ぷてぃ・あんじぇ Webloli

Attention! Vous enteres sur un site pour adultes.

コミックLO 12月号4

 ご時世とはいえ、各社とも「消し」には苦労されてるようで…(汗)。先月号からがらっと変えてきて、試行錯誤されていることが伺えます。

スキンシップ(無道叡智)
 1頁目から足コキ→ぱんつぶっかけでラブラブムードな兄妹スキンシップを展開。そのまま最後まで「兄妹だから挿入できない」「下着コキ&ぶっかけ」を徹底し、最後は割れ目めがけて発射&嬉ションでフィニッシュ、という巻頭フルカラー8頁。下着の素材ごとの微妙な透け具合とか色とりどりの華やかさとか、カラーページである特性を良くぞ活かした秀作。短いながらも禁忌感を煽りつつ、ラストカットでの「今後の期待」につなげる構成も十分。9点
自慰っくす in public toilet(前島龍)
 9月号の続き。露出配信の前に公園で自慰にふける少女。年下の少年に見つかったので、誘惑してお召し上がり…と思ったら少年の父親に見咎められ…。でも結局多目的室で3Pへ。指で子宮口刺激→少年に騎乗位挿入+父親にふぇら→精通→父親のをおねだりするも無視され→自ら掻き出して無様におねだり→後背位突き込み→+少年のをおしゃぶり→大絶頂、と展開する肉奴隷プレイ。少女の変態マゾ気質と父親のサディスティックな要素ががっちり噛み合い、「便器以下」の扱われ方に少女が大興奮。既に25人と経験した少女が堕ちに堕ちる(といってもプレイの範囲で)。フィニッシュが右頁(展開の都合でやむを得ない)、少年がサド覚醒するシーンも欲しかったかも(これは欲張り過ぎか)、オチが引きとも締めとも付かないもやっとした感じ、という惜しい点はあるが十分9点
いんぴお!(中村カンコ)
 年下の少年と何だかいい雰囲気の少女…の前に現れた謎すぎる男。その男が謎事態を巻き起こしまくり、少年が天然でボケ倒し、少女が巻き込まれまくるお話。展開がミラクル過ぎてあらすじ解説がかなり難しいが(汗)、「公園露出」「裸マフラー」「デカクリ(というほど大きくはならないが)」「少年少女初体験」の要素を全部盛り込んで得体の知れない調味料で味付けしたらこうなった、という感じ(笑)。フィニッシュが小さめなため、おかずとしてはまずまずなレベルか。8点
ふたりびっち(冬野みかん)
 閑散としたビーチの海の家でバイト中の青年。オーナーの孫娘2人と仲良くなりすぎて…。2頁目から順番にふぇら→Wふぇら→2人にぶっかけ→水着ずらしおねだり→W胸元抱きかかえ→W開脚→2人にそれぞれ挿入→二段重ね素股→ぶっかけフィニッシュ、ととにかくやりまくり。海ものにしては割と珍しく日焼け要素はゼロだが、露出過多な水着+パーカーに包まれた育ちかけ&ナイチチの食べ比べが可能という、素材の美味しさを存分に活かした構成。ぶっかけ属性は必須だが、この展開では仕方あるまい。9点
お兄ちゃんの観察日記(宮野木ジジ)
 レギュラー昇格。朝顔の観察日記作りに失敗したおばか妹が、小さい頃に見た兄の股間のものが確か朝顔と相似形だったことを思い出して、睡眠中の兄の股間を観察開始…するも、既に似ても似つかない物体に変化していた…(笑)。いじっているうちに発射させてしまい、以来その「蜜」の虜になってしまった妹が夜な夜な兄に夜這い。さすがに兄に感知されるも、ふぇら→口内発射→開脚おねだり→クンニ→我慢できずに正常位挿入→キス→後背位→中出し→お掃除ふぇら、と展開。処女のままお口だけテクニシャンになった妹と、何だかんだ言いつつ童貞丸出しの兄でHシーンを始めて、終盤に向けてどんどん妹の表情が艶を帯びていく様はなかなかのエロさ。2作目にして大きく進化しており、今後が楽しみな逸材に。9点
エプロンにごちゅうい!?(三月さんいち)
 裸エプロンでツンデレ愛娘がお出迎え…と思いきや着衣があって大いに嘆く父。お小遣いに釣られて下着エプロン姿で調理するも、結局キッチンで背後から素股→テーブルで愛撫→正常位挿入→後背位→中出し、と進む10頁エロコメ。裸エプロンへのこだわりがあるくせに下着を許していいのか、というツッコミは無粋か(笑)(どうせ脱がすし)。テンポ良くコンパクトにはまとまったが、抜けて抜けてというよりは娘さんのツン可愛い所を愛でる作品か。8点。しかし、出来上がった夕食があれだとすると、当初台所で煮ていたものは何だったんだろう…?(定番の焦がして失敗→安易に作り直し、ではなさそうだし)
歌いません、するまでは 〜続〜(EB110SS)
 10月号の売春カラオケ店の続き。本番をやらせてくれない小学生よりもやらせてくれる中学生、な気分になった男だったが、お店には珍しい6年生眼鏡っ子を指名したら…。スパッツいじり→ぱんつに顔寄せ→ぱんつずらし愛撫→胸いじり→ふぇら→意外にも挿入OK(というより拒否していいことを少女が知らなかった)→ぱんつずらし騎乗位挿入→正常位→後背位→中出し、といつもの淡々路線。身勝手な欲望を持つ男(特に最初の2頁に顕著)と単なる面倒なお仕事と割り切る少女の、永遠に交わらないはずの2人が売春窟で体を交える、という愛も萌えもドラマも何一つ無い(褒め言葉)皮肉めいたシチュエーションを表現できる人はこの人だけだろうなぁ。人は選ぶので8点止まりだけど、オンリーワンであることは確か。
私を満たすもの 〜放課後まで待てない〜(彦馬ヒロユキ)
 父さんの会社が倒産したら娘がさせられる事は一つ(おい)とばかりに、さっさと男達に売り飛ばされる娘さん。半脱ぎスクール水着で拘束され、媚薬愛撫→ローター攻め→電マ攻め→絶頂+集団ぶっかけで心が折れ、処女のまま堕ちてしまった少女の行く末は?といった感じで次回へ。今回は12頁のプロローグ的な話なので、単品での評価は難しいか。集団ぶっかけに興味があればいいおかずか。
コンチェルト(甘露アメ)
 初登場。合唱の声出しがうまくいかないツインテ眼鏡っ子。先生に居残りさせられた少女は、他の子が先生に受けているという「ひみつのとっくん」を(騙されているのではなく内容も承知の上で)志願するが…という定番展開。先っぽふぇら→発射→(3日間で奥まで咥えられるようになった)ふぇら→69→口内発射→(7日後)ごっくん→既にとろとろのあそこに挿入→グラインド→キス→抱きつき中出し、というラブ堕ち展開。中盤の口内発射から7日後のごっくんにつなぐ演出はなかなかの非凡さ。キャラも可愛く描けて、ストーリーも定番ながらしっかり。あとはガッツリ抜ける見応えのある構図の習得ができればかなりの逸材になれそう。まずは8点
異文化コミュニケーション(箕吉)
 初登場。お父さんのお友達の外国人男性の「積極さ」にときめいたりドキドキしたりしてしまう少女。熱くなった体を自慰で冷まそうとしていあたら、当の男性が自室までやってきて…。キス→愛撫→座位挿入→対面座位中出し、とプレイ自体はオーソドックスだが、得体のしれない男性のペースにずるずる巻き込まれる少女の痴態が何ともエロティック。柔らかそうな少女とゴツゴツな男の体格の対比もよく描けているが、肌の色とシャツの色を同じにしちゃうのは見る側の混乱を招いただけじゃないかと(笑)。癖の強い男性描写を次回作以降どう見せてくるかが鍵か。8点
今日も(七瀬むく)
 苦難を乗り越え初登場。「おじさん」に毎日のように陵辱されているうちに、すっかりおじさんなしではいけなくなってしまった少女。おじさんにだだ甘で懐き、キスやふぇらのおねだりをするほどに…。横笛ふぇら→玉舐め→強制イラマチオ→喉奥発射→69クンニ→お尻の穴クンニ→くぱぁしておねだり→でもお尻に挿入→排尿浣腸→前に挿入&後ろは吹き出し→中出し、という一方通行ラブストーリー? ラブモード全開の少女に対し、おじさんは自分がしたいだけで少女が望まないプレイ(イラマチオやアナルセックス)を強要。でも少女もきゅんきゅん感じちゃう、というどうしようもない堕ちっぷりがダークさを強調。まあ何だかんだで最後はおじさんも少女が望む通りに中出ししてくれるので、意外と相思相愛なのかもしれない(笑)。8点
チューベローズの誘惑(よしの)
 歳の離れたお姉ちゃんが彼氏を家に連れてきたので、早速誘惑を始める妹。キッチンに姉がいるのに、さりげなくぱんつ見せ→股間さすり→ふぇら→口内発射→くぱぁ→騎乗位挿入→キス→(彼氏も我慢できなくなって)胸愛撫→子宮ノック→中出し、と展開。この手の話にありがちなスリルを煽る危機的状況描写は序盤だけに留め、残りは声を殺してのグラインドに専念。まあ生でさせてくれない彼女よりも、生理の来てない妹を選んじゃうのは男としては仕方ないよね!(笑) 9点
変態お兄さんと一輪車少女(yam)
 少女の愛用する一輪車にこっそり突起物を仕掛けていた変態男。それに気づかず乗った少女は、快感でふらふらに。少女を助けるふりをして刺激を増し、絶頂失禁にまで至らせた男は、さらに…。ふきふき→ローター攻め→耳舐め→ローター挿入→ナニも挿入→子宮ノック→生理来てるか忘れたけど構わず中出し、というハードプレイ。展開がうまくいきすぎるのはコメディならではとして、フィニッシュの構図を三分割したことで小さめに見えてしまうのが残念かも。脇役の子に強い個性を持たせた分、ラストの締りが悪くなってしまったが、続編構想でもあるんだろうか…? 7点
ちまっと支払いのーりょく!(智沢渚優)
 定番の「万引き少女陵辱」ものに少しひねりを追加。冒頭は素股→絶頂→ぶっかけ、後日クンニ→正常位挿入→中出し、その翌日ランドセル後背位おねだり→(客が来たので)ダンボールに隠して挿入→運ばれながら絶頂おもらし→客が帰ったので箱から出して激しくピストン→全身ぶっかけフィニッシュ。全くビッチそうではない儚げな少女が再三男を求める、というギャップが○。お仕置きしている側が実は奉仕しているのではないか?という倒錯的な構図なのも雰囲気を盛り上げてくれる。9点
かわいくないこ(Noise)
 ボーイッシュ+眼鏡+(最近の流れで)短パン+性悪、と可愛くない要素揃えまくりの少女が、主導権を握ったまま先生を籠絡。胸見せ→(アイスで冷やした口で)ふぇら→眼鏡ぶっかけ→座位挿入→脇舐め→対面座位キス→胸いじり→中出し。見るからに悪友という狭い所を突いてきたヒロイン像、フェティシュ要素満載の展開、と個性豊かな作品になるかと思いきや、14頁という量が災いしてラストは駆け足に。あと2頁あれば使い勝手良く締められたかと思うと、もったいない…。6点
鶴の恩返し(姫野蜜柑)
 定番の「動物の恩返し」ものをひねりまくり。罠にかかった牝狸さんが、イケメン狸に助けられ…る直前に人間風情に助けられてしまい、恋破れた牝狸は復讐を誓う(笑)。翌日、「たぬき」と名乗る少女が男の部屋を訪れるが…? ここから先は読んでのお楽しみ。いつもの実用性高いほのぼのバカエロ展開に加え、漫画ならではの演出が冴え渡る怪作。ギミックも萌えも珍妙なコマ(お乳が二個しかない!(笑))も実用性も全部楽しめる贅沢な逸品。基礎点9+アイデア賞で10点。ただ…なぜこのタイトル?
小麦色のこびん(上田裕)
 愛しの叔父さんのために(将来の多大なリスクを犯してまで)日焼けした少女。そんな姪っ子をお召し上がり…と思いきや、姪っ子は御機嫌斜めで…。仕方なくやった日焼けでいつもより叔父さんが興奮しているのが気に入らない、という乙女心全開の姪っ子に、クンニ→脱がせ→一旦挿入→69→座位挿入→後背位→正常位→対面座位→全身ぶっかけ。わざわざ回りくどい展開をしたおかげで、日焼けっ子の全身をくまなく堪能できるという属性持ちにはたまらない展開。くっきりとしたコントラストが効いた肌に、最近定番の大量ぶっかけと、日焼けものとしては決定版級の完成度。そして嫌々言ってても次第に蕩けてしまったり、ラストの一言でこちらを萌え死なせかねない少女の可愛らしさもお見事。10点

 中学生組は雪雨こん、藤坂リリックの2人。前者はウブな少女を快楽染め、後者はツンデレ幼馴染と授乳ごっこ(だけではないけど)。

コミックLO 11月号5

 随分遅くなりました。

おいしゃさんシリンジ(上田裕)
 巻頭フルカラー8頁。患者さんが好みすぎてついつい(性的な)過剰診療をしようとした青年医師。その魂胆を即見抜いた少女は、まるで誘惑するかのように…。意を決して胸をはだけて貰おうとした医師が見たものは、「間違えて」下まで脱いだ少女。触診で震える手を割れ目の方まで導き、股間のお注射をシコシコし、自ら四つん這いくぱぁしてお注射のおねだりも。最後はもちろんお薬を中出ししてもらう。犯罪行為に舞い上がって全く余裕のない医師に対し、百戦錬磨?の少女が余裕たっぷりに誘惑するわ、ちゃっかり医師の収入力を聞き出すわ、きっちり口止め料も請求するわで、ビッチ兼しっかりさんのキャラ作りが面白い。フィニッシュが最終頁なので8点止まりとはいえ、エロコメとしては起承転結きっちりした完成度。
きなこのキモチ(藤坂リリック)
 転居先の隣室の美少女と知り合った青年。新生活の期待に胸と股間を膨らませていたが…。「いつでも遊びに来ていい」と言った青年の言葉通りに夜に合鍵で侵入してきた少女(母親が水商売という定番設定)。ついうっかり風呂に誘ったら何故か乗ってきて、体中を触ったり、憧れの生スジを鑑賞できたり、最後はモチモチのお股ですりすりして発射まで至ってしまう。風呂から上がっても未知の快感に快感に戸惑い続ける少女に、青年がクンニ→座位挿入→後背位→中出ししそうなので止める→少女の方から腰を動かす→座位中出し放尿、でハッピーエンドへ。少女のキャラ作りが無口+睨み付けなだけに、絞りだすような本音の一言の可愛いこと。喋らない分表情で萌えさせてくれる。そしてコスプレ要素はタンクトップ+男物ブリーフというマニアックさ! 最終的にはブリーフは脱がしてしまうが、前を開いて割れ目鑑賞&クンニというこの下着ならではのプレイを展開。またストーリー面でも水商売の女性に対する先入観をうまく使っていて、ご都合はかなり過ぎるが隙の少ない良作に仕上がった。9点。ただ、ということは普段からこの青年は白ブリーフ履いてるんだろうか?(笑)
いっしょにみよ(きんく)
 小さい頃から可愛がっていたお隣の少女ももうお年頃。異性として好意を持っている少女が性に興味を持つ、という嬉しい状況に自制も大変だったが、とうとうHなDVDを見つけられてしまい、上目使いでのお願いに負けて一緒に見るはめに…。青年の膝の上で見ていた少女が興奮し、汗とシャンプーの香りで青年も大興奮。腰の止まらない少女のお股をいじってあげていると、少女がモザイクのかかった部分に興味を持ち、69で見せ合いっこへ。クンニ→DVDの真似をして少女が先っぽかじり→その拍子で少女を深く吸ってしまい絶頂に導く→少女が開脚して割れ目いじり→正常位挿入→キス→グラインド→よく見えないと言うので座位で鏡に写し→大興奮のままに中出し。2作続けてギャルで来ていたけど、今回は好奇心旺盛な純真少女で勝負。無垢な少女の天性のエロ過ぎる仕草は破壊力満点で、ギャル以外でも十分やっていける実力を見せつけた。右頁で出しているのも気にならないラブラブっぷりは、非常にいいおかず。9点
みあのなつ日記(みさお。)
 二人きりの補習授業中に、先生におねだりする日焼け少女。べろちゅー→脱がして後背位挿入→中出し、日を改めてプールの更衣室で縞マイクロビキニ姿で密会してキス→クンニ→絶頂、さらに日を改めてお祭りデートをし、茂みの中でふぇら→口内発射(飲めない)→立ち愛撫→対面座位挿入→正常位→中出し、と24頁とにかくラブラブしまくり。用意周到なので必ずゴム着用で挿入、というのが生々しくていいのか(ストーリー上ではちゃんと理由付けしてるけど)、もう少しファンタジーに振って欲しいかで評価分かれそう。場面転換が2度入るものの、勢いが途絶えること無くじっくりとフィニッシュへ向けて盛り上げていっているので、おかずとしても使いやすい。9点
花子と太郎の夏休み(町田ひらく)
 小中一貫校で、屋上から飛び降りる少年を見ている少女。しかしそれは「七回目」だという…。自殺した少年の霊と語る少女、男子トイレで繰り広げられる輪姦、別々の2つの物語が最後に一点で繋がる様はさすが。
ねえねえ(まきお)
 赤ちゃんがどこから来るのかに興味津々の牧場(の近所)の幼女。聞かれた青年が定番のコウノトリでごまかそうとするも、既にヤギの出産シーンを目撃されていて撃沈。さらに、青年の目の前でぱんつを脱いで出産穴を確認しようとしていたら、自然とお股の気持ち良さに気づいてしまい、そのエロさに辛抱できなくなった青年が性教育開始。お膝の上で愛撫→肉棒いじらせ→キス→挿入→側位→後背位?中出し。ページ数が16頁なので、前半じっくり描いた分、後半8頁のHシーンにやや駆け足感が。フィニッシュも最終頁上半分に押し込まれたので、使い勝手も惜しまれる。前半の無邪気な開脚シーンはエロ可愛いのだけど。7点
イチゴテイスト(無道叡智)
 友人の妹を預かった青年だったが、3コマ目から黒スト越しのぱんつを見せて誘惑してくるヤンキービッチだった。初めて女の子に触る青年は、少女に誘われるままに…。黒スト越しにお股いじり→キャミだけ残して開脚→割れ目をいじるも続く手が思いつかずにエロビデオ知識を参考にして道具を使用することに→少女が舐めていた回転式のキャンディーを挿入して回す(笑)→クンニ(イチゴ味)→絶頂潮吹き→くぱぁ→正常位挿入で童貞卒業→結婚申し込み(爆)→「好きだ」連呼でキュンキュンきてしまう少女→側位で受諾する少女→正常位グラインド→中出し。童貞を貰ってもらっただけで好きになってしまった青年と、同年代とは経験豊富だが上の世代の「大きさ」に感じた上に、言葉でラブ堕ちしたビッチのラブストーリー。まあ逆パターンはよくあるから、こういうのもアリか。おかずとしてはいつも通り極上で、大ゴマ小ゴマの緩急を付けつつ、前半で上から目線のビッチだった少女が、後半でキュンキュンしてから急にしおらしくなっていく様もきっちり表現し切った。9点
かなちゃんの好きなモノ(いさわのーり)
 隣家の少女がアニメのDVDをよく見に来る定番展開。そしていつものように、アニメ鑑賞を邪魔しないように少女にクンニをしている男。そして放尿させ(当然飲尿)→クンニ→豆吸い+指挿入→絶頂→座位挿入→乳首クニクニ→とろけまくる少女→中出し→豆いじり→絶頂。前半部を「アニメを見せながらいたずら」に特化し、うまいこと伏線を張りつつ独特の雰囲気を盛り上げ。中出しと絶頂にあえてタイムラグを設けることで「この歳で身体はこんなにエロいのか!」という描写を盛り込めたもの興味深い点。男が(横方向に)大柄なので、体格差の演出も控え目ではあるもののバッチリ。軽く9点到達。
すぺしゃるさいず(mizu)
 お友達のために寝ている兄の股間をご開帳…したら当然怒られた妹。その日は何だかんだで有耶無耶になったが、翌日発情モードのお友達が兄の部屋に押しかけて…。再び見せてもらう交換条件に自らノーパンスカートをたくし上げ、彼氏持ちなので積極的なお友達が69→ふぇら→発射へ導く。そして「試すだけ」でくぱぁ→正常位挿入→(妹がやって来て覗き)→お友達が大興奮→中出し、でさらに妹も介入して「試しに」することを要求するも、処女の妹では警察沙汰の前に病院沙汰になりそうなのでお尻愛撫+お友達が前を愛撫→お尻くぱぁ→挿入→後背位→お友達が豆吸い→絶頂中出し→お友達にもお尻挿入以下略。珍しく?膣内挿入シーンがあると思いきや、最後はやはりお尻にこだわった。定番の「大きさの差で寝取り」もさらっと挿入し、3P要素は展開の都合でおまけ程度ながらも豊富なくぱぁシーンなどで実用性は十分。9点
告白らぷそでぃ(智沢渚優)
 誰もいない教室でいよいよ告白…と思ったら、クラスメートたちが突如やって来て思わず教卓に隠れた少年少女。教室で集団逢引していた彼らに見つかった少年少女は、口封じついでに「仲間」にされるはめに…。少女に集団愛撫+お口に挿入→集団監視の中で初体験→興奮が伝播して各カップルがやりまくり→見開きで集団外出し、とページ数の割に構成はシンプル。寝取りとかスワップ要素もなく(お口の初めては持っていかれるけど)、珍しく大逆転もなし。その分オチが不発気味になってしまったか(スワップを経てならあのオチはより機能したかな?)。構図は迫力あるんだけど…。7点
そうさ君は素敵な女の子だよ(浦井民)
 訳ありすぎて親戚宅で下宿する青年。その家の従妹の眼鏡っ子は…心を病んでいた。青年を「自分の妹を狙う小児性愛者」と決め付け、「妹を守るべく」その身体で青年の射精管理を淡々とする役を演じ…。前半は暴力込みで有無を言わせない無表情騎乗位で青年を支配下に置き、後半は「学校の炎上」という事態を奇貨として興奮に染まった少女が男を求めまくり。結局のところヤンデレものなんだけど、今や使い古された刃物やバイオレンス要素抜きに、狂気と表裏一体の深すぎる愛情を描いた実験作。アイデアも凄いが実用性もきっちり確保し、かなり人は選ぶものの読み応えのある一作に仕上がった。9点
やわやわの(鬼束直)
 親戚でフランクな関係の青年と少女。話の流れでHな雰囲気になり…。胸揉み→キスから始まる初体験物語なのだけど、あえて前半を色気もムードもない(ガチガチの少女が歯を食いしばってたり)演出をした分、後半の艶やかな雰囲気をギャップで盛り上げるという手法が効果的に用いられ、ヒロインの眼鏡っ子がいい意味で地味なのも演出にはまっている。抜きごたえのあるおかずとしては他作品に一歩劣るが、これはこれでお似合いなカップルのラブコメとしては上質な一作。8点
悪人入門 前編(佐々木バレット)
 むしゃくしゃして夜の公園にいたら、顔だけは知ってる同学年の少女の援交現場に遭遇した少年。以来少女のことが頭から離れず、少女に定番の脅迫をしてみたものの、余裕たっぷりの少女に主導権を握られ…。冒頭はオジサンとの外出し素股、中盤は少年にお股を触らせただけで鼻血を吹いて終了、終盤は顔面騎乗で飲尿させ→敏感なのにいじられ続けて絶頂、と前編らしく関係は縮まったものの本番には至らず。さて次回はどうなる?
おーばーおーる(Noise)
 担任の先生と結ばれて浮かれまくりで、成績も急降下した巨乳眼鏡っ子。補修が二人きりと知って、裸オーバーオール姿で誘惑してみたら…。色々はみ出まくりのその姿に辛抱できず、背後から胸揉み→愛撫→ずらし後背位挿入→座位中出し→そのままグラインド→座位中出し。裸オーバーオールプレイに求められる要素を漏れ無く投入(肩紐を手綱っぽく使うとか!)。構造を工夫して脱がさなかった英断も評価したいが、それだけにおかずとしてもう少しフィニッシュの構成が使いやすかったら…。8点。あと、おばか眼鏡っ子というのも意外と珍しい。
るーたーついんず(前島龍)
 双子の愛娘に、明日の運動会の応援衣装の「チア服」と「学ランブルマ」を見せられ、どっちも可愛いと返事をしたばかりに…! 父を押し倒してどっちがいいか決めさせるために、お約束の勝負に突入。玉舐めふぇら→先端舐めじらし→Wふぇら→顔面騎乗クンニ→前立腺刺激→発射(&奪い合い舐め取り)→下を脱いでW素股応援→ポンポンコキ→発射→しながらお仕置き不意討ち挿入→子宮刺激で反省→もう片方に後背位で挿入→鉢巻を掴んでお仕置きグラインド→二人を重ねて交互挿入→W中出し。流れるような展開というか、フィニッシュへ向けての勢いが凄い。前半は娘側が攻め、後半は父が攻めることでメリハリが付き、半脱ぎとはいえコスプレ要素も十分。フィニッシュはもう1頁早ければ文句なしだが、ずらすと間延びする気もするので悩ましい。9点
凛としてしゃぶれ(クジラックス)
 休筆前の一作。なし崩し的に男にされるがままに犯される少女をじっくり描写。強制手コキ→恐怖で失禁→立ちクンニ→強制ふぇら(を発射まで7頁!)→朦朧とする意識の中で記念撮影、という「フェラするだけ漫画」をこの質で描ける逸材が失われるのは痛い。しかし今回は「ただの凄い陵辱漫画」に留まっているのも事実で、リフレッシュして本当に凄い作品を引っさげて戻ってきてもらいたい。8点

 中学生組には岡田コウ見参!(LOだから数年ぶりに小学生描いてくれないかな〜とちょっぴり期待したけど(大汗)) しかもこの雑誌ではかなり珍しい姉もので勝負してきた(おまけに弟の方が体格が上)。連載の帰結をじっくり見届けたい一作。
 他には福永ゆきとさんが万引き少女を集団陵辱する話を。

 次号は中村カンコ登場の見込み。

コミック天魔 10月号3

 春風道人さん狙いで買ったら、意外と書くこと多かった!

アイドルは発情期(上杉響士郎)
 地方営業で旅館に泊まったボーイッシュアイドル少女が、熟睡中のマネージャーに夜這いを…。膝の裏コキ→手コキをしているとさすがに目覚めたマネージャー。彼が相方とはしていることを咎めつつ、騎乗位寸止めくぱぁで誘惑する少女に、マネージャーは我慢しきれず挿入。初めての痛みと快感に酔いしれながらグラインド→相方が戻ってきたので隠れる→マネージャーが後背位挿入してスリルプレイ→中出しで、次回に期待を持たせるコメディオチへ。ボーイッシュ+貧乳ながら、浴衣の着乱れ具合で自然と胸元に目が行く構図がなかなかのエロさ。相方が見ているテレビ番組で、この子がアイドルなんだと印象付ける演出も○だし、実用性もかなりのもの。9点
お口のちっちゃなコイビト(ZION)
 巻中フルカラー4頁。公衆トイレに駆け込んだ男の前に現れた爆乳金髪ランドセル少女。「イイ臭い」に引き寄せられたという少女が、男のものをねっとりと…、でも4頁しかないのでふぇら→即挿入→中出しとなるのは仕方ない。この歳で恥垢フェチ、という強烈なキャラ属性なので、むしろフェラチオ特化でも良かったんじゃないか、という気も。別に爆乳をどうこうするわけでもないので。画風がフェティッシュな内容と合ってるのは良かったんだけど、7点。あと、黒消しのせいなのか男性が包茎に見えない(汗)。
楽しい楽しい中出しパーティー(ザキザラキ)
 ふとしたことから知り合いの少女が父親と近親相姦していることをしった男。欲望のままに少女を脅迫してみたら渋々OKが。「いつものように」してもらうと、いきなり唾液手コキ→ふぇら→くぱぁ、と段々と少女のH大好きな本性が露わになり、ガニ股騎乗位挿入→「パパのより硬くておっきい」→べろちゅー→中出し、でセフレゲット。その後は仲間を集めて、最初は少女はむくれていたものの物を見たら即喜んで、楽しい輪姦プレイへ。天性の淫乱少女と背徳感ゼロでやりまくり、というのは悪くないんだけど、おかずとしてのヤマの部分が分散してしまって使いにくいか。無邪気さと淫乱さの両立はまずまずうまく行ってるだけに、ここぞという抜きどころが欲しかった。6点
取立屋鬼姫vs猛牛Fuck!(安藤裕行)
 家賃の取り立てに来る大家の娘さんの目をそらすために、少女の趣味のプロレスビデオを見せていたが、夢中になってかけてくる技の数々から逃れようと少女にくすぐりを…。爆乳どころか超乳+(画風の)高等身でどう見ても対象外、と思ったら12歳明記なのでこっちに(大汗)。くすぐり攻撃でメロメロになった怪力少女に、乳揉み→乳舐め→バックからクンニの反則攻撃を仕掛ける男。そのまま流れるように後背位挿入で童貞卒業し、背後を取ったままグラインド→尻にぶっかけ。さらに少女の無知につけこんで、用意したエロ台詞を意味もわからないまま喜んで言わせつつビデオ撮影し、パイズリ→ぶっかけ→ひょっとこふぇら→騎乗位挿入→大家さんの応対をしつつグラインド続行→駅弁→騎乗位中出し。後半の挿入シーンは「意味の分からない台詞を楽しそうに言わせる」背徳感に加えて、ハメ撮りのお約束のピースを多用したポーズのエロさ、さらに父親から娘を寝とってやった征服感も相まって(まあご都合が過ぎるのは否めないが)なかなかのエロさ。ぱっと見ではとても12歳相手には見えないが、アイデア面で必然性を一応持たせたことは評価。8点。まあ少女がでかい分、男も超巨根なので釣り合いは取れてるか(笑)。
ばんそうこう(春風道人)
 プール帰りの妹(か妹的存在の彼女)の様子がどうもおかしいので、冗談でワンピースをめくってみたら…。そこそこ定番の「替えのぱんつを忘れてきた」ものをアレンジし、前半は「大事なところ3箇所を絆創膏で隠す」+「半露出状態で歩いていてメロメロに」な展開。中盤以降は興奮し過ぎて汗だくの少女を茂みに連れ込み、絆創膏剥がし→汗ふき代わりにぺろぺろ+乳首コリコリ→立ちクンニ→脱力した少女のお口に肉棒を突っ込み→口内発射→全裸+木に手をつかせて後背位挿入→四つん這いグラインド→キス→乳首つねり→抱え上げ中出し+絶頂放尿、と野外プレイでお腹いっぱい。プロット自体に目新しさは特に無いが、定番の良い部分だけをきっちり押さえて完成度高く仕上げた。少々ぷにっとしたサイドテール少女をおいしくいただくおかずとしてなら絶品。これでキャラの掘り下げまで求めるのは過剰要求か。とりあえず10点、キャラ萌えとかストーリー性を重視する人は−1点で。

 ところでTANAさんの前後編カラーは単行本に収録されるんだろうか…?

コミックゼロス #113

 まとめて買おうとすると、ついついゼロス合わせになって他のレビューが大幅に遅くなってしまう…。遅れているやつは明日以降順次。

脱出!ちびっ娘車両 後編(御免なさい)
 36頁で完結。大容量を生かして大ゴマ・見開きを多用し、あらすじ記述不可能なほどのジェットコースタードラマ。基本的には陵辱堕ちもののプロットを踏襲しつつも、ページを捲るごとに良くも悪くも先読み不可能な展開が押し寄せる。これが異次元の域まで行かずに常識の範囲で留まったのは、物足りないと見るかよくぞ我慢したと見るか(汗)。個々の圧倒的な描写や描き込み量はさすがの凄みなんだけど、じゃあ全体として将来の記憶に残る作品かと言われればちょっと首をひねる。暴走列車が脱線したまま目的地まできっちりたどり着いたような、誰にも真似できないけど真似されても困る、そんな作品。8点
エリザ様ご用心 最終話(高津)
 あと一歩でデレるお嬢様のために、訳あって小さくなった執事さんが最後の一計を案じ、射精を封じた上でお風呂場3Pへ。執事さんのローションふぇら→嫉妬で自棄になったお嬢様がローションを膣内注入→下僕が回想でフラグ立て→愛の中出し→デレモードに突入したお嬢様と挿入したままべろちゅー→孕ます勢いで…ときて体力が尽きる下僕→いい話っぽく3P突入(笑)→交互挿入しつつ執事さんに中出し→お嬢様ふぇら+執事さん肛門舐め→前立腺刺激で発射→W素股→耳元誘惑→見開きでぶっかけフィニッシュ、でハッピーエンド。最終話にふさわしく、絞り尽くさん勢いのフルコース。迸る粘液やらなんやらでぬるぬる状態なのもまたエロさを倍増させている。顔面騎乗からの飲精描写もさらっと盛り込まれているのでM属性の人向けだけど(元々そういう話だが(笑))、高水準のエロコメとして綺麗にまとまった。10点
また明日学校でね(みなすきぽぷり)
 本誌発登場(原文ママ)。お友達のお誕生日会に誘われたものの、その日はティッシュ配りの仕事がある少女。遅れても必ず行くからと約束をして、ささやかなプレゼントも用意したのだが…。酔っ払い2人に絡まれ、口車に乗せられ、あっという間にひん剥かれていく少女。そして同時進行で行われる幸せそうな誕生日会の描写が、陰惨さをさらに強調! 無理矢理ふぇらや手コキをさせられ、口内発射されて吐き出した事を咎められ、せっかくのプレゼントも男達の情欲に汚され、ハメられたまま泣き顔ダブルピースを取られ(上のコマでは誕生日会の記念写真が撮られている、というえげつなさ!)、徹底的に汚されし尽くされる少女(と似たような状況や擬音が誕生日会でも展開されている)…。男が一方的に欲望を満たすことを優先させたためこっちが使いやすいフィニッシュではないものの、下手に少女に絶頂させると逆に嘘臭くなるからこれで正解か。顔面ぶっかけフィニッシュ属性のある人なら+1点してもらうとして、限りなく10点に近い9点

 くそぅ、可愛すぎるぞ、ビッグボディ熊井先生!(笑)
 今月は姉ものが豊作だなぁ…。あと、メイドものの2作品が「いい意味でコスプレ」で揃ったのも興味深い。

コミックLO 10月号4

 暑さに負けて遅くなりました。

夏休みプールサイド(Noise)
 巻頭カラー4+モノクロ12頁。女児短パンシリーズながら、テーマはセパレートスク水! 内容は日焼け少女とプールでらぶらぶ→フェンスに手をつかせてバックから突きまくり→中出し、というあっさり味ながら、セパレート型の利点?である「下だけ脱がす」独特のエロさが、褐色肌と良いコントラストになっている。丁寧に描写はされているが残念ながら突き抜けてガッツリ使えるまでに至らず、フェティッシュな方向にも振れていないので、手堅いながら薄味感は否めなくもない。少なくとも日焼け属性は必須。7点
なかなおり。(佐々原憂樹)
 叔父さんと1年半愛を育んだものの倦怠期に突入してしまい、局面打開のためにあえて口喧嘩をしてみるが…というほのぼのストーリー。しかし会話のほとんどがHに直結してるわ、単なる例え話ですらきっちり描写されているわ、で画面は非常に華やか。H自体は対面座位挿入からの中出しの第1ラウンドと、スイッチが入っての座位再挿入→立位→中出しの第2ラウンドの2回戦可能な構造ときっちり描き込まれた描写も相まって、実用性は極めて高い。影になっている部分が日焼けっぽく見えてしまうという、丁寧過ぎて裏目に出た面もあるが(漫画のウソで済ませて良かったんじゃ…)、純愛ながらも「濃い」Hを展開する上に、「両耳を塞がれてべろちゅーされると余計に感じる」というもう二度と見られないようなシチュエーションも含め、恐るべき完成度。前回と比べるとやや惜しい出来だが、それでも悠々10点到達。
微かなカオリ(藤崎ひかり)
 シリーズ最終話。1頁目から後背位→ランドセルに外出しされたくなくて中出しされる→そのまま登校、という陵辱を受ける少女。彼氏への裏切りに心は痛むが、なぜか身体は熱く…。中盤は男に呼び出されての側位→後背位→正常位中出し→じらし後背位→ついに自らおねだり(した声が電話で彼氏に筒抜け)→後背位で突かれて謝りながら陥落絶頂…とNTRジャンルの王道を行きつつ、ラストシーンはこのジャンルならでは(?)の解決法で締め。まあ定番でも濃い展開を求める人には向かないかもしれないけど、あえてこの人らしいストーリーにしたことは率直に評価。とはいえダーク系のおかずとしても悪くないし、ハートマーク並べて絶頂するシーンはなかなかの迫力。9点
ひと夏の経験(上田裕)
 清純な処女にしか興味ない男に、オトナアピールを繰り返して処女を貰って欲しい少女。全8頁なのに3頁目まで全く相手にされなかったのに、4頁目で「最後の乳歯が抜けた」途端に…?(笑) セリフ回しがとにかくシュールというか感情移入が困難なレベル(汗)だが、独特のテンポのコメディとして成立はしている、と思う。まあさすがに今回は中休みの回ということで。6点。 
ひみつのあそび(小路あゆむ)
 週末ごとに従兄の家に行く少女。普段は優しいのだが…? 従兄の開発によって、戸惑いながらも感じまくってしまう少女。乳首舐め→恥じらいながらくぱぁ→クンニ→69→絶頂→正常位挿入→中出し、の後日に首輪で露出調教→お風呂で後背位中出し→お尻開発と、16頁でエピローグ部に3頁を割いた構成をしっかりと描き込んだ見るか、本編が削られたと見るかで評価が分かれそうな感じ。とにかく感度の良い少女の恥じらいと喘ぎの相まった表情に加え、使い勝手もかなり良好なので、小品ながら完成度は高い。9点
アリサびっちぷろじぇくと(大塚麗夏)
 今回は変なセリフ回しを封印。本屋の店番の金髪少女目当てに通っていたら、気が付けばその子に即尺されていた男。本屋の経営状態の悪さと少女の不憫さを心配しつつも、つい期待して翌日も通ってしまう…。初日(ツインテール)はふぇら→ぶっかけ、翌日(ポニテ)はべろちゅー→おさわりOK→両手コキ→発射→手の中の精液吸い取り、たぶん後日(ツインテ)は立位胸舐め→クンニ→絶頂→くぱぁ誘惑→対面座位挿入→駅弁→キス→後背位→中出し→オチ、と展開。視線と動作で男を誘惑する少女と、理性と欲情の板挟みに嫉妬が火を着けて誘惑に負ける男が、相乗効果で淫靡な空間をうまく演出。そして、それまでの「女」の顔と、ラストの「少女」の顔の落差に撃沈。誘惑されたいがただのビッチは嫌だ、という人には非常に安心な一作。9点
寂しんぼっち(藤坂リリック)
 ゲームセンターで出会った孤独な男と孤独な少女。似た者同士ゆえに反発するが、似た者同士ゆえに…。かなりご都合な展開ではあるが、プリクラ撮影Hものとしてはまずまずの実用性。ただ、やはり力技で2つのネタを1つにした感は否めず、ストーリー面では強引さが目立った。7点
bitter cress(よしの)
 ダメお父さんに寝てる間にやられてしまった少女。怒鳴りこむも、朝から元気なお父さんは即バックから愛撫して押し倒して形勢はあっけなく逆転。挿入を避けるために手コキを提案する少女だったが、ぱんつコキでないとダメと提示されて渋々従う。生脱ぎ勝負ぱんつ(おい)で仕方なく相手をするも、不意討ち的にぱんつごと口内発射→やっぱり挿入→後背位→中出し、というやっぱり勝てなかったコメディ。ツンツン娘が守勢に回りまくる実用性高めの構成に加え、オチまできっちりとコメディとして構成されたネームも上々。8点
感じて!第六感(ポンスケ)
 基本は、変態パパの相手を渋々する少女なのだが…。お風呂場で愛撫→べろちゅー→排水口めがけて放尿→ふぇら→69→軽く絶頂、場所を寝室に変えてプレゼントの猫耳ボンテージ姿の娘に挿入→後背位→中出し、と展開。半ば嫌々やっている少女の、ほのかな愛情が見え隠れしているのは○。オチへ向けての伏線はきっちり張られているが、わかりやすすぎるきらいも。7点
家族はツナガッテイル(いくさりゅうじ)
 定番の「授業参観での作文」もの。作文の文面ではわからない父と娘と娘の家族関係の真実は…? 疲れて寝ているお父さんを姉妹が優しくふぇら→発射→発情した妹を姉が愛撫→父が妹をバックから愛撫→正常位挿入→抱きつきキス→お豆つまみ絶頂→姉妹を騎乗させて姉に挿入→重ねて相互挿入→外出し、というらぶらぶ近親相姦。幸せのかたちって、様々だよね…。8点
彼女たちの関係(無道叡智)
 低学年の頃は親友だった眼鏡+無愛想少女との開いてしまった距離を、内心気にしていたギャル少女。進学で別れる前に親友同士に戻りたい、とつい尾行してみると…。知らない男と密会している眼鏡っ子の真意を見極めるべく、ホテルまで付いて行ったギャル少女。見た目に反しまくって、エロ下着姿でクールなまま男に騎乗位で抱かれる元親友の姿を正視できないギャル少女が、平然と中出しされる眼鏡っ子に対して売り言葉に買い言葉で男に抱かれる事になる。ふぇら指南→Wふぇら→正常位挿入→騎乗位(+眼鏡っ子顔面騎乗)→手を繋ぎながら中出し絶頂、という友情再確認の物語…だが「いや、そのりくつはおかしい」という気も(笑)。堅物眼鏡っ子がエロ下着で、実は純情なギャル少女が飾りっ気ゼロのスポーツ下着という二重の対比ギャップも面白い。幼い頃のシーンも軽く盛り込めば、もう少し「友情の再建」の展開が映えたかな。使い勝手は相変わらず高水準で、序盤と終盤で2回戦可能な構図。9点
泣くなっスク水!(カエデミノル)
 一人で海水浴中の日焼け+そばかす+お下げ+方言少女が出会った不思議な青年。話をしているうちにあっという間に距離が縮まって…。キス→胸揉み→上半身脱がし→愛撫→ふぇら→水着ずらし挿入→後背位→中出し絶頂。隅から隅まできっちり描き込まれた絵はかなりの出来。いい感じのストーリー展開からラストで一気に落とすの面白いが、序盤に駆け足感があるのはエロ漫画だから仕方ないか(笑)。8点
しごとの後のお楽しみ。(彦馬ヒロユキ)
 やや露出過多なお仕事中のアイドル少女。しかし出された飲み物を口にした途端変な気分になり、さらに実は周囲は悪い大人ばかりで…。誰も助けてくれない絶望感から泣き出す少女に、追い打ちをかけるように「父親に売られた」事実を知らされ、集団ハメ撮りレイプへ。快感と薬の効果で意識崩壊…と徹底的に陵辱(汗)。使い勝手は良好だが、展開は定番に忠実過ぎるか。8点
ポイントご利用は計画的に(智沢渚優)
 反抗期?の娘に学芸会への参観を拒否されたお父さん。娘が隠していた謎のカード持参で、変装して娘のクラスの出し物らしい喫茶店に向かったが…? 何気なく出したカードを見て、ウェイトレスの少女(娘の友人)の態度が一変。実は、教室の裏側は「個室」で見せて見られての売春喫茶だった! おまけにあのカードは何でも可の印で、つい欲望に負けて「お任せコース」のくぱぁ→クンニ→69→後背位挿入…までいったところで、娘が今どうなっているか気がついてしまった父。お友達がすかさずマジックミラーを開放して、隣室でローター責め+座位挿入されている娘の痴態を見せつけてお父さんの興奮を煽り、愛娘が中出しされている光景を見ながらお友達に後背位中出し、という背徳の絶頂へ導く。しかし娘の本当の想いを知った父は、カードの力でお友達を引き込んで娘に顔面騎乗してもらい「新しいお客さん」として挿入→正体を知ってパニックになる娘を受け入れる父→精液掻き出しグラインド→子宮まで自分のものに→中出し→ハッピーエンド…ともうお腹いっぱい(笑)。寝取り寝取られ要素に加え、実の父娘だから相性抜群とか、娘の初めての相手はお友達の子だからホッとしたとか、細かいネタもしっかり盛り込んでいるのも好印象。2回戦目が右頁で出しているがここまで来るとまあ些細な事か。10点
歌いませんするまでは(EB110SS)
 「歌わないカラオケ屋」の正体は少女売春窟。常連の男は普段は中1の子を抱いていたが、今日は日焼け巨乳小学生を…。さすがに「慣れている」少女を存分に舐めしゃぶり、八重歯でふぇらしてもらい、倍払って挿入→中出しまで至る。しかし心が通ったかに見えても「売春婦」と続くわけがない、という恐ろしくドライな(夢がないとも現実的ともいう)男と女の関係を描き、男の方も全く引きずらずにさっさと次の子に乗り換えるというサバサバっぷり。都会の闇の一瞬だけを切り取ったかのような独特の雰囲気が魅力ではあるが、リアルに寄せたために少女がマグロすれすれ(笑)(一応感じてはくれているがあえいでも絶頂もしてくれない)。おかずとしては微妙なところ。7点。しかし、こんな場所に出入りする少女に処女膜を期待するなんて、この男はピュアだなぁ(苦笑)。
少女元気で留守番がいい 後編(あわじひめじ)
 社長への報復で、娘さんをお風呂場で2人がかりで犯し、食事は男からの口移しのみ+ミルク添え、挿入しながら母親に電話をかけさせ(しかも両親は旅行先でやる気満々だったというとんでもない皮肉!)、ランドセル+制服姿→体操服→水着→レオタード→全裸で成長の記録を追うかのように陵辱されまくり…なのだが、完堕ちとか精神崩壊とかそこまで至らずに単に「脅迫用の素材を撮られただけ」に留まったのは、今後の事を想像すればより悪夢ではあるが、今回の抜き所としては物足りなさが。7点。 
神様だって寂しいんだからちゃんと構ってよねっ! 巻之弐(yam)
 猫神様が不在で封印が解け、現代に蘇った妖狐と化狸。復讐と復活のために男の命を吸い取りに向かうが…。猫神様を縛り上げることに成功したが、肝心の「男を吸い取る」やり方がわからない2人。男は男で、猫神様のお友達ならやっていいだろう(おい)と解釈して、化狸ふぇら→スパッツ?貫通対面座位挿入→中出し気絶→妖狐にクンニ→挿入→中出し→なぜか萎えないのでお尻に挿入→化狸が愛撫に参加→中出し、と展開。やられている最中に猫神様に感覚が繋がってるとか、妖怪はお尻から出さないので真の意味で穴が新品同様とか、その前に妖怪だからぱんつはいてないとか、ドタバタエロコメとしては十分なネームなのだが、フィニッシュが小さいのが惜しい。次回に期待。7点

 中学生組は雪雨こん、まめぞうの2人。前者は手コキ委員の少女がとにかく手とお口で抜きまくる、当然本番はないがそれでも十分エロい一品。後者はドジっ子の恋物語だが、ドジというよりは勢いが空回りしている系のような…。ドジっ子は何かもっと、こう…。

 次号はクジラックスが登…えっ、休筆宣言!?

コミックLO 9月号5

 ……ちびっ子だけにね!(表紙ネタ)

異国ヨメ8才(尾形全)
 巻頭カラー4頁。三白眼+褐色肌+カタコト+裸雨合羽の少女と野外H。羞恥心は無いけど嫉妬心は無いこともない、という少女のキャラ作りが絶妙。ページ数が少ないのでおかずには不向きだが、カラー漫画ならではの華やかな配色は絶品。そこを加味して8点
ふありちゃん天才天才(みなすきぽぷり)
 下衆男を愛してしまったばかりに、報われない愛を成就しようと奮闘する少女の悲劇(?)。エロ本鑑賞のお供にふぇらさせ→汚ぱんつを披露させ→ぱんつコキさせ→髪コキに発展させ→口内炎があるのにイラマチオ強要→そのまま発射→おでこで拭き取り、という男側からは愛情の欠片も見えない外道っぷり。おまけに視点が少女側固定なのでより悲劇度が強調され、キスもまだなのにぶっかけフェラまで経験してしまった、という倒錯シチュエーションが凄い。12頁にうまく話を圧縮し、本番挿入こそないものの実用性も高い、という黒みなすき節全開の恐るべき一作。10点
はっぴー☆めーる あふたぁ(桜吹雪ねる)
 前の話は2009年7月号! そして、収録された単行本が出るのは半年先!(汗) 前回快楽堕ちした少女たちは、何だか幸せそうに男たちとカーセックスを楽しんでいたが、その後お互いの「彼氏」と流されるままに、お友達に内緒でスワップ関係を持っていたことが発覚し…。でも子宮が男たちを求めてしまっていた少女たちは、もはや罪悪感とかどうでも良くなっていた(爆)。後半は獣耳&尻尾+裸エプロン姿でガンガン突かれて、スワップHにはまっていく少女たち…という、ご都合を極めると途方もなくエロくなってしまうという好例に仕上がってしまった(笑)。恋愛よりも快楽優先、というのはある意味子供らしいというか大人以上に大人というか。堕ち切った少女の幸せそうな姿は、おかずとしては絶品だし、深く考えるとえげつない、という二面性も作品に魅力を与えている。おかずとしての構図のみなら9点級だが、個々のシチュエーションのエロさとかを加味すると十分10点到達。
自由研究☆ビッチレポート(きんく)
 この時期定番の「性的な自由研究」ものを、ギャルビッチ少女もので前回衝撃デビューを飾った方が描くとこうなる。近所のギャル少女に性癖を見抜かれ、ちんこの自由研究の手伝いをさせられるはめになった男。包茎をバカにされ、勃起観察のために膨らみかけな胸を見せつけられ、巨大化した大人ちんこを素直に驚かれ、恥垢ごと味まで記録され、射精寸前で太さを測られて実質拘束責めを受け(笑)、最後は精子の味まで調査される。さらに間髪入れず、あそこの方で実測に入る少女→クラスの男子でも数々の「実測」をしていたことが発覚→男子児童にも童貞喪失の先を越されていたという事実に男が暴走して、対面座位で強引挿入→ギャル少女が処女だったことが発覚(少女の話が嘘だったのではなく、単に男子児童が処女膜に到達できていなかっただけ(笑))→対面座位のまま子宮ノック→少女が処女のまま童貞15人斬りを達成してたことが発覚(笑)→お仕置きの尻叩き(でも少女は嬉しそう)→最後はラブ堕ち中出しフィニッシュ、という今回も飛ばしまくりの一作。経験人数15人で処女、という矛盾しつつもこのジャンルならではのネタを投入してきたそのセンスは凄すぎる。クラスの男子と男を天秤にかける小悪魔さを見せつつ、最後は眼にハートマークを浮かべながらきっちり堕ちて征服感も味わえる、お得過ぎる一作に仕上がった。10点
計算するまでもない(川崎直孝)
 保健室で堂々とらぶらぶHをする教え子と先生。そして嬉々として場所を提供する共犯者の女保険医。この三者の情愛が交差する…。縦軸にらぶらぶHを置きつつ、同時進行で『同じシチュエーションで行われた"過去の先生"と"少女時代の保険医"のH』を展開。別の時間軸で行われた性交がシームレスに繋がり、先生の外道っぷりを強調。台詞や脇役配置も非常に効果的で、かつ「少女」のキャラ作りも「今の教え子が貧乳お下げ」「過去の保険医が眼鏡巨乳」という対比になっているのも◎。そしていくら「愛した先生」に尽くしても、好みの年齢を1歳でも越えれば全く目も向けて貰えないという悲劇性…。保険医の歩んだ人生がそのまま今の教え子の未来を暗示している、というある意味背筋も凍る話なのに、アクロバティックなハードプレイの数々でおかずとしても絶品、という途方も無い傑作。これは必見なのでもちろん10点! 意味深なタイトルの意味は、ラストシーンで明かされる…。
食べちゃうぞ(源五郎)
 流行りのアプリで少女と知り合った男。どうやって食ってやろうかと邪な企みを練っていたら、少女の方からラブホテルに男を連れ込み、先制するかのようにキスを…。清純な見掛けとは正反対のビッチ少女が、ランドセルも下ろさずてきぱきと金額交渉をまとめた上でふぇら→口内発射へ。さらにランドセルの中から用意周到にコンドームを出して、「騎乗位挿入しながら着装」という高度テクまで披露。その後も、二度目の射精量をコンドーム見せながら褒められるわ、3回戦目を後背位くぱぁでおねだりするわ、身体の小ささを利用した生体オナホプレイで絶頂するわ、と終始少女ペースで進行。それでいて時折可愛らしいところも見せるんだからずるいわ〜。小悪魔というよりは堕天使か。3回戦するもののそれぞれの発射シーンのコマが小さめでおかず度は若干劣ってしまうが、個々のシチュエーションは相当なエロさ。H後の余韻に浸るシーンで抜ける人なら問題ないか。8点
お菓子な子(Noise)
 おっぱいに栄養が行き過ぎたのか少々おばかな少女が、行きつけの駄菓子屋さん(の店番をやっている男)に代金の足りない分だけ胸を揉ませたりしていたのだが…。口の周りのお菓子を拭い取るついでのべろちゅーしても全く嫌がらず、お菓子1ヶ月無料に釣られて挿入まで即OK。膣の方も発育が良すぎたのか痛みも全くなく座位挿入→男に喜んでほしくて自らガニ股グラインド→中出し→でもおばかなので続行希望→正常位挿入→対面座位→胸吸い→少女の方からちゅー→中出し、と展開。途中色々伏線を引いたと見せかけて何も起きない、という良く言えばストレート、悪めに言えば捻りのない一作。まあ「バカかわいい」というキャラ表現は伝わっているのでこれで正解か。8点
コスって!(宮野木ジジ)
 初登場。お隣の少女に嗜好を隠蔽しきっていたと思ったら、日曜日のアニメのチョイスでモロバレだった男。人生破滅!と思いきや、何と少女の方から好みのアニメキャラのコスプレの申し出が。実際に着てもらうと、似合いすぎるというか、そのキャラが好きな理由が「少女に似ていたから」、という事実に気付かされ…。何だかんだで相思相愛っぽいことがわかって、なだれこむようにHへ。少女は嫌がってはいても、べろちゅー→クンニ→絶頂までされても逃げず、挿入されれば痛みをこらえ、正常位中出し→「お…終わっちゃったの?」(爆)→後背位挿入→お豆いじり→絶頂中出し。おかずとしては悪くはないが、どちらかというと少女の可愛さ健気さ、最後まで明かさなかった本当のことを愛でる作品かと。キャラは可愛く描けているので伸び代は十分。まずは8点スタート。
Love Library(冬野みかん)
 恋人関係なのに(悪気は全くなく)妹扱いされておかんむりの少女。彼との図書館での愛撫プレイで絶頂はできたものの、もっと刺激を求めて…。何と高架下での「絆創膏前バリを口で取ってもらう」プレイをおねだりする少女。取られただけでトロトロになってる割れ目を立ちクンニ→絶頂放尿→彼の対応が普通過ぎてご立腹の少女(笑)→ブルマ+体操帽+ランドセル+縄跳びで手首拘束という彼の提案に少女も興奮→ブルマいじりながらふぇら→おねだり→ブルマずらし挿入→後背位から再挿入→中出し、とプレイも盛り沢山だが、何と言っても少女の「無表情+への字口」が可愛すぎる! そんな少女が過激プレイでよだれ垂らしながらよがるんだから、そのギャップにさらに興奮。もちろんブルマもランドセルも脱がさないし、体操服の裾が「入らない(入れない、ではない)」のも素晴らしい。9点
ドキドキ体験! ぱーと2(飴沢狛)
 こちらも前回は2012年11月号。アホ可愛い妹なのに風邪を引き(おい)、当然のように座薬を入れられて感じまくるお話。そして発情してしまって、割れ目の方もいじってもらって(兄の方は挿入せずセルフ手コキ(汗))、最後は大絶頂というショートストーリー。とにかく妹のアホ可愛さを楽しむべきだが、どちらかというと「可愛い妹がアホ」という感じになってるのは続編ものの宿命かも。アホ可愛い部分が前回で説明されてしまってるからかな…。7点。可愛い妹なら、額の汗どころか鼻水さえダイヤモンド。
自慰っくす(前島龍)
 ネットカフェでの露出プレイにはまってしまった少女。自分が変態であることにすら興奮を覚える少女が、発情しまくりの身体でとうとう行きずりの男を捕まえて個室で…。ひざまずいてふぇら→喉奥まで→口内発射→開口→ごっくん→後背騎乗位で処女喪失→周囲にバレかけてもバレなかったことでさらに興奮→中出し絶頂、と展開。少女視点で描かれる内心の数々がまさに快楽の虜そのもので、エスカレートしていく痴女行為をさらに盛り上げていく。そしてあくまで少女にとってはこれら全てが自慰の範疇、というのも末恐ろしい。痴女ものが苦手でなければ良いおかずになってくれるだろうし、ショート読み物としても完成度高し。10点
さくらトレーニング(上田裕)
 清純少女を守るべく、窓から侵入した男が…と書くと陵辱ものっぽいけど、清純過ぎてされていることが理解できない少女と、守護欲が過ぎすぎて暴走しまくりの男によるほのぼのコメディ。抵抗の仕方を教えると、騙す気は欠片もなく愛撫→絶頂→クンニ→69ふぇら→正常位挿入→座位→側位→後背位中出し、とフルコースやってしまうという、いい意味でバカエロ作品に仕上がった。怒涛の勢いで進む摩訶不思議ワールドながらも、実用性はかなり高いのも嬉しい。9点
ふたり調理実習(縁山)
 ツンデレ少女と天然ボケ少年による、意地っ張り同士の成り行きHの行方は…? なぜかキッチンから平然とコンドームが出てくる不条理ギャグあり、ツンデレをこじらせていい意味で支離滅裂な行動をとる少女の萌え要素あり、それでいてきっちり初々しい(ゴム付きの)初体験を実用性高く描いているなど、独特のセンスが発揮されまくっている一作。膨大なネーム量に圧倒されそうになるが、まさにマシンガントークで次から次へと状況が変化していく様は、こんな所であらすじを書くのが野暮なぐらい(苦笑)。一見の価値有り。9点
でんしゃごっこ(おおぬまひろし)
 兄が1コマ目にして睡眠姦?に失敗したものの、以来すっかり性的な意味でのいたずらにはまってしまった妹さんは、お兄ちゃんのお膝の上を占拠して「あそぶのー」とおねだり。そこで今日は、お股とお股の連結器でHな電車ごっこを…。開脚→ぱんつ素股→ぱんつずらし→先っぽだけ連結→べろちゅー→バックから焦らし気味に先っぽ連結→じわじわ挿入→不安定な体位を嫌がった妹が駅弁の姿勢をお願い(ただし劇中では駅弁ではない)→やっと全裸になって対面座位挿入→妹がガニ股騎乗位グラインド→正常位になって奥までぐりぐり→中出し絶頂、というやるだけ漫画。途中から電車とかどうでも良くなっちゃった(のがネームにも書かれている)ので、ネームの切れ味は今ひとつ。独特の細身体型の妹とらぶらぶHするおかず、という方向性ではキャラも可愛いし悪くはないのだが…。7点
ちびよめたま。(三月さんいち)
 外では普通の小学生、家では訳あって「夫」と同棲中の少女。政略結婚ながらも相思相愛の「夫婦」なのだけど、「旦那さま」の愛し方は…。貞淑な和服幼妻が、来るべき初夜のために旦那さまが笑顔で科す調教の数々を受け入れまくり。和服の中にローター装備は当たり前、買い物に出掛ければ下着は縄! 愛する旦那さまに色々命令されて、恥ずかしながらも体の方は発情しまくってしまい、おもらし絶頂できてしまうほどに成長。そして最後は初夜を白無垢姿で、旦那さまの言葉責めを受けながら正常位のみで孕ませ中出しへ。いい意味で男尊女卑(?)というか、愛ゆえのハードプレイをこれでもかと展開。それでいて黒さも陰も一切ない純愛物語になっているんだから美味しすぎる。ここまで来たら一桁幼妻のボテ腹Hも見てみたかった気もするが(笑)、フィニッシュのコマのアングルがボテ腹風なのは意図的…かも?(汗) 10点
おいしいアルバイト(くどうひさし)
 お小遣いのためなら、兄にふぇらもごっくんも辞さない妹。その理由は、成長してサイズの合わなくなった競泳系のスクール水着新調だったのだが、あまりのムチムチピチピチぶりに兄は…。30分1000円でおさわり放題を持ちかけてOKをもらい、水着の上から妹を感じさせる兄。69ふぇら→割れ目いじり→口内発射→快感でごっくんできず→2000円で挿入を喜んで認めさせ→おさわりを継続しながらグラインド→側位気味に中出し、という展開。ギャルビッチではなく、少額で簡単に色々OKしてしまう猪口才な妹を楽しむお話。ピチピチ描写よりはムチムチに寄ってはいるが、フェティッシュな領域には到達できていないか。実用性高めのエロコメとしては成立しているが、この系統はどうしても他のとんがった作品との比較になってしまうので、全体的にマイルドなのが物足りなさに繋がっている感も。悪くはないんだけどね…7点
とらいあんぐる -TNTRTN-(姫野蜜柑)
 2012年10月号の続き…だよね? 愛する妹を他の男に奪われた兄と、愛する兄を巨乳の友達に奪われた少女。偶然が偶然を呼びまくって、運命的というかなし崩し的に二人っきりで行動するはめに。さらに打算が絡んで、もはや何が何やらの人間関係が…と書いたものの、やってることは非常にシンプルな「カラオケボックスでH」。とはいえ独特過ぎる過剰なセリフ回しや、マイク利用の拡声絶頂というアイデアが盛りに盛り込まれて、ミラクルワールドを形成。もはや読後はおなかいっぱい(汗)。『おまたがドッカーン!』(爆)。9点
少女元気で留守番がいい 前編(あわじひめじ)
 リストラされた腹いせに、社長宅で留守番中の娘さんをやっちゃうお話。前編というか前半なので評価は完結待ち。

 中学生組はEB110SSと、あえてこっちに持ってきたまきおの2人。
 特にまきおさんの『永遠の肖像』はなかなかの力作で、画家の男と、月に一度絵のモデルとして訪れる「あの女の」娘の、切なくも禁断のラブストーリー。少女の成長とともに徐々にかつて愛した「あの女」に近づいていく少女に対する愛情と恐れ…。そして少女の方も「捨てたりしない」と、血が近いからこそ確信を持って言える愛の言葉を…。LOらしからぬ巨乳作品(笑)ながらも、近親相姦ものとしても純愛物語としても高水準の読み物として仕上がっているかと。

 次号は佐々原憂樹登場の模様。

コミックLO 8月号5

 まあグラップラー何とかを引くまでもなく、カマキリは最強ですよねー(伏線)。

 発売日やら何やらの関係でゼロスに合わせて買おうとしたらこのザマだよ! こんな事ならもっと早く買っておけばよかった…。

OL #Coolbiz(前島龍)
 単行本発売記念巻頭カラー8頁。せっかくの水着、じゃなくてクールビズなオフィス服なので2頁目から社長と3P。ふぇら+顔面騎乗→背中合わせ二段重ねおねだり→交互挿入→ぶっかけ、と展開。紺のスクール水着風オフィスウェア、というだけでもうお腹いっぱい(笑)(片方の子はマイクロビキニだけどあくまでもオフィスウェア)。最終頁外出しながらも実用性はそれまでの構図が良くてなかなかの高さ。迫力あるアングルにカラーも映えまくりの良作。9点
日常の中のフラグ(さらだ)
 少女というかガキの弱みを握って好き放題済ませた悪友に誘われて、自分もご相伴に預かることに…。前半でじっくり過程を描き、後半はサンバイザー+日焼け痕+全裸の少女をハメ撮り…なのだが、挿入時に苦しそうな顔をする以外はとにかく無表情。快楽がどうこうとか一切なしで、軽く男を馬鹿にする程度で一切無関心を貫く少女が生々しすぎる。内心勝手に達成感を得まくっている男の浅はかさとのギャップも相当なもの。かなり狭いフェティッシュ要素満載の問題作だし、ここぞという抜きどころも人を選びまくるが、かなりの悪球打ちの人ならドストライクかも? 8点
放課後IXAしまSENKA?(嶺本八美)
 男子対女子のありがちな抗争の果てに、女子のリーダーを集団でレイプ(の前にくすぐり攻め)した男子たち。少女のぱんつの匂いで言葉責めして泣かせ、クンニ→集団舐め→絶頂→挿入、で攻略し、そしてついに女子全員を…といったところで予想だにしないオチへ(笑)。オチの一頁前まで伏線がないし(引いてたらバレるとは思うけど)、リーダー攻略にしてもここぞという抜きどころに欠く印象。とはいえ集団から物理的に舐められまくる少女のカットはかなりのインパクト。7点
スキみせ(みさお。)
 5年生にもなって羞恥心ゼロっぽい妹的存在の子。見られても平気と笑顔で言う半裸姿の少女に、注意も兼ねて触ったりしているうちに、「女」を意識して変なムードに…。やがて少女の方から固い決意で「誘う」展開になり、飽きさせるために仕方なく愛撫するも少女の方から強引に対面座位挿入へ。「恋人どうし」になるために少女がショートカットしてきたことを悟った青年は、想いに応えて座位挿入のまま胸愛撫→キス→側位グラインド→正常位→中出し、でハッピーエンド。羞恥心のなさゆえのセクシーカットに始まり、羞恥心の無さゆえの開脚おねだりあり、そして最後は羞恥心がなかったことを逆手に取った決め台詞、と見事にはまった一作。中出しが右頁なのが実用面では惜しいが、これはやむをえないか。9点
wonder 2(藤崎ひかり)
 続き。愛する大学生の彼氏の家に合鍵で入ろうとした少女。しかし部屋にいたのは彼氏の友人を名乗る男。その男に彼氏との関係で脅迫され、口止めのために…。脅されながら指で弄られ絶頂→挿入→犯されている最中に彼氏が帰宅しかけ→見つかる寸前に男が電話を入れて足止め→その間にじらしプレイ→緩急つけた攻めの前に陥落してしまう少女→中出し志願で中出し→ぶっかけられながら後悔の涙、とまさに見事な寝取られ堕ち。尺の都合でマッハ堕ちぽくはあるが、理由付け(天性のM気質を見抜かれる)やこの男のテクニックでは仕方ないな、と思わせてくれるので十分。おかずとしてもかなりの高水準で満足。9点
Like a doll(冬野みかん)
 周囲の子はえっちに興味ありあり(というかしているっぽい)なのに、一人だけ興味なしを貫く子。なぜなら半裸自撮りをブログにアップすることで性欲が満たされていたから。ところが知り合いの店長に身元がバレ、口止めに「今日一日人形になる」ことに…。普通にデートっぽいことをした後、無人の店内で押し倒されるも逆らえない少女。生おっぱいにすりすり→乳首いじり→割れ目の匂い嗅ぎ→正常位挿入→対面座位→中出し、でオチへ。陵辱ものの体裁を取りながらも、フィニッシュ直前に鬼畜店長の心の方が攻略されるなど、ほのぼの要素が強め。猫耳+ワンピースの服装もなかなかの破壊力で、使い勝手はまずまず。8点
Angel Later(上田裕)
 病院ものの定番といえば「看護師さんが性欲処理」だが、やはりここはLO。12歳の眼帯+右腕骨折少女患者「が」看護師の「男を」誘惑して「少女の」性欲処理に持ち込む(腕が使えないから溜まる(笑))、という前代未聞の展開へ! 口だけでジッパー下ろし→ふぇら→キス+愛撫、で後日、採尿前にトイレで中出し、入浴中にバックから、ベッドメイク中にふぇらを経て、退院直前には病院屋上で座位挿入→中出し、と病院シチュエーションはほぼ盛り込んだ(聴診器と分娩台がないぐらい?(爆))意欲作に仕上がった。細かいシチュエーションを繋ぐ話はテンポが削がれやすいがそんなこともなく、フィニッシュへ向けて一気に駆け抜けた。眼帯やギプス属性は必須かもしれないが、そんなの関係なしにおかずとしても優秀。アイデア賞込みで10点
サイコサイコ動画(町田ひらく)
 刑務所から出所直後にAVにスカウトされた男。「大人の女」との撮影中に明かされる、男の「罪」の真実とは…? 女優さんはあくまで18歳以上らしいが、記憶の中の「少女」は「現実」。そして保護司の老人とのおぞましき会話と「共犯関係」…、という恐ろしいほど濃密なストーリー。これは必見!
さよならでんせつおじさん(かまぼこRED)
 初登場。「でんせつおじさんと花占いすると恋がかなう」という噂を信じ、問題のおじさんを探り当てた少女。しかしその噂はおじさんが苦し紛れについた嘘だった…! ということで、花占いとは名ばかりのHな儀式に(疑問を感じつつ)臨む少女。愛撫→正常位挿入→座位→中出し、でなぜかハッピーエンドへ(笑)というほのぼのレイプ。12頁の中にコンパクトに独特の空気感を演出しつつ、きっちり実用性も確保。座位のグラインドで占いをする、という前代未聞のアイデアも光る。今後も非常に期待。9点
僕の妹は親父の彼女(EB110SS)
 父と妹の密通を知り、音だけでムラムラが止まらなくなった兄。妹の下着で自慰をする一方で、当の父と妹は別室で…。妹に、プール授業後で湿ったままの水着を着せてふぇら→側位挿入→後背位→正常位ぶっかけ→お掃除ふぇら、と淡々と進む独特の展開。身勝手な理屈を並べる父と、諦観して無感情のまま抱かれている妹、そして性欲の収まらない兄と、見事にバラバラな家族関係を、ブラックでもなくグレーに描写。ストーリーの起伏をあえて?設けず、非日常的な日常の切り取りに徹して雰囲気を盛り上げた。まあ人は選ぶだろうけど、8点
Carrot and Stick(無道叡智)
 かつてはイケメンだったお兄ちゃんも、今ではただの豚に。我慢の限界を越えたポニテ妹によって「痩せるまでH禁止!」となったが…初日で挫折(笑)。兄の口車に乗せられ、ムチの前にアメを出すことに…。69態勢での腹筋運動を勧めるも、短パンでは頑張れない(笑)ので仕方なくドット柄ぱんつを見せるはめになった妹。さらにやる気を起こさせるために股間をいじったりおしゃぶりしたりしているうちに、立派な69へ。これではダイエットにならないと一計を案じて、ガニ股姿勢の妹まで腰を浮かせて挿入運動をさせるが、なかなか難しい上にいいじらし効果まで出てしまい、お互いに大興奮。最後はこれまで頑張ったご褒美に、両手繋ぎ騎乗位→後背位→正常位中出し、と展開。Hダイエットものはたまに見るものの、なかなか見れない構図が多くて満足。テンポの良いエロコメをやりつつ、純愛ラブ描写(惚れた弱みとも言う)も盛り込んで、妹スキーな人にはたまらない作品に仕上がった。短パンはブルマじゃないから即脱がすが、体操服の上着は最後まで残す「わかってる」コスチューム要素に加え、実用性も万全で、非常に使いやすい隙のない良作。10点
天国の扉 裏口(バー・ぴぃちぴっと)
 13歳明記ながらファンタジーかつ「二次元の」世界なのでこっちで。今回の「魔法屋さん」シリーズは、漫画の世界に入り込める魔法で某誌のヒロイン(許可済)とらぶらぶHへ。本編エピソードも盛り込みつつ(おい)、屋外での後背位中出しから草むらでの正常位孕ませ中出し、そして想像を絶するオチへ(笑)。セルフパロディというか…同人誌?(爆) とはいえ単体作品としての完成度は極めて高く、こういうネタでも作者の恐るべきポテンシャルの高さが伺える。9点
神様だって寂しいんだからちゃんと構ってよねっ!(yam)
 新連載。可愛い子がいたので声をかけた不審者の男(笑)。ところが少女は「二百数十年ぶりに」姿を見られた猫巫女神様だった! 自分の姿を見てくれる者に出会えた嬉しさと、元の力を取り戻すために生気を吸い取る打算も兼ねて、男の家に半ば強引に上がり込んだ猫神様。男の家になぜかあった(笑)現代の女児服に袖を通したり、男に求愛されているうちにすっかりデレ、さらに孤独への耐性もなくしてしまった(気付かれなかっただけで泣いてしまう!)猫神様が、股間の禍々しい気を黒ソックス足コキしたり、座位挿入してメロメロになったり、後背位中出しされたり、間髪入れず正常位挿入→中出しされたりするお話。基本ツン姿勢なのにデレてる部分を全く隠せていない猫神様がプリティーすぎる。猫神様が「忘れてしまった」部分が今後の鍵となるんだろうね。今後の展開が楽しみな一作。9点
お義父さん、なんて…(智沢渚優)
 母を思って、義父に犯されていることを隠している少女。母不在の間、義父に温泉旅館に連れ込まれ…。羞恥心の出始めたお年頃の少女をあえて男湯に入れ、衆人環視による辱めを与えながら湯船で愛撫→絶頂。さらに浴衣に手を突っ込み→ロビーでふぇら強要で少女のマゾ性を開花させつつ、最後は和室でクンニ→(今まで入れていた)ローター引き抜き→座位挿入→絶頂中出し→69→やられまくる少女、で堕ちエンド。どうにでも解釈できるラストシーンは印象的だが、抜きどころが最高潮に来る前に静かに話を終えられてしまった感じは否めず。8点

 中学生組は、夏木きよひと、雪雨こん、ポンスケ、Noiseの4名。Noiseさんは、ポニテ+眼鏡+日焼け+短パン+陸上部という属性付きまくりのヒロインに和姦レイプ気味3Pと、設定・展開面で超濃厚な仕上がりに。

 次号、佐々原憂樹登場! 予定!

コミックゼロス #083

 先々月の06号も買ってたんですが、書く機会を逸してしまって…。高津さんのエリザ様シリーズ第4話は大変おいしゅうございました。

姪に盗撮がバレた!(レオパルド)
 こっちで採り上げるのは初めてかな? タイトル通りの状況になってしまい、財布の中身全部と交換で願望を満たしてくれる約束となった叔父さん。彼氏持ち&経験済(しかも複数人と)な姪っ子相手に、くぱぁ見せつけでじらされ→クンニ→ふぇら→ごっくん→正常位挿入→中出し→抜かずの騎乗位→正常位キス→中出し、と大人の大きさと実力差…というよりは童貞の底力を見せつけ(笑)。お得意のダイナミック構図は今回は控えめだし(ふぇらシーンでの下からのアオリ構図は迫力あるけど)、2回とも中出しが右頁なので使い勝手は若干惜しい面もあるが、ギャルビッチにオチまで主導権は握られているものの征服感や寝取り感を十分に味わえる構成は○。8点
みにまむコンプレックス(テングダケ)
 商業デビュー作。下宿先の叔母さんの下着を嗅いではぁはぁしている所を、一人娘さんに見られてしまった青年。青年の年上好き+娘さんの事は妹にしか見れない、という二重の悪条件を強行突破すべく、青年に密かに想いを寄せるツンデレ少女の採った手段は…。恥ずかしさを堪えて貧乳チラ見せしても無反応→強引にふぇらに持ち込んで勃起させ→妙に上手いテクで発射させて何とかごっくん→上目遣いでデレモード突入…かと思いきや、鈍感な青年がタイミング悪くフラグへし折り(笑)→へし折られた怒りで例の一件を叔母さんにメール送信されたことに逆切れした青年が少女を押し倒し→お仕置きと称してぱんつずらし破瓜レイプ→後背位中出し→ここでようやく青年にフラグが立ってらぶらぶモードへ→抱え上げてからの騎乗位挿入→対面座位抱きつき→中出し、でハッピーエンド。ツンとデレの見事な両面性を見せる少女を前にしているだけに、青年のあまりの鈍感ぶりはイラッと来るほど(笑)(まあ元々対象外だから仕方ないが…)。要所要所で緩急をつけて、かつ落差の大きい、萌え心を突いてくる表情をきっちり描けているので、コンスタントに描けていければエース級に育ちそうな逸材。9点
ゆずみなつ(犬星)
 久々の雑誌復帰作は原画を手がけた作品の紹介をカラー4頁で。タイプの違うヒロイン2人を見開きで攻略し、4頁目でW中出し、とコミック風の一枚絵としてはかなりの高水準。でもそろそろコミックの方に復帰してくれないかなぁ…?

 御免なさいさんの連載『脱出!ちびっ娘専用車両』については、完結を待ってから感想を書きます。今のところは「なんじゃこりゃ(笑)」。

 時代の流れか3Pものが(気のせいレベルで)多い今月号ですが、牧野坂シンイチさんの和服美女親子丼ものが一推しかな。3Pを描かせると傑作揃いのお方だけに、今回も実に美味しそうに描けているのが素晴らしい。
 和六里ハルさんは、原作者付きで世にも珍しい?NTRコメディに挑戦。金持ちの超歳の差夫婦の老夫に頼まれ、憧れの南米系のお姉さん妻を「寝取る」はめになった巨根少年。寝取られ光景を覗き見しないと興奮できない老人と、夫への真っ直ぐ過ぎる愛の為に快感に必死に耐える若妻と、お姉さんへの想いを子宮に叩きつける少年、という珍妙な三角関係が展開され、少年の白肌と若妻の褐色肌や、巨女と少年の身長差など、いろいろな面でコントラストの効いた構図、そして陥落寸前で延々と悶え続ける南米系巨女若妻のエロさときたら…!(特に騎乗位挿入を寸前で「堪え」続けるシーンは必見) かなりの快作(怪作?)に仕上がってて大満足。

 次号は買わなくてもいい月…と思いきや、へんりぃださんの長編&短編の2作品掲載に、モチさんのショート、高津さんも来月か〜! こ、公式サイトの予告編次第で…(汗)。

コミックLO 7月号4

 いやまあ、ある程度は予測してましたが…、濃くなったなぁ…。

しずえちゃんのセフレ募集♪(朝木貴行)
 巻頭カラー4頁+モノクロ16頁。軽い気持ちでお兄ちゃんとHした少女が、性欲を抑えきれずに大暴走。カラー頁では半脱ぎパジャマで正常位中出し、モノクロ頁ではスカートだけ脱いで自ら騎乗位挿入→座位中出し→くぱぁ→騎乗位→中出し→アヘ顔余韻。クラス全体がヤリマンだらけという狂った世界観と、低年齢系には極めて珍しい「ギャルビッチの代名詞」と言えなくもないカーディガン系の服を組み合わせつつ、やってるのは初めての相手の兄だけという独占欲も味わえるにくい作り(ただしフィニッシュまでは(汗))。冒頭からオチまで一気に突っ走る疾走感溢れる構成は○。9点
Implicity episode:XX(東山翔)
 新連載。性交年齢が引き下がっているのが当然となった未来社会を舞台に、少年少女の純愛物語…のまま進むかどうかはともかく、今回はそういう話。ふぇら→ぶっかけ→キス→正常位挿入→中出し、とプレイはあっさり味だが、作風に非常にあったしっとり感。SF色をあまり濃く出さず、それでいて異世界感はちゃんと出す細かな演出の数々も◎。実用性も高く、隙は少ない。プロローグということもあり、ひとまず9点
スキスキお兄ちゃんっ!(小路あゆむ)
 5年生にもなってお兄ちゃん大好きな妹。発育してきた妹を意識して距離を置いている兄に対し、その距離を縮めるために妹は…。物を落として探している妹は何とノーパン! さすがに反応してしまう兄に追い討ちをかけるように股間に水分こぼし→ズボン脱がせの黄金コンボが炸裂。そしてお友達に教わった通りにふぇら→口内発射→ごっくんを経て、おまたむずむずするの…→開脚座り→クンニ→胸吸い+指挿入→正常位挿入→側位→後背位→中出し。夢はお兄ちゃんのお嫁さん☆な妹の鑑のような妹に程よく好かれまくる作品だが、それだけにフィニッシュが最終ページ上半分と小さくなってしまったのが惜しすぎる。つるぺた+くびれなし+一本筋は存分に楽しめるだけに、残念無念。8点
のぞき見(ポンスケ)
 初登場。年上の少年に性的にいたずらされている(触る止まり)少女。そのことを塾の先生に知られ、半ば脅迫気味に…。眼鏡と髪留めを外してイメージ一新(残念?)し、先生に可愛いと褒められて舞い上がる少女。キス→胸愛撫→クンニ→絶頂潮吹き→おしゃぶりさせ→挿入→騎乗位→後背位→正常位中出し、という結果的にラブ寝取り?物語。ややラフ気味な絵柄は十分な個性。ややぷに寄りのつるぺた肢体もなかなか美味しそうに描けている。課題は中年男の描き慣れ(もしくは描かない)、ストーリー密度の向上、更なる実用的な構成、動きの弱さを補うか逆に個性にするか等々、良くも悪くも伸び代は十分。7点
ふたりがけごはん(大塚麗夏)
 孤独で厭世的な少女が出会ったのは、妙にダンディな近所の住人。いつの間にか夕食を一緒にする関係になり…。ギャル系純情少女とクールデレな眼鏡男子の珍妙に見えて純愛なストーリー。少女が意を決して告白→そのまま男を押し倒し→少女を受け入れてキス→愛撫→クンニ→正常位挿入→童貞なので即中出し→ふぇら→口内発射→騎乗位挿入→抱きつき対面座位→正常位→後背位→中出し。ガッツリ抜けることは抜けるが、それ以上に作品の雰囲気を楽しむ作品。独特の珍妙な台詞回しを盛り込みつつも、それがちゃんとキャラクターの個性としてはまっていて、純愛物語として機能させているという抜群のセンスを見せつけられる。9点。 
こっち向いてホイ(上田裕)
 先生と教え子のらぶらぶプレイ。テーマは「視線」。手コキ→発射→キス愛撫→正常位挿入→グラインド→中出し→お掃除ふぇら、とやることは非常にオーソドックスながら、随所随所にテーマの「視線」を意識した演出を盛り込みまくり、独特の雰囲気を出すことに成功した。アイデア優先でストーリー的必然性が若干弱い気もしないでもないが、オチまできっちり貫いているのでこれはこれで。絵の中の少女と目が合いまくる体験ってなかなかできない(笑)。8点
巨乳輪、童胸に現れる(あわじひめじ)
 小学校のカウンセラーとして左遷されてしまった官僚の男。やる気ゼロだったのだが、少女が持ってきた「悩み」によって俄然…。大きめの乳輪に悩んでいる少女が、恥じらいながら育ちかけの胸を出して相談。さらに乳腺の発達によるしこりをガンじゃないかと悩んでもいた。そこで風俗で鍛えた指テクで乳首を刺激して陥没乳首を隆起させ、口車に乗せて強引に胸揉み→ぱんつ越しいじり→後背位挿入→対面中出しに持ち込む鬼畜展開。16頁で序盤をじっくり描き込んだので、挿入後が駆け足になったのは否めず、陵辱してやったぜ!という満足感は(おい)薄めかも。まあ快楽堕ちではなく少女を諦観させるというのは逆に生々しいけど。7点
from dusk till dawn(鬼束直)
 妹による眼鏡弟との情事(ふぇら)を問い詰める兄。妹の返答を経て胸の中にしまうことにしたのだったが、一方妹は…。兄にバレたことを弟に告げつつ、両親兄不在の隙に弟をおしゃぶり。口内発射→全裸になる→あえて出して自分の下半身に塗りつけ、という誘惑行為を経て、4頁かけて弟を正常位挿入に導く…のではなく素股というか下腹部への擦り付けで弟が果てる、というかなりの実験作。とはいえ好奇心以上愛未満のぎこちない行為と、そばかす持ちの少女の淫靡な雰囲気が低年齢おねショタものとして機能。確かに逆に挿入まで至ってたら台無しだったかも。癖は強く高評価は難しいが、こういう作風は嫌いじゃない。8点
ルナティックゲーム(おおたたけし)
 アーケードゲームのスーパーゲーマーの正体は何と金髪カタコト幼女。開発者の孫としてテストプレイをしつつ、プログラマーで婚約者のお兄ちゃんのお手伝いをするツンデレ気味幼女だったが、お兄ちゃんの試作品の連動型入力デバイスをゲーマーの血が疼いて…そしていつもの展開へ(笑)。スキャン精度がまだ低くて薄着(というかほぼ裸)にならないといけない→喜んで脱ぐ→拡張コントローラーで遠隔挿入→強烈振動→アヌス舐め→前を回転させつつお尻を指で拡張して大絶頂→お尻に生挿入→騎乗位→前後を広げつつアヘ顔絶頂へ、と途中から勢いのままに何でもアリ状態へ(笑)(一応ゲームものである演出は盛り込まれているので大きく外れてはいない)。ちょっと小生意気な幼女がチンポに負けたり盛り返したりやっぱり負けたり、とくるくる表情が変わる様はなかなかプリティ。8点。そうか、お尻なら墨塗りしなくていいのか…(爆)。
初夏(無道叡智)
 イトコのお兄ちゃんとプールに行く約束の日焼けボーイッシュ少女。仕事の都合で待たされているうちに退屈になり、お兄ちゃんをスクール水着で誘惑していたら…。正直従妹のことは好きで邪な気持ちもあるがそこは抑える男と、誘惑しても乗ってこずにとうとう泣きだしてしまう少女。子供であること自体がコンプレックスな少女の気持ちを知り、スク水を脱がして愛撫→正常位挿入→痛すぎて暴れる(笑)→キスで落ち着く→正常位グラインド→対面座位キス→正常位中出し、でハッピーエンド。ボーイッシュ少女が初体験を経て「乙女」になるギャップがいい感じだが、欲を言えば冒頭でもう少し粗暴さを強調した方がよりギャップが強かったかも(割と早めに少女の乙女要素が出てくるので)。最大の見どころは、挿入直前のうるうる目線。あれは卑怯すぎる!(笑) あれで落ちない男なんかいるのか?というぐらいの途方もない破壊力。9点
高級☆JSアルバイト(彦馬ヒロユキ)
 ちょっとしたお小遣い欲しさにモデル募集のバイトに応募した少女。しかし2頁目にして騙されていたことが発覚。乳首とぱんつを見せるだけの恥辱的な仕事を何とか終えるが、4頁目にはその映像で脅迫され、6頁目で即レイプ。7頁目からはホテルで体操服(非ブルマ)+ローター姿で刺激されつつ、脅迫男のキスや愛撫にとろけかかりつつ後背位中出し、13頁目からはカラオケボックスで裸ビブス姿で胸揉み&吸い→子宮きゅんきゅん→ついにくぱぁおねだり→バックから淫語誘い→後背位挿入→座位でお豆にローター攻め→対面座位中出し→堕落エンド、という陵辱というよりは快楽堕ちを中心とした構成。時間をかけてじわじわと堕ちていく少女の様子はなかなかで、脅迫で涙目になっていた少女がしまいには目にハートマーク浮かべてアヘ顔までに至る(というかその先もある)のは興奮もの。ビブスも1頁目でちゃんと出ているので唐突感もなく、構成は非常にしっかりしている。まったく、12歳のお掃除ふぇらは最高だぜ!(笑) 9点
ジャスミン(よしの)
 シリーズ第3話。兄妹のふりをして先生と混浴露天風呂に来た教え子様。中年男性客が他にいる中、湯船の下で先生を手コキ攻め→外のベンチで座位挿入→見つかるスリルで余計に興奮する先生→しかも教え子様は自ら動かず生殺し状態→結局腰を振る先生→サルみたいと罵倒されながら中出し…しようと思ったら男性客らがこっちに!→男性らと会話しながらうまいことごまかしつつ中出し、とドリーム感溢れるいい意味でのご都合主義展開。まあ男湯じゃなくて混浴だし、兄妹なら密着してても当然だよね(おい)と突っ込みどころが軽減されているのがにくい。常に上から目線で先生を翻弄するものの(まあそれ以上に先生も変態だけど)、愛の感じられる教え子様の言動に萌え。9点
ろりぱいジャンプ!(いさわのーり)
 縄跳びの実力も胸の方も急成長中の少女。初ブラ直前の果実を先生がラブラブでお召し上がり。バックからノーブラの胸揉み→くすぐったがるうちに乳首が立つ少女→乳首つねり→胸揉み絶頂、で後日体育倉庫で、ノーブラ直ジャージ披露→胸や割れ目にローター当て→胸愛撫→正常位挿入(通算3回目)→お豆にローター→グラインドしつつ乳首にローター→中出し。縄跳びものなので胸が揺れないとだめだが、ロリ巨乳未満の「初ブラ直前」という絶妙な時期にキャラを設定したアイデアは◎。ただ後半は挿入に気を取られてか胸の要素が薄れたのが残念。作中、汗は強調しているがそこまでフェティッシュな作品にはなっていないのは良し悪しか。8点

 中学生組は、源五郎、福永ゆきと(初登場)、まめぞう(初登場)、バー・ぴぃちぴっとの4名。
 源五郎さんは単行本発売直前の『パラダイストリップ』のアフターエピソード。中学に進んだばかりで既に経産婦という超若妻とらぶらぶ子作り。貧乳から吹き出す母乳と、眠る乳児の横で種付けという背徳感。12頁のショート作品ながら展開はしっかり(フィニッシュは最終頁だけど)。
 福永ゆきとさんは進学先で外道な教員らに目をつけられた美少女が前半で犯され、後半では堕ちた姿を見せる2回戦可能な構成。どちらでも使える実用性の高さはいいが、しいて言えば序盤登場の先輩を後半エピソードで活用して欲しかった気も。
 まめぞうさんはオデコ従妹とゲームで勝負→負けた方がいいなり→不覚にも負けた従妹が「大人の命令」を自ら望む、という誘い受け展開。枕を抱える少女の仕草が◎。見栄えの問題もあるけど、最後に枕が消えてしまうのがもったいなかったかも。しかし、中学生要素があるのはセリフだけだよなぁ…、まあ作者の好みの問題なんでしょうけど。
 バー・ぴぃちぴっとさんは性欲過剰な妹とやりまくりの8頁。2頁目ですでにくぱぁという超高速展開ながら、やることやりつつたった一言できっちり締める手腕は確か。M少女側が主導権握っている展開がお好みならガッツリ使えそう。

コミックLO 6月号5

 コミック業界広しと言えども、4月の段階で12月発売予定の単行本の話が誌面に出てくるのはLOだけだろうなぁ…。

りとる・らばー(だんちょ)
 巻頭フルカラー8頁。定番の「クラスメートがしているから私も」ものだけど、8頁しかないので1頁目から全力疾走。ふぇら→口内発射→くぱぁ→正常位挿入→後背位→正常位中出し→とろり、とやることはきっちりしつつオチもしっかり。ふぇらの際の八重歯演出とか、くぱぁや中出し後の際に目にハートマークとか、細かな演出も◎。完成度の高いいい意味でのやるだけ漫画。9点
直角の直(川崎直孝)
 初登場。やや定番の「朝の占いで悪い結果が出て大変な目に遭う」ものだが、展開が常軌を逸している(笑)。占いを無視したばかりに辺出者に追われた少女が、やり過ごすために壁を伝って脱出…を試みるも、紐ぱんが外され、そのままクンニされ、聖水を吹いてしまい、さらにそのまま挿入され、何とか脱出を試みるも余計に深くはまり、脇舐め→空中中出し→抜けたので跳躍→フェンスを乗り越えようとするも背後から挿入され→フェンスに押し付けグラインド→早く出させるために自らべろちゅー→中出し→以下オチへ、という私の拙い文章ではこの凄さが半分も伝わらないとんでもない疾走感。おかずどうこうの前に、その発想力に驚嘆すべき一作。どうしてこうなった(笑)。9点
かずたま Vol.3(藤坂リリック)
 最終回。前回の一件以来ぎくしゃくしてしまった少年とポニテ少女の関係。とはいえお互いあの日のことが忘れられず…。素直になれないポニテ少女を押しの一手で立位中出しまで持ち込んだ少年。そこへ不思議少女が参加して、女の子同士共同戦線を張ってお仕置きHへ。屈曲位前立腺舐め→乳首舐めでの徹底じらしに少年降参。ガチガチになってる肉棒にそそられるポニテ少女だったが、やはり素直になれず不思議少女がお先に騎乗位挿入→即中出し→騎乗位グラインド→中出し→ポニテ少女の発情状態の割れ目に騎乗位挿入→後背位→正常位→屈曲位中出し→抜き取り発射でハッピーエンド? 最後まで全く素直になれないポニテ少女の、口では強がってても好奇心や嫉妬心が渦巻きまくる内面描写がとってもラブリー。連載の締めとしては悪くはないか、という感じになってしまったのが惜しいかな。8点
ママくらぶへようこそ 着床(桜吹雪ねる)
 完結編。抑えられない気持ちを兄本人に訴え、子作りを願う少女。しかし兄は…。黄色帽+ランドセル姿ではしたなくおねだり→お尻の穴から精液ひり出し、というあられもない妹の姿に兄は逃走。結局妹は、他の男と快楽を貪るように子作りへ。お尻の穴にディルドー挿入(3頁)→ゲストの男性6人を前に挿入志願→年齢順に挿入へ→兄のために取っておいたあそこが名器ぶりを発揮→母親が見守る中で前とお口に3P中出し→前から後ろからお口から4Pアヘ顔絶頂、である意味ハッピーエンド。兄のヘタレさは冒頭のみで、寝取られ要素は皆無。愛を見失った少女が快楽を貪る痴態を存分に楽しめる完結編となった。孕ませるまでの話なのでボテ腹Hを期待すると肩すかしかも(一応ラストシーンではあるけど)。8点
SEVENTH HEAVEN(藤崎ひかり)
 年の差恋愛中の少女だが、幸せの中にも年の差ゆえの不安は募るばかりで…。キス→脱衣→愛撫→正常位挿入→後背位→対面座位中出し、の後で寝てしまった彼氏。しかし心の中で不安がもたげた少女は、寝ている彼氏にキス→彼の身体の上で自慰→絶頂→嫌われると思って泣き出す少女→無言で挿入する彼氏→突き上げ→キス→二人の気持ちが通じ合っていた事を知って安心する少女→正常位再挿入→じっくりたっぷりと描写→手つなぎ中出し→少女が「繋がったままで…」とおねだり、で第3ラウンドへ。後背位→側位キス→座位→後背位中出し、でハッピーエンド。38頁のという量を生かした徹底描写が素晴らしく、ストーリー性とHシーンの雰囲気の良さの融合ぶりは名作級。二人の年齢差だけでなく体格差の描写もばっちり。それだけに、ドラマの消化が終わった第3ラウンドに実用性のピークを持ってきて欲しかった。第2ラウンドもかなりの使い勝手なのだけど、この展開ならおかず要素の盛り上げは3ラウンド目がベターかなぁ。惜しい、惜しすぎる良作。9点
H@PPY END(前島龍)
 沖縄出身のアイドルどうこうは全く関係ない(笑)。コンシューマの方の美少女ゲームをプレイ中の青年の家に遊びに来たポニテ少女。少女への秘めた欲望を発散しようと(Hな方の)美少女ゲームをしたり距離を追いたりしていたのに、「私が彼女になってあげようか…?」とまさにゲーム的な展開に突入。もちろん『押し倒す』の選択肢を選び(おい)、押し倒しキス→先端だけ育った胸いじり→(青年好みに合わせた)アニメプリントぱんつ鑑賞→ぱんつずらしクンニ→挿入は回避しようとする少女だったが挿入する選択肢を選ぶ青年→痛がる少女→痛みを和らげるため胸いじり→痛みに慣れて気持ちよくなってきた少女→子宮ノック→挿入したまま親バレ回避→壁に手をつかせて立ちバック再挿入→背後から胸揉みキス→抱え上げ立位→少女の絶頂に合わせて中出し→キスしながら抜き取りどろり、でハッピーエンドへ。まさに「これなんてエロゲ」な展開ながら、ちゃんとご都合が過ぎないようにオチが用意されているのが巧妙。でもやっぱりご都合ハッピーエンド(笑)。小道具の選択肢はそれありきというほどではなかったけど、機能はしていたかと。9点。それ以上に、理解のあるお母さんで良かった(爆)。
家庭内えんこ〜(きんく)
 初登場。(本物の)パパにお小遣いをおねだりするギャル少女。娘の無駄遣いをたしなめるパパだったが、お小遣いもらう代わりに『ごぶさた』なパパをヌキヌキしてあげる娘だった…。100円手コキ→300円ちゅー→べろちゅーは追加料金100円→1000円ふぇら→尿道攻め追加料金200円→喉奥発射+ごっくんで300円→クンニ(娘のためにしているので無料)→娘が3000円でせっくすおねだり→せっくすは6年生になってからの約束だったけど(おい)くぱぁしながらの「パパがしてくれなきゃ知らないオジサンに」と脅し文句で即挿入で破瓜→グラインド→胸吸いは追加料金500円→正常位中出しで弓なり絶頂→パパが構わずグラインド続行→快感によりこれまでの金額計算が崩壊(笑)→今までの全部まとめて1万円(ふぇらまでの2000円は既に渡しているので計12000円)ってことにするパパと目の輝きが半端ない娘(爆)→万札握りしめて見開き絶頂中出し→余韻ダブルピース。お金のためなら何でもアリなのにその金額単位に妙に可愛げがあったり、それでいて父親に自分と母親の膣内比べをさせたり小声で「せーり来てないからナカダシしていーよ」と囁いたりする天性の淫魔(カチューシャも悪魔風)、と思いきや、オチで見事に(定番とはいえ)落差で萌えさせてくれるという神がかり的な小悪魔少女(なんじゃそりゃ)が可愛すぎ。ブレザーJK風のギャルファッションにひらがな台詞多用という歳相応かつキャラに合ったセリフ回しも◎。初登場にしてとんでもない作品をぶっこんできたぞおい(汗)。10点
俺は妹が好き。(冬野みかん)
 愛する妹に自家発電する姿を見られて以来憂鬱な兄。しかし妹の態度は今までと全く変わらず。ところが2人で留守番中に不意に「あの時何してたの?」と目を輝かせて問われて…。拒否したら余計に怪しまれる事を恐れ、妹の目の前で肉棒を取り出す兄。それをキラキラした眼で観察し、触り、嗅ぎ、あの時と同じように上下にこすこすとする妹。大きくなったことに感心する妹だったが、さすがにこれ以上はまずいので「あそこさわられるのいやだろ?」と突き放すも「にぃちゃんだったら別にいやじゃないけど?」と明るく切り返され万事休す。あっさりとぱんつを脱ぎ、割れ目を触られてもくすぐったがるだけの妹だったが、お尻の穴で感じてしまう。そんな穴に入れてみたいと思う兄の気持ちを先取りして、恥ずかしがりながら「あたしにしてもいいよ?」とお尻を見せる妹。その気持ちに応えて後背位挿入→グラインド→キス→座位→中出し→抜き取った快感でつい放尿してしまう妹、でハッピーエンド。妹の最後まで純真過ぎるその姿に癒されることうけ合いの一品。8点
春山の馬酔木(あせび)(よしの)
 貸切の露天風呂に教え子様と来た先生。屋外どうこう以上に、ひと月ぶりに貞操帯を外して頂けた開放感と教え子様の育ちかけな素晴らしい肢体につい欲情してしまい…。教え子様がふぇら→寸止め→わざと危険日であることを告げてから騎乗位挿入寸前の姿勢に持ち込む教え子様→こらえきれずに1ヶ月分大発射してしまう先生。場所を部屋に移し、おかんむりな教え子様が浴衣をはだけて改めて騎乗位挿入→後背位にさせてからお尻に再挿入→いつもと違って絶頂しまくり潮吹きまくりの教え子様→べろちゅー→後背位+お豆いじり→中出し。快楽堕ちというまでにはいかないけど、常に上から目線だった教え子様の乱れっぷりが最大の見どころ。加えて、露天風呂のじらしもいたぶりではなくてただのじらしだったり、ふぇらシーンにデレが垣間見えたり、貞操帯生活の1ヶ月間で溜まっていたのは先生だけではないのが演出されていたり、と女性上位苦手な人でも楽しめそうな要素がてんこ盛り。9点
つくってオナろ!(三月さんいち)
 巻中フルカラー8頁。『娘オナホ』の作り方をわかりやすくレクチャー。まあ冒頭が最難関なのは気にしてはいけない(苦笑)。ドリーム溢れる世界観と、2人の愛娘を美味しくいただくカラーらしい華やかな作品。W中出しは最終頁なのが惜しいが、このネタだと仕方ないか。8点
グッドプライス(上田裕)
 100円の電動マッサージ器での自慰にはまってしまった少女。100円でこれだけ気持ちいいならもっと高いのだったら?と好奇心に突き動かされ、行った先は…。大人のおもちゃ屋さんに様々な商品を薦められるも購買力に乏しいのが少女。そこでお金を作るために流されるようにシミ付きぱんつ撮影→ローションいじり→バイブ振動あてがい→各種バイブお試し挿入とエスカレート。購入金額が増えすぎて、残るは本物挿入のみとなってしまい、好奇心に任せて挿入→中出しまで突き進んでしまう。店員さんが一切の感情を見せない淡々としたセールストークを繰り広げ、一方の少女は徐々に増大する快感に流されまくる、という妙な対比がいいテンポを生んでいる良作。内容のほとんどが前戯なので、処女でも感じまくりなことに逆に説得力が出ているのも面白い(笑)。9点
生贄の子羊たち(くどうひさし)
 初登場。クリスマスイブに子供だけでお泊り会をした少女2人。しかしそこへクラスメートがイケメン2人を連れてやって来て…。実は男たちはクラスメートが金で斡旋したゲス共で、1人を酒で酔わせ、飲まなかったもう一人は愛撫で抵抗力を削ぎ、徹底電マ攻め→強姦→電マ併用拘束レイプ3P、と絶頂させまくり。徹底してイキ顔描写にこだわった展開はなかなかの迫力で、さすが他誌で経験積んだだけはある実力派。9点
となりのワガママ(まきお)
 隣家の日焼け生意気少女の相手をしている青年。でもその生意気さと共に可愛げ(とエロさ)があるのを知っているだけに…。座位スク水愛撫→四つん這いおねだり→お尻の穴ほぐし→正常位でお尻挿入→グラインド→割れ目いじり、で辛抱たまらなくなり、全裸にして正常位挿入破瓜→シーツつかみ中出しへ。Hな関係になったきっかけが解熱剤挿入だったため、徹底してお尻にこだわる…と見せかけて純愛ものなので前にも挿入。まあフェティッシュな話ではないのでこれで十分。キャラ立てや実用的な構図は合格点レベルなので、あとは全体的な底上げが課題か。今後の成長に期待。8点
Escalation(Noise)
 ゲームで勝負中のボーイッシュ少女と少年。連戦連勝中だった少女だが、トイレに行くタイミングを間違えて絶不調に。トイレを賭けての勝負にも敗れ、少年の命令で庭先で放尿するはめに…。しかしその光景をまじまじと少年に眺められてパニックになり、泣きだしてしまう少女。おあいこにするために放尿する姿を見せようとした少年だったが、代わりに出たのは白い方。そしてお互いに好奇心のままに立位挿入→胸揉み→グラインド→片足抱え上げ中出し、と展開。前半部を大胆に放尿のみに割き、後半はお年頃の少年少女による初々しい(でも激しい)H、という構成は上出来。がっつり抜けるまでにはいかなかったが、活発なボーイッシュ少女が弱気になって見せる「女」の顔のギャップはなかなか萌え。8点
腹ペコ家出少女(yam)
 空腹で行き倒れた家出少女、を成り行きで拾った青年。少女の方から宿泊の交換条件で「お口でイイコト」を持ちかけられ、あれこれ考えても結局性欲に負けて…。ふぇら→先端攻めじらし→口内発射、で萎えると思っていた少女だったが、止まらない青年に押し負けて、愛撫→絶頂寸前→正常位挿入破瓜→お豆いじり→後背位→中出し。お口なら百戦錬磨のビッチ少女が、初めての挿入で未知の快感によがりまくるお話。前半の余裕さと、後半の余裕の無さのギャップを少女側の視点で内面描写したが、冒頭が青年目線っぽい展開だっただけにやや違和感も。7点
トリカゴノトリ(無道叡智)
 鬼畜な家庭教師によって2頁目から朗読愛撫プレイ→立ちクンニなどを強いられる少女。母親の秘密(浮気)をちらつかされ、家庭崩壊を防ぐために少女は男のいいなりに…。前述の立ちクンニに続いて、ペットボトルに放尿命令→立ちション状態→ふきふきさせられ→後背位挿入漢字の書き取り+尻叩き→対面挿入→中出し→ベランダでお掃除ふぇら+放尿命令、と展開。ねちこく偏執的なシチュエーションの数々に加え、少女が家族のために自らを犠牲にし、地獄の日々から逃れるための最善手と信じたことが逆に彼女自身を(裏で)追い込む、という救いようのないストーリー構造がじわじわと話を盛り上げる。黒髪ロング+セーラー服(6年生名札付き)+下半身は靴下のみ、という格好も少女の育ちの良さと恥辱感を煽ってくれる。放尿属性は不可欠ではないが、あるともっと楽しめそう。10点
コーカンひみつえにっき(智沢渚優)
 電マでの自慰にはまっている少女。しかし情況証拠で下宿人の青年にばれてしまうが、青年は咎めるどころか新しい道具を用意していて…。道具での自慰にふけっている少女の前に青年が現れて直接指南。指しゃぶり→二本指挿入+胸舐め→お尻に指挿入+クンニ→絶頂→お尻を拡張しつつ後背位挿入→抱え上げ→奥深くまで挿入→グラインド→中出し絶頂。鬼畜男と快楽堕ち少女が基本ベースなのだろうけど、ストーリー的にはどの要素も弱かったかな。徹底的にお尻を開発される少女の痴態はおかずとしては悪くなかったのだけど。8点

 中学生組は雪雨こんさん1人。希望校に合格したら家庭教師の先生に想いを告げると決めて、見事受験も恋も成功した少女。でも気持ちいいことを知ってしまって授業に身が入らず…ということで、前半は回想シーンで先生とのらぶらぶHの数々(といっても、制服破瓜はともかく目隠しプレイやふぇらぶっかけ、セクシー系ランジェリープレイもあるという濃さ)、後半は裸パーカー(猫耳フード)+制服スカートという痴女すれすれ状態での青姦プレイ。やってることは濃厚ながら基本路線はらぶらぶHなので、リア充爆発しろと言いながら楽しむのが吉か(笑)。

 次号も大量補強?
ついったー
応援中!
『くれよんちゅーりっぷ』応援中!

真・恋姫†無双〜萌将伝〜応援中!

むすめーかー 2008年10月24日発売予定!
Recharche

WWW を検索
このブログ内を検索
Archives
Articles récents
かえでたん
  • ライブドアブログ