿入→中出し大絶頂、と今回はノーマルかと思いきや、やはり尿道挿入はきっちり用意(笑)。眼鏡+白衣+幼女体型と三拍子揃った教授の可愛さを、大きすぎる椅子やダボダボTシャツでさらに強調したりと小道具の使い方が上手い。またお怒りからときめきまでくるくる変わる教授の表情も◎。最後はいつも通りのハードプレイになってしまうので人は選ぶかもしれないけど、教授の可愛さと差し引いても10点でしょ。
小6プロブレム(無道叡智)
 女の武器を使って同級生男子を手玉に取るボーイッシュ少女。その挑発っぷりに「彼氏」である先生は気が気じゃないが…。という冒頭と矛盾するかのように、先生が用意した白紐エロビキニ姿で校内を引き回される少女。普段は男子の前でも堂々と着替える少女が、教室に残る男子児童の気配に怯え、同時に徐々に女として感じてしまっていく。廊下の真ん中でM字開脚撮影→教頭に発見されかかって隠れるも興奮してお股いじり→屋上で立ちバック挿入→座位グラインド→抱え上げ立位中出し、と展開。盛り込みすぎてテーマがぼやけてしまった感はあるが、ボーイッシュ少女の「女」の部分を使い勝手良く描写。最後まで脱がさない紐ビキニと黒ニーソのコスプレ要素も完備。9点
ももいろ寝息 第二床(Noise)
 エロ漫画誌に残る「目付きの悪い」妹ふたたび! 寝ていれば天使の妹に睡眠姦を繰り返していた兄。しかし今日は途中で目覚めてしまい…。寝ぼけて(性格の)可愛い妹とらぶらぶH。キス→正常位挿入…したら当然覚醒する妹→しかし止まらない兄はグラインド続行→「せめて優しくしろおっ!」の一言で一旦止めて正常位で再度やり直し→抱きつき中出し、と展開。目付きも性格も悪い妹が、隠し属性であるツンデレを再度発動。素直でないセリフをぶつけつつも態度はしっかりデレデレなのは見てて楽しい。ただいかんせん目付きが悪いので(しつこい)人はかなり選びそう。でも8点は付けていいでしょ。
バイリンガール(なあも)
 巻中フルカラー8頁で初登場。近所の碧眼少女が家によく上がり込んでくるラッキーな環境に、ついつい即ハメな妄想を抱いてしまう青年。しかし青年の妄想を見透かして、少女の方からふぇらしてきて、口内発射まで導かれてしまう。合意の上ならいいだろうと場に流されて、犬のようにクンニ→騎乗位挿入→射精管理中出し→挿入したまま対面座位キス→ソファーに横たえて中出し、と全編少女主導で繰り広げられる濃厚H。8頁の中にテンポ良く構成し、使い勝手良く仕上げた能力は非凡。まあ非処女ではあるけど、飼われたい願望のある人にはいいご褒美かと。9点。しかし赤と白の縞ぱんって意外と珍しいかも?
小学校最後の一年姦(あわじひめじ)
 タイトル通りに、教師に強姦された2人の少女の一年間を描写。進級早々拘束されてWぱんつ素股→ぱんつずらし挿入×2で処女を奪われた少女たちが、スク水ファックや水着姿で海岸中出し、旅館の浴衣姿で陵辱、最後は男たちに売られてのハメ撮り集団陵辱+見開きで開脚撮影、と非道の限り。細かいシーンのつなぎあわせなのでストーリー面での「流れ」は弱いものの、ラストの見開きの迫力でおかずとしては十分かと(まあ中出しシーンではないけど)。時間の経過とともに、セリフの中で彼氏と別れてしまっているのが判明したりと、実生活も破滅させされてしまっているのがさらに非道っぷりを強調。コマ枠外で解説をやらなくなった分、ややセリフが説明っぽい気もするけど、まあ許容範囲かな。8点
天の川のドップラー(カエデミノル)
 初登場。山村の祭を舞台にした、都会から帰ってきた青年と、青年を想い続けた少女のラブストーリー。設定をあえてセリフで語らせずに、演出でわからせるという凝った作り。浴衣少女にレイプ気味に愛撫→おもらし、や、クンニ→座位挿入→中出しのHシーンも、一つ一つのプレイをしっかり描写。背景などの画力も高く、今後ストーリーテリング能力が伸びればかなりの逸材になれそうな予感も。9点。しかし浴衣の下にふんどし、っていつの時代だ…ってそんな時代はたぶんない(笑)。
MOMENTUM(INST)
 初登場。車で「逃げ」続ける男と少女。停車中の車の中で…。キス→69→ぶっかけ→正常位気味挿入→対面座位→騎乗位→正常位→中出し、とHシーンはしっかりと描写されているが、なにぶん想像に委ねられた部分が多すぎる(笑)。そのおかげで読後の余韻にあふれた印象に残る作品にはなっているのだけど。あと現実にはたぶんない道路標識も、この作品があくまでフィクションであることを示しているのだろうね。次回作でどう来るか楽しみな人が現れたかな。8点
汗っかき天使(公双誠二)
 スパッツ少女がすわレイプ…と思ったら単なる驚かし。森の木陰で男と少女が乳繰り合うお話だが、序盤は汗まみれのスパッツ少女をわきから胸にかけて男が舐めしゃぶる濃い展開。その後はキス→絶頂→スパッツの中に手を入れて立ち愛撫→絶頂→全裸にして正常位クンニ→放尿(&飲尿)→正常位挿入→後背位→中出し、と展開。汗に関係したプレイがあるのが序盤だけ、というのはちょっともったいないかな。その分、その後の普通にいいおかずが普通止まりになってしまったか。7点
気がついたら幼女と結婚していた(せいほうけい)
 従妹の幼女を預かった青年。人付き合いが苦手で妄想癖のある青年は、この状況でいきなり「完全に夫婦だーーーっ!」と先走りすぎてしまい…。何も知らない幼女と夫婦関係を築こうと、おなかをさすさすしたり、割れ目をくりくりしたりして絶頂に導き、力が抜けたところで喉奥までふぇらさせ、口内発射とぶっかけでミルクをあげる青年。続いて一気に座位挿入し、幼女の軽さを利用したオナホプレイを経て幼女を快楽堕ちさせ、最後は後背位からの中出しでハッピー?エンド。どう見てもレイプだけど、幼女特有の純真さで和姦に見えるから不思議(おい)。高い実用性もさることながら、冒頭の全く意思の疎通が取れていないコメディシーンもなかなかの出来。9点
給食費 最終話(ゆきのゆきかぜ)
 4年に渡る連載がついに完結!…というか前回は2010年だ(汗)。まずはご苦労様と言いたい。ストーリーがどう決着したかは実際に読んでもらうとして、40頁という大容量を生かして、ストーリーもHシーンもじっくりたっぷりと描写。悲惨な描写があるからこそ、愛情の深さも描写できる、ということを再確認させてくれた一作。理想論だけど、フィクションの中でぐらい理想が勝ってもいいじゃない。時間はかかりすぎたけど、長期連載の締めとしてはこれで文句なし。10点

 中学生組は黒本君とねんど。の2名。特に後者の、オヤジのねちこい腰使いに快楽堕ちしてしまう12歳、という展開はなかなかでありました。

 次号、RINからまた補強があるらしい?
 そして、『Girls for M』の続刊決定ですか。『好色少年』よりは売れたということなのか、単に作品を公募するから早めに公表したのか。内容がコアすぎるとはいえ、『好色少年』は散逸させるには惜しいメンバーだからなぁ…。

『えっちな兄の面倒を見てあげるのは妹の義務!』(月乃御伽/フランス書院)3

 よく考えたら成人向けの文庫カテゴリは本当に久しぶりです(汗)。

 フランス書院の美少女文庫はここ最近ちょこちょこ買っていたのですが、なかなか「低め」の作品がありませんでした。しかしようやくここで紹介できるような作品が出ましたので、喜び勇んで買って参りました(笑)。

 ストーリーは一言で言うと、「フラグ完成済みの実妹四姉妹とらぶらぶする話」で片付いてしまうのですが(汗)、長女(15歳・堅物・ツンデレ)、次女(中学生・眼鏡・天才無口)、三女(次女の2歳下・ボクっ子・小悪魔)、四女(当然三女よりも年下・赤飯前・爆乳・甘えん坊)のキャラが、定番かつ濃厚ではないもののキャラ作りの面ではしっかりしていて、妹ハーレムものとしてはまずまず。最近のお約束となりつつあるボテ腹要素も完備し(赤飯前の四女もしっかり妊娠!)、完成度はまずまずかと。
 ちなみに、三女四女が通っている学校は「小中高一貫校」の「初等部」と明記されているので、年齢をぼかした意味が無いです(笑)。

 ただ、巨乳キャラである次女と四女の胸があまり活用されていない、ヒロインごとにプレイの「濃さ」にばらつきがある(というか長女が痴漢プレイがある分他の3人より濃すぎる(汗))、モノクロ挿絵がやや力不足(前作『七人の嫁』と比べても、挿絵だけで一杯ご飯がいけるほどではない…が、前作は前作で「膨らみかけ」のはずの実妹を巨乳に描いているエラーがあるしなぁ(汗))、そして一番の問題は、良くも悪くも一つ一つのシーンをじっくり書きすぎているのではないか、ということ。前作もかなりの大容量でしたが、今回ももう少しカットすべきところは断腸の思いでカットして、その分をプレイの多彩さで「濃く」する方向に振り分けることができなかったかな、という気もします。

 ちょっと苦言が多くなってしまいましたが(汗)、妹ハーレムものとしては合格点レベルといいますか『評価の基準点』となる作品ですし、何しろ貴重な低年齢ヒロイン作品(笑)。キャラやプレイの濃さの面ではあっさり味なのは否めませんが、妹ハーレム好きの人なら普通に楽しめる一冊かと。
 でも使わない胸なら削っても良かったんじゃ…ぶつぶつ(爆)。

コミックメガストア 8月号4

 今月の巻頭特集はM&Mさん。さすが業界トップレベルの絵師さんだけあって、構図の取り方はうまいなぁ。今回は漫画とは違うテクニックを要求される見開きなので、一枚絵のうまい人がより効果的に描けたのかも。

エリザ様ご用心 第3話(高津)
 頑なに人間の体液摂取を拒み続け、体調を崩してしまったお嬢様。今回も執事さんの策謀で…。一時的に眷属化する薬を服用した上で男が出した精液のあまりの美味さに、内心は毛嫌いしながらもそれを欲することを止められないお嬢様。「勘違いするんじゃないぞ、これは、その、ただの…栄養補給だ」と言いつつも、肉棒から直接欲し、口で、お尻の粘膜でお召し上がりまくり。Hシーンでは、心の中では屈辱に感じていても陶酔した表情で食ザーしたり、手の中の精液を舌ですすったり、ととにかくえろえろ。お嬢様の過去が微妙に明かされたストーリーも、今後が非常に楽しみ。9点
エンコー王国の最期(前島龍)
 コミメガ初登場。放課後の教室で売春行為を行っていた教え子を咎める先生。少女の提案で、先生が「愛のあるセックス」を教えられたら売春をやめる、という賭けに乗ったのだが…。経験値は自分の方が上のはずと余裕を見せていた少女だったが、先生のじっくり丁寧な愛撫に戸惑う。そして、くぱぁ→後背位挿入→じっくりとしたグラインドで気づかぬうちに体を蕩けさせられ、一気に突き込まれて形勢逆転。ガツガツと突かれて「大人のセックス」の違いを覚えこまされ、快楽ラブ堕ちフィニッシュへ。「中出ししたら殺す」と言っていた少女が、最後はハートマークを並べて中出しをせがむまでになるギャップは、逆に非処女じゃないからこそ出せるエロさ。画風を若干ラフな方向に寄せた気もするが、逆にそれがパワフルが画面を演出。コスプレ要素のブルマも最後まで脱がさず(脱がす暇もないけど)、使い勝手は非常に良好。減点要素は特になく、10点
シス・ブラ(ふみひこ)
 可愛すぎる妹に日に日に欲情してしまう兄。何とか堪えていたものの、妹の方から密着してきて、ついにダウンしてしまうが…。妹に尺八される夢を見た、と思ったら、ベッドの横にはあられもない姿の妹が寝ていて、ついつい育ちかけの胸を吸いながら自慰ぶっかけしてしまう兄。それでも収まらない兄に、目覚めた妹が「もうやめちゃうの?」と問いかけ、妹の方からキスしてらぶらぶHへ。キスしながら豆いじり→アヘ顔絶頂→正常位挿入→対面座位抱きつき→子宮ノック→正常位中出し、とスタンダードな作り。純愛ものでアヘ顔はやや人を選ぶかもしれないが、よがりまくる妹を存分に楽しめる一作。もう少しストーリー面で工夫も欲しかったが、おかずとしてのやるだけ漫画という面ではまずまずの出来。9点。でもやっぱり裸エプロンは正面からじゃなくて…ぶつぶつ。

 初登場の大山夭さん…いい意味でもはや何と言っていいのやら、な不条理8頁。とはいえ異空間を異空間たらしめられるのも、確立された画力があってこそ。今後どういう方向に進んでしまうのか(笑)、注視すべき作家がまた一人?

 次号は、メンバー構成と予告内容的に、レビューはお休みかな?

コミックメガミルク Vol.253

 今月は年齢が低めだと聞いて(笑)。
 久々購入となるわけですが、最近公式サイトの更新頻度が低いので、ギャンブル購入となるのは否めないですねぇ…。コア印なので全体的な質は高いのはわかってはいるんですが。

お嬢様の搾精大作戦!(かねた)
 初登場。かつての想い人を追いかけて安アパートまでやってきたお嬢様。想いを遂げるため、住人の男を拘束し…。ふぇら→皮剥き→立ちくぱぁ→騎乗位挿入→抱きつき対面座位→中出し→どろり、とプレイ自体はシンプルながら、一途な想いが行き過ぎて「憧れの方が私の中で悶えてるなんて」とちょいSに目覚めてしまうお嬢様のキャラ作りは、受け身男子にはむしろご褒美(笑)。画風は荒っぽいが、ガツガツとした雰囲気は使い勝手上々。8点。まあ名は体を表しすぎるお嬢様の名前はどうかとも思うけど(笑)。
天才少女琴梨ちゃん(ありのひろし)
 10歳にして高3という天才少女は、転入一週間でクラスで孤立し、少女を気にかける青年にも取り付く島なしだったが、ある日、少女のおもらし事件をきっかけに関係が急接近し…。実はこっそり持ち帰るつもりだった少女のぱんつを返す代わりに、ぱんつの中身を見せてもらうという無謀極まりない青年のお願いに、渋々冷たい目で応じる少女。見るだけの約束だが(当然のように)クンニに発展し、お豆攻めで絶頂放尿へ。間髪入れずに青年はふぇら→イラマチオに持ち込み、後背位挿入→グラインド→おもらしアクメ→中出しで、少女を大人にする…って、ていのいいレイプだよなぁ、これ(汗)。せっかく綺麗にフラグ立ったのに、青年の若さ丸出しを通り越した強引さで、雰囲気が台無しになった感は否めず。まあ純愛を求めずに、天才少女に性教育ものとして捉えればまずまずか。8点
はつねのオーディション(新貝田鉄也郎)
 人気子役の少女が、話の成り行きで先生に「じゃあ先生がなってよ、カレシ」と。先生も「恋人のオーディションだな」と応じて…。ぱんつの中で愛撫→全裸にして自慰させ→絶頂放尿→クンニ→絶頂→ふぇら→正常位挿入→後背位→犬プレイ→立ちバック→中出し、とやや鬼畜風味のハードプレイ。いい人そうな先生がまさかのベッドヤクザ(というか本性?)っぷりを見せるので、ちょっと面食らうも、二人の体格差を存分に生かした構図やプレイが堪能できる、コンパクトにまとまった良作。8点。 
おかわり自由!(断鉄)
 食欲旺盛な少女が未知の食材「ザーメン」に多大な興味を抱き…あれ、この前どこかで見たような(爆)(もちろん偶然だろうけど)。叔父さんに頼んだ少女は、道を踏み外した(笑)叔父さんにぱんつを剥かれ、フィンガーテクニックで絶頂に導かれ、後背位挿入→口内発射でザーメンの美味しさを知り、最後はとろけた表情でくぱぁ→正常位挿入→子宮口キス→中出し、で存分にお召し上がり。コメディノリではあるが、描写は相当にパワフルで快楽堕ちものの要素すらあり。使い勝手はかなり良好なので、陵辱スレスレの雰囲気がどうしても嫌でなければ。9点
性隷指定NATION 後編(智沢渚優)
 前編読んでないのでアレだけど(汗)、あらすじから推測するに世相を巧みに取り込んだ近未来性奴隷国家もの。「大切なもの」を想いを寄せる「女の子」にあげるために守り続けてきた少女。しかしその「女の子」は実は女装して接近していた調教役の少年だった。思わぬ形で強姦同然に破瓜され中出しされる少女だったが、それでも「女の子」への想いは変わらなかった。しかし、その想いを利用される形で男たちにおねだりをさせられ、輪姦で白濁に染まっていく(ただし白濁描写はそれほどでもない)。ぶっかけマニアでなくとも、最後は派手にいってほしかったなーというのが本音。それを除けば輪姦ものとしてはまずまずだっただけに惜しまれる。なお恒例の大逆転も健在。7点。ちなみに女装要素はあくまで少女に近づくための「変装」なので期待しないように(爆)。

 次号は智沢渚優、EB110SS、PONPON、谷町めいどのレギュラー陣に加えてYUG…えっマジかっ!? 巻頭ピンナップのために買うしかないのか?(汗)

コミックLO 7月号5

 通算100号。積み重ねた歴史、今や最後の砦になりつつぽくあるっぽい現状(爆)。これからもできるだけ長く続いてほしいものです。

ふぁざこん(MOLOKONOMI)
 巻頭フルカラー8頁。すぐに欲情しちゃうお父さんを受け止める娘さん。立ち愛撫→キス→逆さクンニ→胸舐め→正常位挿入→中出し、と短いページながらもやることはきっちりテンポ良く盛り込み。アニメ調からややリアル調に寄せた塗り方が独特だが、使い勝手は上々。8点
ほうかごのひみつ(小路あゆむ)
 真面目でおとなしいはずの教え子が、放課後の屋上階段でこっそり自慰していることを発見してしまった先生。泣きじゃくる少女に優しく手ほどきを。自慰手伝い→性器の名称言わせ→ローター攻め→正常位挿入→キス→中出し→(数日後)裸ニーソランドセル後背位→屈曲位→ローター攻め中出し。プレイは山ほど盛りこんであるけど、話の流れとしてのヤマの部分が盛り上がる前にエピローグに行かれてしまった印象。裸ランドセルのパートにもう2頁欲しかったか。キャラもシチュエーションもいいだけに残念。7点
私立ローレグ小学校 第6話(朝木貴行)
 今回はお尻の虫の検査を教室でやる話。ずらっと二段で並ぶローレグ尻に貼り付け…と思ったら、次のページでは保健室でまだしていなかった子と二人っきりに。加えて、検査で発情してしまったその子のお尻に生射精連発。うーむ、検査→挿入の流れはエロくていいものの、まずは女児のお尻祭りをあと2頁堪能させてほしかったなぁ。7点
こんな妹(水無月十三)
 ついに降臨。両親の不在時に妹主導で…。妹がいきなり脱衣→兄にぱんつかぶせ→愛液ローション手コキ→発射→69ふぇら→喉奥発射+潮吹き→そのままクンニ→絶頂→くぱぁ→挿入ごとにいきまくり→中出しピストン→後背くぱぁ→後背位挿入→ピストン→片足上げ→駅弁→中出し、と実力通りのパワフル描写。ただ、中出し直前に邪魔が入っていったんクールダウンしてしまうのと、フィニッシュが最終頁半分と小さめになってしまったので、リビドーの行き先が先細りしてしまったのは否めず。あばらの浮き出たほっそい体つきなど描写力はさすが一流なだけに、ちょっと歯がゆかった。7点
むしさされ。(佐々原憂樹)
 胸元を虫に刺されてしまったミニ浴衣日焼け妹。「ツバでもつけとけ」と兄が言った一言から、別の意味で妹にツバをつける展開へ。Hシーンは立ちクンニ→潮吹き絶頂→対面座位挿入→騎乗位→座位→中出し、と進むが、それまでの雰囲気の盛り上げ方が半端ない。肌を舐められて歳相応にくすぐったがっていた少女が、性感帯への刺激で女の顔を見せたり、効果的に回想シーンを盛り込んで二人の関係を深く印象づけたり(ついでにサービスカットも)、真剣な告白シーンで愛を深めたりと、実用性とストーリー性を見事に両立。こんな可愛すぎる妹を愛さない方がおかしいって(笑)。ごちそうさまでした。10点
マンガショウジョ(瑞井鹿央)
 RINから補強。漫画目当てで入り浸る隣家の少女。ところが自由にさせているうちに本棚奥の宝物を発見されてしまって…。少女がHな本で自慰していたことを本の並びで看破した青年が、次に少女が来た際には堂々とHな本を陳列。少女の好奇心につけこんで、たどたどしくふぇら→口内発射→開脚→正常位挿入→中出し、と漫画の通りにテクニックを吸収。ストーリー密度は薄めだが、少女がカギカッコ付きで卑猥なセリフを言ったり、本の通りにごっくんしたりと、少女のキャラ作りは○。また、「やるなら今しかない」オチも面白かった(笑)。8点
お化粧ごっこ(上田裕)
 幼女を眺めようと公園に来た男に、突然ベビーパウダーを付けようとする少女。お化粧遊びに付き合っていた男だが、塗る場所がなくなったので…。股間のものにぱふぱふしてもらい、お手々でよくすり込んでなじませ、なぜか持っていたローションという名のクレンジング液でごしゅごしゅ落とし、そして発射、という完全手コキ特化ストーリー。少女が好奇心で目を輝かせながら手コキしてくれる!という夢のような展開と、まさか冒頭のギャグシーンがオチに絡むとは、という夢であってほしいコメディ要素も完備。本当に手コキだけ作品なので人は選ぶだろうけど、手を変え品を変え飽きさせない工夫はお見事。8点。しかしこの男、幼女を見に来たという割には、10歳で「まだ小さい」ってどんだけストライクゾーン狭いんだよ(苦笑)。
小学生が知りたいこと(飴鳥)
 勉強を見に来たのにやる気ゼロの姪っ子に手を焼く叔父さん。むしろ姪っ子は別の方の勉強に興味があって…。とらぶらぶムードでHシーンへ。初ブラを脱がせて全裸にしてから愛撫→クンニ→絶頂→正常位挿入→座位→中出し、と性教育を施すお話。勉強は本当に口実なので実質やるだけ漫画だが、派手さはないものの堅実に描き込んだ描写はまずまず。悪くはないが、悪くはない以上の感想が出てこないのが惜しい点かと。8点
四宮先生のレイプ教室(藤崎ひかり)
 怯える少女にあれこれさせる鬼畜教頭。ふぇら強要→口内発射→飲精命令→教頭の指での自慰命令→くぱぁ強要→対面座位挿入→座位放尿→後背位→座位→中出し、で精神崩壊快楽堕ちエンド。教頭が椅子から一歩も動かずに少女を堕とす、という悪っぷりが見どころ。少女の内面描写に注力し、怯えていた少女が快楽に逃げるさまをきっちり描き込んだ。コンパクトながらも堕ち者としてはなかなかの出来。9点
淫獣採取(Noise)
 ダークエルフの小学生(!)が、惚れ薬の材料を求めて危険な森へ。目的の触手生物には遭遇したものの…。媚薬成分の粘液と触手で絡め取られ、強がってはいてもお尻の穴をくすぐられ(!)て放尿陥落。最後は触手二本挿し破瓜→母乳搾り→触手全発射で完敗。触手ものの王道を行きつつ、ランドセル+ダークエルフという味付けで挑んだが、途中までの盛り上げが良かっただけに、フィニッシュが小さくなってしまったのが惜しい。8点
アンバランス(無道叡智)
 RINから補強その2。健康診断で再検査の必要があると呼び出された眼鏡っ子。不安がる少女に医師は…。全ては医師の陰謀で、少女をぱんつ一枚にさせてから聴診器あて→触診→性器検査を経て、医師の股間のお注射をふぇら→正常位挿入→後背位→中出し→くぱぁ撮影、とやりたい放題。絵のタッチも少し変えてダークよりに寄せた作風だが、いつも通りの高い実用性はそのまま。中出し派でもくぱぁ派でもどちらも抜けるうれしいネーム構成になっているのも◎。10点
ふたりの特別なお部屋(いさわのーり)
 新居に入れた最初の「女」は…。小さな恋人とらぶらぶH話。服の下に着てきたエロ紐水着をたくし上げで見せる少女に、かぶりつく男。股布をくいくい→へそ舐め→乳首いじり→クンニ→69→絶頂→正常位挿入→騎乗位→中出し、と終始らぶらぶムード。ネーム構成自体は大人相手と変わらないものの、むしろ年齢差のある少女を対等の恋人として扱うカッコ良さとギャップと背徳感が雰囲気を盛り上げてくれる。エロ水着もちょっとしたスパイスになっているし。9点
がうがう!妹せきゅりてぃー(yam)
 巻中カラー。小さな子に好かれる体質のお兄ちゃんに、妹が嫉妬して番犬モードに。浮気なんてしないよと、犬耳+尻尾着用の妹と機嫌直しのHを楽しんでいたが…。モノクロ頁でいきなり、ベタ惚れ状態の眼鏡っ子が押しかけてきて修羅場突入で、争奪戦へ。Wふぇら→妹騎乗位挿入→中出し→眼鏡っ子騎乗位挿入→後背位→妹もいじりながら中出し。トータルで16頁ということもあり、気がついたら終わってた印象。それだけ勢いがあったということだけど、分量的な物足りなさもなくはなく。カラーとモノクロで一旦話が分断されたのが影響したか。8点
OL−オフィスロリータ− その4(前島龍)
 社長を新人OLに取られた?のが気に入らず、当たり散らす先輩OLさん。社長の提案でレズプレイすることになったのだが…。テクニックはないけど純真で心温まる新人OLの気遣いに先輩OL幼女も徐々に心を開き、69同時絶頂からディルドー結合を経て、最後は社長と元社長に同時ご奉仕→ぶっかけ→4P結合フィニッシュ。この手の定番である「百合に目覚める」なんてことはなく、途中でデレてもツンには最終的には戻るのでご安心を(笑)。シリーズの中で、キャラに深みを与えるいいお話だったかと。9点
愛しのSガール(いとうえい)
 近所の幼女に一目惚れし、うまいこと手懐け、こっそり食ザーさせたり(汗)、気付かれないように触ったり、そしてふぇらさせたりお尻を開発したりWピースで処女まで奪ったりしたら、教育のかいがありすぎてドSな仕上がりに(笑)。罵倒しながら騎乗位でいかせる少女に大人の怖さを思い知らせるべく、不意を突いて押し倒したのだが…。実は青年が「あーゆーのが好きだと思った」からしていたことがわかり、仲直りに大人のキス。胸吸い→クンニ→バックでおねだり→後背位挿入→片足持ちグラインド→抱え上げ中出し→余韻堪能、でハッピー?エンドへ。全然Sじゃないじゃん!というドMな人は嘆くかもしれないが、タイトルはちゃんと伏線になっているので問題なし。何よりも、6頁かけて無垢な少女を「仕込んで」いく様子が興奮を煽りまくり。性癖が偏ってるのは作者の嗜好通りなので個人的には納得(笑)。少女が男をいたぶる目線も、ほわんとデレてる目線も両方楽しめるお得な一作。9点
non fiction diary 後編(冬野みかん)
 幸せな日々の突然の終焉。青年が留学することを遅れて知って、青年に当たり散らす少女。機嫌直しに、少女が「日記に書いた通りに」するはめになったのだが…。デートして、そして最後の思い出作りに少女の部屋でHへ。全裸でキス→胸舐め→対面座位挿入→正常位→座位→キスしながら中出し、でラストシーンへ。今までと異なり、せつなくしっとりしたムードでHシーンを描き、綺麗に完結させた…と言いたいんだけど、オチはちょっとご都合すぎやしないかい?(笑) まあ幸せならそれでいいんだけど。9点

 中学生組は、せぇたさん、スミヤさん、ろーるぱんつさんの3人。
 せぇたさんのは、かつて欲望のままに少女を犯した悔恨に囚われる男と、その男を愛し続けた少女を、成長というキーワードで描写。変わっていった体と、変わらなかった心。心はつながってはいても、それでも体は…、とこのジャンルならではのテーマ性を持たせて描いた問題提起作。おかずとしては難しいが、一読の価値あり。
 スミヤさんは『さよならフェアリー』の完結編。卒業式後の最後のHを実用性とストーリー性を両立させつつ、しっとり綺麗に、でもパワフルに描いた、色々な意味でいいお話でございました。

 次号予告…の前に、100号記念特大プレゼントの中身がカオスすぎて…(笑)。

コミックメガストア 7月号3

 とうとう笠地蔵プレイまで登場したか…。(やる方の意味での)コスプレも奥が深いなぁ…(笑)。
 とりあえず「地蔵のクセにッ!」というセリフはもう二度と見ることはないと思うので、かなりレアな号ですね(おい)。

いもうとこんとろーる だい3わ(へんりいだ)
 あれ以来、御機嫌斜めの妹vsギャル友達の修羅場気味仲直り3Pで完結編。お友達が見せつけるように中出しされても素直になれない妹だったが、お兄ちゃんが(あえて)お友達の方を選ぶと宣言したことでようやく自分の気持ちに素直に。対面座位中出しに奪い合いふぇら、Wくぱぁおねだりに二人重ねての交互挿入外出し、とHシーンは一気に押し切り、ストーリーもとりあえず決着がつけられた。外出しとはいえ見開きでのフィニッシュはなかなかの迫力で、妹と妹的存在に両方とも愛されたい願望持ちにはたまらない展開。9点
いつの間にか少女は EPISODE 4(雨蘭)
 愛する従妹と文化祭の最中にこっそりらぶらぶしていたら…。Hシーンは69愛撫→弓反り潮吹き絶頂→正常位挿入→後背位→中出し、と展開するが、並行してその光景を見ていたクラスメートの自慰シーンを挿入。このクラスメートがいきなり登場してまるでメインヒロインのようなフラグを立てた上に、バッドエンドのフラグまで立ててしまったような感じが…(汗)。急展開を見せたこのシリーズはどこへ向かうのか? とりあえず今回はつなぎの話の要素が強く、おかずとして見ると7点止まりかな。
明るいコドモ計画(桜吹雪ねる)
 なぜか妙にベタベタしてくる義妹。濃厚なキスを仕掛けてきた義妹を驚かせようと、ディープキスで返したら…。とろけ顔な上に濡れ濡れの紐エロ下着まで見せられ、我慢できずに義妹を愛撫→69→顔面騎乗→69ふぇら→喉奥発射→座位気味後背挿入→キス→正常位→中出し、と展開。妊娠こそしない(笑)ものの、変わり者のお義母さんの協力があったゆえにスムーズに(ありえない)展開がなされた。紐下着+つるぺたの破壊力は十分だが、バランス的に69ふぇらをねっとり描き過ぎた分、ラストの盛り上げがちょっとおとなしめだったかな。8点

 毎度強烈なキャラ作りを見せてくれる牧野坂シンイチさんは、幼馴染みとの微妙な関係→好きだったことに気づく、という定番ネタを「小さい頃から義務感で手コキしていた」というとんでもない導入で味付け。テーマの都合上、結果的には手コキ天国とはならないものの、裸制服リボン+黒靴下のアクセントの付いた純愛Hシーンはかなりの出来。

 小林王桂さんは、ツンドMなクラスメートの子と校舎の屋上でやりまくるお話。ノーパンで呼び出し、見られるかもと言葉で煽り、最後はお口レイプでスイッチ入ってしまった子をいかせまくり。どろどろぬるぬるな粘液描写がなかなかのえろえろ。「オマエも辱めてやる!」と女の子がやった報復がどう見てもご褒美というお間抜けさや、わざわざダジャレを盛り込むなど、普通の作品に見えても「らしさ」もきっちり。

 次号は前島龍を補強。高津、旭も期待。

コミックLO 6月号(通算99号)5

 転居後の忙しさもあって、書くタイミングを逃してしまっていました。
 ようやく生活も落ち着いて来ましたので、1ヶ月遅れで活動をぼちぼちと再開していこうかと思います。
 繰り返しになりますが、「6月号の」レビューです。

どろりっチュ(大塚麗夏)
 初巻頭カラー。食べることが大好きな少女が、未知の食材「ザーメン」を求めて、オフ会で男性たちから…(汗)。カラー部は普通そうに見えて普通でない添加物のかかった食事光景。モノクロ部は、オフ会後にうっかり少女を自宅まで連れて帰ってしまった男が、少女の好奇心のままに(精液を)いただかれるお話。ふぇら→玉舐め+筋裏舐め→先端舐め→ぶっかけ→吸い取り→ごっくん、とナチュラルにわずか半日で格段に向上したテクニックで男心を翻弄し、さらに下着姿でネットで予習した足コキや貧パイズリを披露。死を予感するほどの射精の渦の中でも、騎乗素股で可愛らしくイッてしまう少女の姿に俄然元気になってしまった男は、69で回復後に正常位挿入→抱きつき対面座位→中出しでフィニッシュ。いつも通りのおばかなネームに癖ありまくりの脇役、と独自路線を突っ走るも、食欲に対して純真すぎる少女の天性のいやらしさをまんべんなく描写。あの上目遣いは反則だぁ〜! ビッチ要素は欠片もないのにそんじょそこらの売女よりもエロ過ぎる、という奇跡のバランスで描き切った怪作。10点
大好きなのに(上田裕)
 転任した大好きな先生に会いに来た少女。でもせっかく再会したのに先生はそっけなくて…と思ったら、単に人目を気にしていただけ。二人だけの空間でディープキス→着衣愛撫→正常位挿入→中出し→キャミ一枚姿でいちゃいちゃ→くぱぁ→側位挿入→後背位→キス→中出し絶頂、とひたすらにらぶらぶちゅっちゅする話。たださりげないほのぼの会話の中で先生の転任理由がほのめかされるなど、構成もしっかり。9点
ご近所れいやー!(エロムラサキ)
 大家の娘+母の影響でコスプレにはまる+でも恥ずかしがり+眼鏡という、これでもかと属性を詰め込まれた少女が、(この世界の)日曜8時半のアニメのコスチュームで来訪。さっそく照れまくる少女で撮影会をしたものの、ぱんつばかり撮っていたことを少女に見抜かれていて…。少女が顔を真っ赤にして自らスカートをたくし上げしてアニメぱんつを見せ、(えっちな)漫画の資料のために頑張ると宣言。少女の気持ちに応えて、キス→とろけ顔撮影→ぱんつ鑑賞→ぱんつ越しいじり→胸いじり…は敏感なのでやめ→後背位クンニ→絶頂→正常位挿入→キス→中出し→お掃除ふぇら→眼鏡ぶっかけ→ダブルピースで記念撮影、とらぶらぶストーリーを展開。コマ枠が黒く塗られているので妄想オチの心配もあったが、そうではないので八的暁演出なのかも。ぷにっぷにかつ照れ屋さんを美味しくいただける上に、眼鏡もちゃんと活用?するサービス精神も豊富。隙のない良作に仕上がった。10点
ことねフラストレーション(たいしょう田中)
 あの変態父娘再び。ブルマを破って(!)騎乗位中出しを堪能した父と娘。しかし父は、「実はな…父さん好きな子ができて」と衝撃の告白を。以来、一方的に(性的に)子離れされてしまって(性的な)欲求不満溜まりまくりの少女が、ムラムラしすぎて家庭訪問に来た先生を…。必死に抑えてはいたものの、誤解から先生に抱きしめられて少女の理性が崩壊。淫乱モードに入った少女が先生をねっとりとふぇら→口内発射&絶頂。我に返った先生が逃げようとするも、ハプニングで先生も暴走モードに。いきなり正常位で突き込んでピストン→中出し絶頂→抜かずに後背位→座位→正常位→駅弁…とここへ父が帰宅して二穴参加(笑)→絶頂中出し(前の方は抜いた描写)。そして明かされる衝撃の事実!(笑) 怒涛の勢いで進むエロエロ展開は、テンポも良く描写もしっかり。少女がいつの間にか裸エプロン状態になっているのはツッコミ無用として、このシリーズがどこまで行ってしまうのかちょっと楽しみ(続くとは限らないけど(汗))。9点
ヌルヌルトレーニング(杉浦次郎)
 巻中フルカラー8頁。突然仕事を見つけてきたという兄の「練習」に付き合った妹さんだったが…。エステと称して、紐ビキニ姿で(媚薬入り)オイルを塗りたくられ、徐々に感じてしまう妹。弓反りクンニ→豆舐め絶頂→お尻の穴舐め+前に指で絶頂→放尿、と展開。妹がよがりまくる展開に特化し、さらにカラーならではの微妙なぬるぬる感も表現。ここぞという抜き所には欠けたが、これはこれで。8点
はぐくみ経験痴(藤坂リリック)
 6年生になって心機一転の少年。ところが隣の席の少女は周囲を一切無視。でもそんな少女が気になる少年だったが、ある日突然「精通はもう迎えた?」といきなり聞かれ…。他人には全く興味はないが、性には興味のある少女が、いつものクールさから一変して淫靡な表情で少年いじり。顔面騎乗69で精通させられ、くぱぁしたあそこに導かれるように挿入→即中出し。一方の少女も知識に実践が伴って火がつき、騎乗位挿入からの対面座位中出しで絶頂。基本的に愛は芽生えず、クラスメートとして少女と仲良くしたい少年と、あくまで好奇心を満たす道具としか少年を見ていない少女のすれ違いを描写。「ヒロインの」少年の健気さが隠し味になって、より少女のドミナさを強調しつつも、初めてなので快感に流される可愛らしさも盛り込んでマイルドに仕上げた。9点
デルーシオン(鬼束直)
 友人の妹の裸を見て以来、ミステリアスなその少女のことを意識してしまう青年。ある日二人っきりになって、少女に抱きしめられ、「何が……したいですか?」と問われ…。あらすじに表すには難解な不思議な作品。謎めいた少女の言動と並行して、貪るような激しいHシーンを展開。「わかりやすい」作品ではないが、作品の雰囲気と描写がうまく噛み合った良作かと。9点
なかよくしてね、お兄ちゃん Aパート(源五郎)
 仲の悪い兄二人(兄同士は義理関係)を案じる心優しい妹。そして下の兄と…。キス→スパッツ脱がし愛撫→正常位挿入→後背側位→座位キス中出し、した所で上の兄が帰宅して下の兄逃亡。本当は全てを覗き見ていた上の兄と「兄妹でもちゃんとできる場所」でHへ。実はすっかり上に兄に開発済みのお尻でおねだり→後背位挿入→座位中出し、としたところで次回へ。密かに妹を巡るライバル関係だった二人の兄の愛を両方共受け入れる心優しい妹を、二回戦可能な構成で描写。半脱ぎスパッツも全脱ぎスパッツ(?)も両方楽しめるお得さも○。次回の展開が読めてしまいそうなのがちょっと心配だけど、それでも期待の一作。9点
眼醒女(メザメ)(町田ひらく)
 中年教師の前に現れた弁護士の老人。先日起きた連続殺人事件の弁護を担当しているという。そして、容疑者の女の名前から、教師はある「少女」のことを思い出していく…。現実と回想が交差する演出、弁護士から断片的に語られる事実。そして教師の嘘。一つの「過ち」が全てを狂わせていく怖さを、フィクションだからこそできる方法で描いた。こんな描き方をする必要はないと言われるかもしれないけど、こういう描き方をする余地を残すためにも、表現は守られなくちゃならない。
Sweet Lair(荒草まほん)
 人前ではキャラを守るために女王様顔している少女。でも幼馴染みの少年と二人っきりの時は…。いつも皆の前で虐げていても、全然嫌わずにいてくれる「いいひと」な少年に、お詫びに「何か一個お願い言ってみて」と提案する少女。それに「Hしたい…かな」と本気で答えた少年と、ドキドキの初Hへ。ぎこちなくも激しいキス→らぶらぶ愛撫→胸揉み→服を脱がせてキス→正常位挿入→愛の語らい→中出し。あえて動きのない公図に徹して、胸揉むだけでぎくしゃくしてしまうほどの少年少女の初々しさを表現。それでいて熱く愛を語る二人にあてられっぱなし。おかず向きではないけど、心癒される作品。8点
面接へ行こう!(姫野蜜柑)
 面接に赴いた会社の前で出会った(染めてない方の)金髪少女。少女に言われるままに面接の練習をするはめになった男だが…。色々ダメ出しされた仕返しに、いたずら心で卑猥な言葉をかけてから事態は妙な方向へ。股間の実物を見せたり、お口に発射したり、お膝で抱きかかえて胸を揉んでみたり、お股をいじってアクメ決めさせてついでにお尻を叩いてみたり、最後は対面座位挿入破瓜からの中出しで性教育してみたり。金髪碧眼(この人にしては)巨乳と典型的キャラに関西弁を組み合わせ、ノーブラで勉強熱心というご褒美も追加。破瓜の痛みに耐えながら「おーいえす」と言うなど、少女の妙な知識から来るおばかっぽさも○。そして予想通りのオチなのに想像の上を行くラストシーン(笑)。9点
ごっこ遊び −ペッタンコ☆パラダイス−(Noise)
 外出する姉のために姪っ子2人を預かった青年。一緒にお風呂に入ったら、股間までごしごしされて…。ひらがな喋り+舌っ足らずな年齢の姪っ子2人にしごかれてぴゅっぴゅしてしまったり、おまたを触ったら絶頂放尿してしまったり、最後は2人を重ねてW素股発射したりと、これでもかと幼女とのいけない遊びを堪能できる一作。当初下心なかったはずなのに急転直下で手を出しちゃう展開は、ちょっと強引だったかもしれないけど許容範囲か。8点
non fiction diary 中編(冬野みかん)
 お兄ちゃんとお友達の「交換日記」を覗き見た妹。そのいやらしい内容で自分を慰めた妹は、お友達に宣戦布告を…。お友達の機転というか思惑通りに、パジャマパーティ3Pになだれ込むお話。お友達がふぇら&妹が見せつけ自慰→口内発射→口移し、したところで勝負でもなんでもなくなって、お友達が妹にレクチャーする展開に。躊躇する青年だったが、妹の告白で理性崩壊。対面座位挿入からの中出しを経て、最後は二人を重ねて交互挿入しての外出しへ。なんか区切り付いちゃった気もするけど、次回どうなるのやら。8点
お泊り少女と仕送り男(ねこたそう)
 親同士が旅行に行ったので、隣家の少女を預かった青年。ところが少女はたいそうご機嫌斜めで、と思ったら密着してきたり…。ツンケンした態度なのに膝の上に乗ってきたり、いきなり「おち○ちんさ…、舐めたげよっか?」と言ってきたり、あれこれ罵られながらふぇらされたり、ぱんつ脱いで69されたり、騎乗位挿入されたり、ご近所に見えてしまうかもしれない状況なのに堂々としていたり、開き直って正常位に押し倒して突きまくったらデレモードに入ったり、最後はらぶらぶ中出ししたり。少女に対する「嫌われている」という誤解(というかあんな態度してたらそりゃそう思うわ)がHの間に相思相愛だったことがわかって解け…たところでオチでもう一回誤解させる、というラブコメ展開がなかなか良好。屈折した愛情表現をするギャル系少女に罵られつつも一途に愛されたい、という人をピンポイントで狙い撃ちしつつ、そうでない人も受け入れやすい良作。9点
お兄のためにできること(彦馬ヒロユキ)
 兄を人質に取られ、さらに兄の願いで卑猥なビデオ撮影を涙ながらに受け入れる妹。たくし上げ→ぱんつずらし開帳強要→豆剥き→恥ずかしさに泣き出す妹に「お兄も脱ぐよ!」と兄参加→妹を開脚抱き上げして放尿をお願い→電動歯ブラシでお豆を磨いて絶頂→さらに磨かれて放尿→さらに胸を揉まれながら磨かれて再絶頂→グロッキー状態の妹に立位挿入で破瓜→正常位→中出し→後背位でお尻に挿入→豆磨き再び→絶頂放尿中出しで快楽堕ちエンド。徹底したクリトリス攻めが見どころだが、コマごとに髪の色が変わるのはちょっとやり過ぎかも。お兄と男たちの関係もほったらかされた感もあるし。陵辱系のおかずとしてはまずまずの出来なだけに、今後の課題も見えたか。7点
強姦ロリマ●コ(あわじひめじ)
 タイトルの響きだけがどことなく似ているソーシャルゲームの仲間の少年と実際に会った少女。ところが、車に連れて行かれて「少年の父」だという男とアイテム交換をしているうちに、隙を突かれてスプレーを…。ゲーム通貨で少年に「売られた」少女は、拘束されて、撮影されながら陵辱を…という社会派作品(おい)。いきなり挿入→乳首(携帯の)バイブ(機能)攻め→後背位ピストン→座位→撮影映像見せつけ→屈服した少女を全裸にして正常位中出し、と非道の限り。コマの外で設定を語るいつもの演出は影を潜めたが、フリガナでの言葉遊びがラストシーンで効果的に使われたりと、演出が洗練された印象。この路線転換の評価はもうちょっと注視してからにしたい。8点
強制撮影(冴樹高雄)
 友達に売られて生ハメビデオに無理矢理出演させられた薄幸の少女。笑顔を強いられ、手荒にふぇらを強要され、喉奥発射→ごっくん強制→咳き込み→両腕拘束クンニ→嫌がる少女に正常位挿入→中出し→男が交代してお尻を座位貫通→二本挿し→W中出し快楽堕ちエンド、とこちらも非道の限りが尽くされる。話の構造自体はよくある展開なものの、暗く重苦しい雰囲気で繰り広げられる陵辱の数々に、悔しいけど興奮させられてしまう(汗)。右頁でフィニッシュしてしまって、オチが横に見えてしまうのが個人的には惜しいかな。8点

 中学生組はくどうひさし、飴沢狛の2人と今月は低年齢寄り。前者はイケメン先生とジャージ少女のらぶらぶ…に見えて実は全くそうではないハードHもの、後者は先輩後輩の純情ラブストーリー。くどうひさしさんのは描き込み量の多さがより臨場感を増しているが、ラストシーンの演出が微妙にわかりにくかったかな(よく読めばわかるけど)。

 次号は…明後日書きます(大汗)。

コミックメガストア 6月号3

 色々お騒がせした転居作業も一段落したので、更新再開です。
 転居先でも雑誌の調達についてはあまり問題はなさそうですが、もしかするとマショウ、阿吽あたりに支障が出る可能性も現時点ではなくはなく…。まあ最近両誌は購入頻度が落ちているので影響ないといえばないと言いますか何と言いますか(汗)。

エリザ様ご用心 第2話(高津)
 ドMすぎる男に手を焼きまくっているお嬢様。男を嗜虐してもむしろ喜ばせるだけなので、今回は逆に快楽攻めで…。魔法の力で何をされても射精するほどに感じる体にされた男を、お嬢様が日常のあらゆる局面で射精させまくり。枯れてしまった男を見てご満悦だったお嬢様だったが、なぜかその晩には男は超回復どころか性欲暴走状態に陥って…。仰向けお嬢様にイラマチオ→喉奥発射→精液の効果で力の抜けたお嬢様に対面座位挿入射精→正常位ピストンで泡立てまくり→後背位→後背位ぶっかけ、と展開するツン(挿入後)デレストーリー。前後半ともにとにかく発射しまくるけど、お嬢様が白濁液で汚れまくる展開ではないので、ライト向けの構成かな。普段は強気のお嬢様が、犯されて内心では「迷い」が生じ始めているギャップが◎。9点
もう最後かもしれないから(小路あゆむ)
 入院中の妹からの突然の愛の告白。余命一週間と知ってしまった妹の想いに応え、兄は…。病院のベッドでパジャマ脱がし→乳首つねり→+お豆いじり→座位挿入破瓜→後背位→中出し→キス、でこの展開ならこういうオチだよな、というラストシーンへ(笑)。16頁かつコマが大きめに取られているのでストーリー面は濃くはないが、コンパクトにまとまった良品。妹の体型や性格は素晴らしいが、もう少し病弱感や薄幸感も欲しかったかな(訂正。オチから逆算したらこれらがあってはダメですね(汗))。8点

 中学生組からは、まずは野良黒ネロさん。ちょっとした性的興奮で淫乱化してしまう妹を「鎮める」兄のお話。普段の内気さと淫乱モードのギャップが極端に取られているので、キャラ作りはばっちり。実質やるだけ漫画ではあるが、しっかりとした作り。
 左カゲトラさんは、先生の軽い冗談を真に受けた真面目少女がスパンキング志願…するもそれは置いておかれて(汗)半脱ぎストッキングでのお尻いじり→お尻に正常位挿入→側位→抱え上げ立位中出し→抜かずの騎乗位→お豆いじり→中出し、とつるぺた教え子のお尻三昧展開。黒ストッキングスパンキングが肩透かしだったのがちょっと評価分かれそうだけど、白い肌と黒いストッキングのコントラストは存分に楽しめる。しかしこれ、いい話なんだけど不倫なんだよね…(汗)(年齢のことは気にしない(笑))。

 桂井よしあきさんは、今回はちびっ子お姉ちゃんの回…と思いきや、性的欲求不満が溜まり過ぎると真の姿のナイスバディお姉さんに変身、ってもはや何でもアリかこの話(汗)。3人目を攻略しつつ実姉のフラグまで立てるという展開を見せながらも、なぜかエンドマークが? まあこれで終わりってことはないでしょうけど。

 初登場の佐伯さんは、少女漫画調の絵柄とシリアス展開に似合わぬ「体臭に悩む彼女と実は匂いフェチだった彼氏」というディープなネタで勝負。ブルマ素股にムレムレブルマ顔面騎乗に、最後はブルマずらし挿入&体操服の中潜り込み結合という斬新なプレイに発展、というアイデアは高く評価したい。いきなりこんな変化球を投げ込んでしまって、今後普通の直球を投げ込んでも物足りなくなってしまうんじゃないかと心配になるほどに、衝撃すぎる初登場作となった(笑)。

 次号はへんりいだ、小林王桂、雨蘭が登場。そして先月の「甘やかしまくり妹」再び。さらに、補強戦力の中にbbsaconの名が!

米沢嘉博記念図書館への寄贈を行いました

 ここ最近お騒がせしておりましたが、本日「明治大学 米沢嘉博記念図書館」へ、部屋の中の雑誌類を寄贈させていただきました。
 アドバイスをくださった皆様、色々動いてくださった皆様には御礼申し上げます。

 結果的に、荷物の個数は48個口、総重量は1トン弱といったところでしょうか(汗)。まあ昨日までにコンピュータ系の雑誌を数日間で2.2トンほど捨てているので、これでもまだまだ…(爆)。
 送料は4万円かかりましたが、これでもかなり無理を言って勉強していただけたので、個人的にはありがたい限りです。

PICT1748
PICT1756PICT1762
(※送る予定の雑誌類をただひたすらに積み上げた山々。実際には送らなかった(&送れない)ものも含まれてますので実際にはもう少し少ない…と思いきや、実はこの後にダンボール2箱分追加が…(汗))

 これから先、コミック文化、それも美少女やエロといった正直言って日陰のジャンルの、それでも立派な文化を構成に伝えるお手伝いが僅かながらもできれば、本当に幸いです。
 ただ単に捨ててしまうよりも『納得できる別れ方』ができましたし。

 現在一山超えて、あとは無事につくことを祈っている段階です。というか、48箱を動かすのにくたびれ果てました(笑)。
 まずは経過報告までに。雑誌レビューは22日頃から再開…できたらいいなぁ(汗)。
ついったー
応援中!
『くれよんちゅーりっぷ』応援中!

真・恋姫†無双〜萌将伝〜応援中!

むすめーかー 2008年10月24日発売予定!
Recharche

WWW を検索
このブログ内を検索
Archives
Articles récents
かえでたん
  • ライブドアブログ